このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

生後4ヶ月から成長を促す!すぐに始められる赤ちゃんも喜ぶ遊び方

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年10月14日

生後4ヶ月の赤ちゃんといえば、まだ寝ては起きての繰り返しで、特に初めてお父さんお母さんになった方は「赤ちゃんと遊びたいけど何をすればいいかわからない」と頭を悩ませているのではないだろうか。そこで今回は、生後4ヶ月の赤ちゃんと楽しめる遊び方や遊び道具を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴

まずは、生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴をみていこう。4ヶ月になると多くの赤ちゃんがしっかり首がすわってくる時期で、早い子どもは4ヶ月で寝返りを始めることもあるようだ。

周囲のものに興味を持ち始め、お父さんお母さんの声がする方を見たり、興味のあるものに手を伸ばしたりする動作も見られるようになる。ただ、生後4ヶ月の頃はまだ自分から物をつかむことは難しいことが多い。

家族の顔を覚え、あやすと声を出して笑うことが増えるので、赤ちゃんと遊ぶことが楽しくなってくるだろう。また、喃語が増え始めるのも生後4ヶ月の特徴だ。

2. 生後4ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ室内遊び

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴をふまえ、この時期の成長を促す室内遊びを紹介しよう。

生後4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの体を育てる室内遊び

  • おなかでゆらゆら
大人が仰向けに寝転がり、お腹の上に赤ちゃんをうつ伏せにして乗せ、しっかり抱いてゆらゆらと揺らす。

親子のスキンシップをはかり、赤ちゃんのバランス感覚を養うことを目的とした遊びだ。うつ伏せから仰向けにしたり、揺れとともに「ゆらゆら」などと声をかけて変化をつけるとさらに楽しめる。
  • ごろんごろん遊び
赤ちゃんの両方の手と足を一緒に持ち、赤ちゃんと目を合わせながらゆっくりと左右に赤ちゃんの体を揺らす。

これによりさらに首がしっかりとすわるようになり、物を目で追う幅を広げることもできると考えられている。

生後4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの心を育てる室内遊び

  • いないいないばあ遊び
「いないいないばあ」は生後4ヶ月頃の定番の遊びだが、「前頭前野を鍛えるのに効果的だ」と久保田育脳メソッドで有名な久保田カヨ子さんは自身の著書の中で語っている。

発達に合わせて「いないいないばあ」という掛け声のリズムを変えるなど、変化をつけて楽しんでみてほしい。
  • にぎにぎてんこてんこ
生後4ヶ月の赤ちゃんと楽しめる手遊びだ。赤ちゃんと目を合わせながら、赤ちゃんの目の前で「にぎにぎ」と言いながら手を開いたり閉じたりし、「てんこてんこ」と言いながら、手を横に振る。

生後4ヶ月の赤ちゃんはこの遊びを繰り返すうちに大人の動作をまねるようになり、コミュニケーションを促すきっかけとなるだろう。赤ちゃんの反応をみながらリズミカルに楽しい雰囲気で行おう。

3. 生後4ヶ月の赤ちゃんが楽しめるおもちゃ

生後4ヶ月の赤ちゃんにおもちゃを用意しようと考えている方もいるのではないだろうか。そこで、4ヶ月の赤ちゃんが楽しめる、成長に合わせたおもちゃを紹介しよう。
  • リング状のおもちゃ
4ヶ月の赤ちゃんは、物を手に持たせると握ることができるようになるので、握りやすいリング状のおもちゃがおすすめだ。

握ったものを口に入れて確認することで、好奇心などを促すことができるだろう。また、赤ちゃんがおもちゃを握ったときに大人がリングを軽く引っぱり、2人で引っぱりっこを楽しむと、赤ちゃんの握る力が強化されるので、試してみてほしい。
  • 音の出るおもちゃ
ガラガラなどの音の出るおもちゃは、生後4ヶ月の赤ちゃんの音を聴く力やコミュニケーション能力を育てるのに役立つ。音の鳴るおもちゃを手に握らせる、目の前で音を鳴らしてみせる、音に合わせて「リンリン」などの擬音を聞かせるという風に遊んでみてほしい。

なお、音の出るおきあがりこぼしやボールは、音とともに動きの変化も楽しめる。おすわりができるようになってからも活躍するので、生後4ヶ月の頃から用意しておくと長い期間無駄なく楽しめそうだ。

結論

「生後4ヶ月はまだ寝てばかり」と思われがちだが、生後4ヶ月の成長の様子を見てみると、体がしっかりしてきたり好奇心が出てきたりするため、遊び方を工夫すると4ヶ月でもコミュニケーションを楽しむことができる。また、生後4ヶ月の成長を意識した遊びを取り入れることで、赤ちゃんの成長を促すこともできるだろう。生後4ヶ月の時期にしかできない遊びを、赤ちゃんと一緒に楽しんでみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ