このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

基礎体力はここで決まる?【体育・体操教室】は何歳から?

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年10月23日

体育・体操教室は、近年、水泳に次いで人気を集めている習い事である。文字通り、身体を育て、思うままに操る力を身につける体育・体操教室は、身体の基礎を作れるだけでなく、社会性や協調性も身につけられるという。早く習わせたいと思う親御さんも少なくないが、実際は何歳から通えるのだろうか。教室の選び方と併せて調査した。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 体育・体操教室ではどんなことを行うのか

体育・体操教室はどんなこと行うのだろうか、と疑問に思う親御さんもいるだろう。体育・体操教室には、体育と体操、どちらにも力を入れている教室と、器械体操などのジャンルを絞って教えている教室がある。

体育と体操のどちらも取り組んでいる教室では、複数種類の運動をバランスよく取り組むのが特長だ。身体一つで行える体操に加え、マットや跳び箱、鉄棒、ボール、ロープなどの教材を使い、楽しく運動していく。1種目に絞らず、あえて複数の運動をおこなうことで、体と運動能力をバランスよく鍛えることが可能だ。

一方、体操に特化した体育・体操教室は、「器械体操教室」や「新体操教室」、「アクロバット教室」など、ジャンルでわかれているのが特徴だ。アスリートを目指す子どもや、バック転など習得したい技が決まっている子どもが多く通っている。
各教室の名前だけでは、実際にどんなことを行うのかわかりづらい場合もあるため、見学や体験、問い合わせで確認してみよう。

2. 体育・体操教室は何歳から通える?

体育・体操教室は、各教室によって通える年齢が異なる。たとえば、コナミスポーツクラブのスポーツベビー(ベビー体操)という体育・体操教室は、生後8ヶ月から利用可能だ。

このほか、2歳児クラス、幼児クラス、児童(小学生)クラスにわけられている体育・体操教室も多い。また、バック転のクラスは満5歳になってから、など、ジャンルによっても異なる場合がある。

3歳未満のクラスは、親子一緒にレッスンを受けることも多いため、教室を選ぶ際は念頭に置いておくとよいだろう。幼児から小学校にかけて、長く教室に通いたい、と考えているなら、幼児クラスと児童クラス、どちらも設けられている体育・体操教室を探すのがおすすめだ。

3. 体育・体操教室の選び方、3つのポイント

ここで、体育・体操教室の選び方をポイント別に確認してみよう。

内容で選ぶ

前述のとおり、体育・体操教室は各教室によって教わる内容が異なるため、子どもの好みに合わせて教室を選ぶという方法もある。器械体操や新体操、アクロバット、リズム体操などのなかから、子どもが楽しく通い続けられそうな教室を選ぶのがおすすめだ。

通う期間で選ぶ

体育・体操教室には、通年で通う教室と、短期レッスンを行っている教室がある。たとえば幼稚園の夏休み期間に通いたいと考えているなら、短期レッスンや1日レッスンをしている教室を探してみよう。

目標で選ぶ

「大会に出場したい」「将来アスリートになりたい」などの目標が明確なのであれば、目標に合った特殊コースを設けている教室を選ぼう。プロのもと、専門性の高いレッスンを受けられるため、最短距離で目標へ向かっていくにはぴったりだ。

4. 体育・体操教室にかかる費用の相場は6,000円程度

体育・体操教室にかかる費用のなかでも、月謝の相場は6,000円程度である。これに加え、体操着やシューズなどの用具を揃える費用や、保険加入費用、入会手数料、施設利用費などが発生する場合がある。

体育・体操教室は、教わる内容によって月謝が4,000円から6,000円程度に収まるところもある。その一方で専門性が高いほど月謝が高くなる傾向があるため、1万円以上かかる場合も少なくない。

結論

体育・体操教室は、早くて生後8ヶ月頃から通わせることが可能だ。一口に体育・体操教室といっても、各教室で対象年齢や内容、費用が異なるため、子どもが楽しく取り組めて、親御さんも負担に感じにくい教室を探してみてほしい。体育・体操教室は体験レッスンを用意している教室も多いため、楽しんで続けられそうかどうか、子どもに一度体験してもらってから教室を選ぶのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ