このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

家電で子育てがラクに!?子育て中に買ってよかった家電3選!

投稿者:ライター 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年10月25日

子どもが生まれると、子育てと家事の両立をすることになるため、どうしても時間に余裕がなくなってしまう。そのため、疲れを感じているお父さんお母さんも少なくないだろう。そんなときは、家電を活用してみてはいかがだろうか。今回は、子育て中に買ってよかった家電を3つ紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. お掃除ロボット

子育てに忙しい時期でも、床の掃除を欠かすことはできない。なぜなら、フローリングに髪やホコリが落ちたままだと、何でも口に入れたがる赤ちゃんが舐めてしまうかもしれないからだ。しかし、赤ちゃんのお世話などで掃除を後回しにせざるを得ないこともあるだろう。そんなときに、お掃除ロボットが大活躍する。

掃除の時間を有効に使うことができる

お掃除ロボットは、時間を設定しておくと留守の間に掃除をすることができる。それまで掃除に当てていた時間を子どものお散歩や遊びに充てることができるようになる。

常に家をきれいにすることができる

自分で掃除をするとき、ベッドの下や家具の隙間など、手の届きにくいところは掃除を怠ってしまいがちだ。しかし、小回りが利き、センサーが搭載されているお掃除ロボットを使用すると部屋を隅々まできれいにすることができる。

床拭き機能を活用

子育て中は食べこぼしで床がべたつく場合がある。そのときは床拭き機能がついているお掃除ロボットを活用しよう。細かいホコリや皮脂汚れをふき取ることができるので、床の清潔を保つことができる。
この記事もCheck!

2. フードプロセッサー

毎日3食作らなければいけないご飯作りは、家事の中でも負担に感じる方が多いのではないだろうか。赤ちゃんがいる場合、普通の食事以外にも離乳食を準備する必要がある。離乳食は野菜などをとろとろのペースト状にする手間があり、時間もかかる。そこで活躍するのがフードプロセッサーだ。

離乳食を大量に作ることができる

フードプロセッサーを使うと、大量の野菜を短時間で細かく刻むことができる。多めに作っておき、小分けにして冷凍保存すると、食事のたびに離乳食を一から作らなくて済む。

操作が簡単

フードプロセッサーはスイッチ1つで使うことができる。操作がとても簡単なため、子どもでも使用することが可能だ。ご飯作りのお手伝いとして活用することもできる。

いろいろな調理場面で使える

フードプロセッサーの機能は、野菜を細かく刻むだけではない。フードプロセッサーの種類にもよるが、「刻む・こねる・おろす・あわ立てる」ことが可能だ。みじん切りが手間になるハンバーグや餃子、生地をこねるパンやクッキーを短時間で作ることができるようになる。
この記事もCheck!

3. 空気清浄機

空気中の浮遊物を除去し、空気をきれいにする空気清浄機は、特に赤ちゃんがいる家庭に人気がある。なぜ、空気清浄機が人気なのか。ポイントは2点ある。

風邪やアレルギー疾患にかかりにくい

空気中には風邪の原因となるウイルスや、ハウスダスト、花粉などが含まれている。赤ちゃんには綺麗な空気の中で過ごしてほしい、花粉症などアレルギー体質のため気になるという方の手助けとなる。

脱臭機能でにおいが気にならない

空気清浄機は、空気をきれいにするだけでなく、加湿機能や脱臭機能を備えている機種もある。赤ちゃんがいる家庭で気になるオムツを処理後の臭いには、脱臭機能を備えた空気清浄機がおすすめだ。

赤ちゃんがいる家庭で空気清浄機を購入する場合は、赤ちゃんのお昼寝の邪魔にならないように稼働中の音が小さいものがおすすめだ。また、コンパクトなタイプの空気清浄機を選ぶと、居住空間が狭くならない。実際にお店に行ってみて、大きさや機能を確認して購入するようにしよう。
この記事もCheck!

結論

子育て中に買ってよかった家電について紹介した。「頑張れば子育てしながらでも家事はできるのだから、家電を買うのはもったいない」と考える方もいるかもしれない。しかし、家電をうまく活用すると「時間」の余裕ができる。その時間を自分のリフレッシュのために使ったり、子どもと遊ぶために使ったりすることで、心にも余裕ができるはずだ。家電を上手に活用して時間を有効に使い、楽しい子育てライフを過ごそう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ