このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

赤ちゃんの歯磨きは生え始めが肝心!ガーゼを使う嫌がらない歯磨き術

投稿者:ライター 旗手早奈恵(はたてさなえ)

2019年10月25日

歯の生え始めはその子どもによって異なるが、歯が生えてくる頃から毎日歯磨きをする必要がある。始めのうちは、赤ちゃんが泣いてしまったり、親も「これで合っているのか」と手さぐりになってしまうところもあるが、歯の生え始めの時期は甘いものやジュースを飲食するわけではないので、そこまで神経質にならなくても大丈夫だ。歯磨きが楽しいスキンシップの時間になるよう声をかけてあげよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 赤ちゃんの歯の生え始めはいつ?歯磨きのためのガーゼを用意しておこう

赤ちゃんの歯の生え始めは個人差があるが、一般的に6か月頃になると下の前歯2本から生えてくる子どもが多い。

生え始めの時期がもっと遅い子どももいるし、下の2本が生えて以降、他の歯が続けて生えてこないこともある。生え始めが早ければ生まれた時にうっすらと歯が見えている子どもさえいるほど個人差のある部分だ。

歯が生えるのが遅いと、離乳食を前歯で噛みちぎる、奥歯ですり潰すというのができずに柔らかい食べ物が多くなってしまう。しかしどの子どもも離乳食が完了する1歳半の頃までには差が目立たないほどに生え揃うので心配はいらない。自治体が行う1歳半健診では初めて歯科健診があるので、歯についての心配があれば相談してみるとよいだろう。

歯が一本でも生え始めたら、その時から歯のお手入れも始めよう。授乳に離乳食、おむつ替えに加えて歯の手入れとなるとだんだんやることが増えてくるのだが、生活習慣を作るためにも毎日欠かさずやるようにしよう。歯磨きといっても始めのうちは湿らせたガーゼで歯を拭きとることになる。ガーゼの選び方や磨き方は次に紹介するので参考にしてほしい。

2. 生え始めはガーゼで歯磨き。赤ちゃんの歯を優しく磨こう

歯の生え始めは、歯をガーゼで拭く方法でお手入れを始める。歯の生え始めが特別に早い子以外は、離乳食の準備をする頃になったら、歯磨き用のガーゼも揃えておこう。

赤ちゃんの口の中は大人と同様の歯ブラシを使うと刺激が強く、赤ちゃん自身も痛みを感じ驚いてしまう。始めのうちは湿らせたガーゼで歯を拭き取ることから始め、歯の本数が増え、とくに奥歯が生えてくる頃を目安にこども用の柔らかい歯ブラシを使うようにするとよい。

歯を拭くためのガーゼは、普段口元を拭いたりしているガーゼでも問題はないが、今は歯磨き用の使い捨てガーゼが市販されている。出先でも手軽に使うことができ、何より衛生的という理由から主流になっているので、それらを使ってみよう。

歯磨きの仕方は、授乳後と離乳食後に湿らせたガーゼを人差し指に巻き、歯を拭き取るようにする。注意したいのは、赤ちゃんの上の前歯の間から上唇の裏にかけて小帯というひだが付いている部分。月齢が上がるとともに目立たなくなってくるものだが、歯磨きの時に指を引っ掛けてしまうと小帯が傷ついてしまうので、気を付けよう。

3. 赤ちゃんの歯の生え始め、ガーゼの歯磨きを嫌がる時はどうする?

始めのうちは口の中に指を入れられるのを嫌がる子どもも多い。しかし、離乳食の初期はそれほど虫歯になるものを食べているわけではない。赤ちゃんは一般的に唾液の量が多く自浄作用も高いので、歯磨きを嫌がっても神経質になる必要はない。毎食後はサッと済ませて、お風呂上がりや寝る前など、タイミングを決めてキレイにしてあげるとよいだろう。

ガーゼを使った歯磨きは、その後の歯ブラシを使った歯磨きに向けて口の中にものを入れる練習という側面が大きい。赤ちゃんには歯磨きの時間、嫌な気持ちにならないようリラックスできる抱き方にして、優しく声をかけて楽しく過ごせるよう工夫しよう。歌を歌っている間に済ませるのもおすすめの方法だ。歯磨きが終わった後に「頑張ったね」「上手だったね」などと褒めてあげることも歯磨きを好きになる大切なことなので、やってみるとよいだろう。

結論

歯磨きは歯が生えた瞬間から大人になっても毎日やらなければならない生活習慣のひとつとなる。お父さんの場合は毎食後に歯磨きをしてあげられる環境にない方も多いだろう。そんな時はお風呂上がりや寝る前にスキンシップのひとつとして歯磨きをしてあげてほしい。新しい歯が生えた時、子どもが自ら歯ブラシを持って仕上げ磨きをお願いしにくるようになった時、子どもの成長を感じるきっかけになるはずだ。親子の楽しい時間のひとつとして、毎日歯磨きをしてあげよう!
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ