このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【幼稚園の入園準備】いつから始める?入園までの流れを紹介!

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年10月30日

多くの子どもは幼稚園などの園生活が集団生活のデビューとなるだろう。しかし幼稚園の入園に向けて何をすればよいのか、入園準備はいつから行えばいいのかなど、不安を抱えているお父さんやお母さんもいるのではないでだろうか。今回はそんな悩めるお父さんお母さんのために、幼稚園入園までの流れをご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 情報収集はいつから始めるとよいか

幼稚園の入園準備の中で最も重要なのが、情報収集だろう。情報収集をする際、自治体で配っている冊子を見ると、地域の幼稚園の名前や住所がわかる場合が多い。

また幼稚園の詳細は、説明会で直接手に入れた情報が一番正しいものではあるが、口コミ情報も手軽に情報を収集したい際に便利だ。ただし幼稚園に対する印象は個人の価値観によって異なることが多いため、うのみにしすぎないよう注意しよう。

人気のある幼稚園の中には、プレ保育に通っている子を優先的に入園させている園も最近では増えている。そのため幼稚園入園近くになってから情報収集したのでは間に合わないということもあるだろう。早い家庭だと、子どもが1歳になった頃から情報収集を始めるようだ。

なおプレ保育は幼稚園によって回数はさまざまで、月に数回程度のところもあれば、週1回というところもある。そのため、いくつかの幼稚園のプレ保育をかけもちし、一番よかったところに決めるという方もいる。ただしプレ保育と通常の幼稚園では内容が全く異なる場合もあるため注意しよう。

2. お目当の幼稚園の運動会を見学

気になる幼稚園があったら、その幼稚園に見学に行ってみよう。幼稚園によって見学日を設けていることもあるが、普段の日に見学ができるのなら、そちらの方が日常の様子がわかりやすい。可能かどうか、幼稚園に電話をして確認してみよう。なお見学の時期は、入園したての子どもたちが落ち着く6月〜7月頃がおすすめだ。

また運動会などの行事を見に行くのもよい。宮城教育大学教授の佐藤哲也氏によると、「運動会などの行事を見ると幼稚園の教育方針がわかることが多く、その幼稚園の雰囲気をつかみやすい」のだそうだ。

3. 入園説明会で願書をもらう

候補の幼稚園が決まったら、入園説明会に行って願書をもらってこよう。多くの幼稚園では10月半ばから後半にかけて、1〜2回入園説明会が開催される。ただし、幼稚園によって日程は異なるため確認が必要だ。多くの場合、入園説明会の際に願書が配られる。

なお説明会は、「子連れ不可」「両親そろって」などの条件がある幼稚園もあるので、あわせて確認しておこう。

入園説明会に参加すると、見学だけではわかりにくい幼稚園の教育方針や、その幼稚園の子どもに対する姿勢がわかる。私立の幼稚園の場合は特に、園長先生の考え方がそのまま幼稚園の教育に反映されることが多いため、園長のお話にはしっかりと耳を傾けよう。

4. 面接ではどんなことをするのか

入園を希望する幼稚園が決まったら、その幼稚園に願書を提出する。願書の提出日は、11月の始めが一般的だ。受験がある幼稚園や希望者が殺到する幼稚園以外は、願書を提出した時点でほぼ入園が決定する。つまりそれまでに入園する幼稚園を決定しておかなければならないということだ。

幼稚園によっては、願書と一緒に入園料を支払う場合もある。入園希望者が殺到する幼稚園では、願書提出の順序によって入園できるかどうかが左右される場合もあるため、希望の幼稚園はどうなのかを願書提出時期の前に確認しておこう。

願書提出と同時に面接を行う幼稚園も多い。面接は、親子面接、親と子別々の面接など幼稚園によってやり方が異なる。

「面接の結果で入園できないこともあるの?」と心配になるお父さんやお母さんもいるかもしれないが、受験のある幼稚園や希望者が殺到する幼稚園以外では、面接が原因で入園できないということはほとんどない。

面接は子どもの性格を知り、クラス分けなどに役立てるために行なっているようだ。子どもに「お名前は?」など簡単な質問をすることもあるが、答えられなくても問題ないそうだ。

面接時の服装は、普段着という幼稚園から、フォーマルという幼稚園までさまざまだ。周囲の方に確認したり、入園説明会などで質問しておくと安心だろう。

結論

幼稚園を選ぶ際には、「子どもにとっていい幼稚園を選んであげたい」と誰もが思うだろう。そのためには事前の情報収集や見学など、入念な準備がカギとなる。子どもが楽しく過ごせるだけではなく、親もその幼稚園の教育方針に賛同し心から信頼して預けられることが幼稚園選びの重要なポイントとなる。事前の準備をしっかり行い、親子でエンジョイできる幼稚園を選んでほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ