このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

運動会でそうめん弁当が人気!人気の秘密や作り方を解説

投稿者:ライター 小宮麻里絵(こみやまりえ)

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2019年10月10日

テレビや雑誌、SNSなどでそうめん弁当を目にしたことはあるだろうか。知らない方からすると、「弁当にそうめん?!」と驚くことだろう。しかし、そうめん弁当はここ数年で一気に人気を集めており、運動会など暑い時期に食べやすい弁当として注目されている。今回は、運動会でそうめん弁当が人気の秘密や、実際に作る場合の盛り方などを解説する。

1. 運動会でそうめん弁当が人気の秘密は?

ここ数年で、そうめん弁当はSNSを中心に広まり多くの人に知られるようになった。特にまだまだ暑差を感じる時期に行われる運動会の弁当として、そうめん弁当は人気である。作り手側にも食べる側にも魅力のある、運動会でのそうめん弁当。その秘密を解説しよう。

作り手側の魅力

作り手側の魅力を4つ解説しよう。

1つ目に、ご飯やおにぎりといったお米が主食の弁当に比べ、作る時間が圧倒的に短いことが挙げられる。ご飯を炊いて冷ますような手間がなく、茹でて洗って水切りをすれば、そのまま詰められるのだ。

2つ目に、下処理の必要がなく、手間がかからないことも魅力だ。ラーメンなどの他の麺類と違い、そうめんは茹でた後に油を回しかけるなどの下処理が必要ない。茹でてから時間が経ってくっついてしまっても、つゆにつければすぐほぐれるという手軽さが魅力だ。特に運動会では弁当を作るのは朝早い時間になるため、この手軽さは作り手側にとって嬉しいものだ。

3つ目に、トッピングや具材のバリエーションが豊富なことが挙げられる。「運動会 そうめん」などで検索してみると、様々な具材が使われているのがわかる。卵やネギなど王道のものでも、ハムやカニカマなどカラフルな具材で仕上げることもできる。運動会で頑張った子どもがわっと喜ぶ具材を手軽に用意できるのだ。

最後に挙げるのは、保冷剤をたくさん入れられることだ。運動会は炎天下の運動場で開催されるが、弁当を保管するのはもちろん同じ場所だ。食中毒対策のため保冷剤を入れておく家庭がほとんどだが、お米の弁当では保冷剤を入れすぎると中身が冷えておいしくなくなる。しかし、そうめん弁当であれば、冷たいほど美味しいので気にせず保冷剤をたくさん入れていけるのだ。

食べる側の魅力

食べる側の最大の魅力は、そうめん弁当の食べやすさだ。運動会はまだ暑い時期に運動場など外で行われるため、食欲がなくなることも考えられる。そんな時にそうめん弁当なら、冷たくて喉ごしが良く、とても食べやすい。また、そうめんを1人前ずつカップに入れるなど工夫をすると、運動会の最中でも手を汚さずに食べることができるのだ。

2. 前日の準備はこれだけ

弁当を作る場合、特に運動会のように大勢で弁当を食べる場合は、前日に下準備をしておく方が多いだろう。おかずをあらかじめ用意し、当日は詰めるだけにしておくと朝バタバタしなくて済むためだ。その点、そうめん弁当であれば前日の準備さえ少なくて済む。弁当の他にもいろいろ準備が必要な運動会には、持ってこいの弁当ではないだろうか。

準備するとすれば、麺つゆを製氷機で凍らせておくと、運動会で弁当を食べる時間に、冷たいつゆでおいしく食べられるので、おすすめだ。その他の具材やトッピングをたくさん用意する場合は、事前に切って冷蔵庫で冷やしておくのもよいだろう。

3. そうめん弁当の詰め方やオシャレな盛り付けを紹介

では、そうめん弁当の詰め方や、オシャレな盛り付け方を紹介しよう。

そうめんの詰め方

茹でたそうめんは、少量をフォークに取ってくるくるしながら弁当箱に詰めていこう。麺同士は時間が経つとくっついてしまうので、少量ずつ小分けにしておくと取りやすい。その他、そうめんにごま油を少量あえておくことで、くっつき防止とともに風味を豊かにすることもできる。運動会で疲れた身体にも食欲を増す弁当に仕上がるだろう。

オシャレな盛り方

少量ずつ盛り付けたそうめんの上に、ごまやネギなどをあらかじめトッピングしておくと、見た目がオシャレになり、かつ食べやすいのでおすすめだ。他の具材は小さいタッパーに入れるなどして持っていこう。

一人前ずつカップに取り分けて持っていくのも食べやすく華やかになる。ハムやカニカマ、コーン、きゅうりなど彩り鮮やかな具材をあらかじめそうめんに乗せておくと、それだけでカラフルでオシャレなそうめん弁当が出来上がる。色付きのそうめんを混ぜてみるのも手軽で良いだろう。運動会の旗や帽子などをモチーフに、ハムなどをカットして乗せるのも目で見て楽しめる。

結論

そうめん弁当の魅力を感じることができただろうか。運動会はもちろん、食欲が減退する暑い時期には、身体をクールダウンさせられるそうめん弁当がぴったりだ。運動会の休憩時間に気分が上がるような、子どもが好きな具材を乗せたそうめん弁当を作ってみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ