このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

意外と知らない!ハロウィンでお菓子を配るのは何故?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月31日

いつのまにか10月の行事として日本にも定着した感のあるハロウィン。子どもと一緒に仮装して地域のイベントに参加したり、思い思いの仮装で街を歩く若者の姿が、恒例の風景となっている。なかなかの盛り上がりを見せているが、実はハロウィンの意味については知らないという人も多い。ハロウィンをより一層楽しむために、その起源やお菓子を配る理由について知っておこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. ハロウィンの起源

ハロウィンは元々、古代ヨーロッパのケルト人の大晦日と収穫祭を合わせたようなお祭りだった。ケルト民族にとっての10月31日は、日本でいう大晦日。一年の終わりに死者の霊や悪霊が家や町を荒らしにやってくると信じられていて、収穫を祝うお祭りをすることで悪い霊を追い払う魔除けの意味が強かったようだ。

元々の仮装の由来は、自分の身を守るもの。霊に紛れてやってくる魔女に魂を奪われないように、人間に見えないように仮装をしていたという。

2. お菓子を配る理由

外国のハロウィンといって浮かぶのは、仮装をした子どもたちが近所の家をまわってお菓子をもらう風景。「Trick or Treat!(お菓子か、いたずらか、どっちにする?)」が合言葉だ。その家の人は「Happy Halloween」といってお菓子を配る。

お菓子には霊を鎮めたり、追い払ったりする意味があり、家の外を徘徊する霊(仮装した子どもたち)にお菓子を渡して元の世界に帰ってもらうという意味がある。

3. かぼちゃの由来

もうひとつ、ハロウィンにつきものなのが「かぼちゃ」。顔型にくり抜いて中にロウソクを灯したものを「ジャックオーランタン」という。このかぼちゃのランプの背景にあるのは、アイルランドのジャックという男のとある物語。

ジャックの物語

意地の悪い飲んだくれのジャックは、ハロウィンの夜、悪魔に出会い魂を獲られそうになる。そこで悪魔を騙し、一生ジャックの魂を獲らないと約束させた。年月が経ち年老いて死んだジャックの魂は、生きてきた時に悪さをしたため天国へは行けず、悪魔が以前の約束を守ったため地獄にも行けず...真っ暗なその道を歩くために、カブをくり抜いて火を灯したものを持ち、いつまでもさまよい歩くことになった。

というお話。

今ではオレンジのかぼちゃがおなじみだが、最初はカブだったのだ。この話がアメリカに伝わった際に、多く獲れていたカボチャで代用したのがそのはじまりだそう。

結論

仮装をしてイベントやパーティに出掛ける、日本ではビジュアルを楽しむイベントといった印象のハロウィンだが、こうして意味を知ると大事なお祭りだったことがわかる。今年のハロウィンパーティでは、みんなにハロウィンの由来について教えてあげよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ