このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ベビーカーはすぐに購入すべき?レンタルをうまく使いこなそう!

投稿者:ライター 木下 絵美(きのしたえみ)

2019年11月18日

出産を間近に控えた家庭では、必要なもののリストを片手に頭を悩ませているのではないだろうか。なかでもとくにベビーカーは高額である上に種類が多く決断が難しいものだろう。その際、購入するのではなくレンタルをするという方法もある。ベビーカーレンタルについて今回はまとめてみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. ベビーカーレンタルの必要性

先にあげたようにベビーカーは高額である上に種類が豊富にある。機能性重視の国内ブランドから、オシャレに敏感なお母さんに人気の海外ブランドまで、まずはメーカーを決めるだけでも大変だ。また金額も下は5千円から上は15万円ほどと大きな差がある。ゆえに安易に決めてしまうと後悔するのではないかと購入をためらっている方も多いだろう。そこでおすすめなのが、レンタルで一度試してから購入することだ。

また、ベビーカーにはA型とB型があるが、A型は首が据わる前の生後1ヶ月から使用できるよう安全を重視した作りになっているために大きく重たいことが多く、子どもがある程度大きくなってからは軽いB型に変更したいと思うことも多い。その際も腰が据わるまではレンタルでA型を借りるという利用方法もある。ベビーカーのレンタルはアイデア次第で非常に有効活用できるものである。

2. ベビーカーレンタルのメリットとデメリット

次にレンタルベビーカーを使用する際のメリットとデメリットを紹介する。

メリット

1.購入を検討している種類を試すことができる

カタログや店頭で見ているだけでは使用感がわからないが、レンタルすることで実際に体験できる。親が気に入っても子どもが気に入らないということもあるので、一度試してみるのがおすすめだ。

2.短期間使いたい時にレンタルできるので経済的

ベビーカーがどうしても苦手な子どももいるが、帰省時などずっと抱っこしているのでは大変な場合もある。レンタルなら必要な時にだけピンポイントで利用することができる。また場所を取ったり使わないのに置きっぱなしになることもなく、省スペースである。

3.お座りまでの時期はA型をレンタルして、それ以降にB型を購入する

A型は大きくて重たいことが多い。そこで7ヶ月まではレンタルで乗り切り、体重も重たくなってくるそれ以降にコンパクトで比較的価格も安いB型を購入するのもおすすめだ。

デメリット

1.試せる種類が限定的

レンタル会社に自分が試してみたい種類のベビーカーがあるかわからないのが難点である。ただ、レンタル会社は複数あるので何店舗か探せば見つかる可能性もある。

2.借り物なので扱いに注意

ベビーカーに子どもを乗せているとさまざまな問題が起こる。たとえば、ジュースをこぼしたり、ウンチが漏れてしまったりというのは経験のある方も多いだろう。ほかにもベビーカーの上で子どもが暴れることもありうる。そういった際にレンタルだと気を使うかもしれない。

3.レンタルしている期間が長くなると逆に不経済になる

考えていたよりもレンタル期間が延びてしまった場合や2人目が生まれた場合など、購入した方が結局安かったということもありうる。レンタルを利用する際には計画をよく立てることが必要だ。

3. 旅行の時こそベビーカーのレンタルを

子どもが生まれてからの旅行にはベビーカーが必要なのかどうか悩むこともあるだろう。
行先にもよるが、ベビーカーがあった方が助かることが圧倒的に多いのでおすすめしたい。とくにテーマパークなどは何時間も歩きまわることになるが、抱っこ紐だけでは子どもも親も疲れてしまうだろう。

もしかしたら、ベビーカーに乗らない我が子を想像して不要だと思う方もいるかもしれない。しかし、ベビーカーは荷物の運搬用としても使える。お土産などさらに荷物が増えることも想像できるのでベビーカーがあればきっと助かるだろう。

その際に自宅から普段使っているベビーカーを持参することももちろんできる。しかし車に積むと荷物になるし、電車などの公共交通機関を利用するのであればエレベーターの混み具合など逆に面倒に感じることもあるだろう。飛行機を利用する場合でも受託手荷物として大切に扱ってもらえるかという心配がある。

そこでレンタルベビーカーの出番である。テーマパークなどではベビーカーのレンタルをしているところが多い。ほかにも空港や観光名所で借りられる場所も増えてきている。レンタル会社のものを利用する場合も、直接宿泊先などに送り届けてもらうようにお願いすれば移動中に余計な荷物が増える心配もない。自宅から重たいベビーカーを運ぶよりも現地で借りた方が身軽で便利に旅行を楽しめるのでおすすめだ。

結論

ベビーカーは購入するものだと考えている方も多いかもしれないが、ベビーカーのレンタル業界は進化しており、衛生面への配慮も進み、新品をレンタルさせてくれる会社もある。ベビーカーにつける便利グッズなども充実していて参考になる情報も多い。購入する前のお試しや旅行先などではレンタルベビーカーをうまく利用して、ぜひ子どもとのお出かけを楽しいものにしてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ