このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【どんな遊びができる?】7ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方3選

投稿者:ライター 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年11月24日

たくさんある遊びの中で、赤ちゃんがどのような遊びを好むかは月齢によっても変化する。せっかく遊びの準備をしたのに、赤ちゃんが興味を示さないと、おもちゃがもったいない。たとえば、生後7ヶ月ほどの赤ちゃんは、お座りができるようになり、両手を使えることで遊びの幅が広がる。今回は、そんな生後7ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴

生後7ヶ月の赤ちゃんは、お座りができるようになるだけではなくずりばいも上手になってくる。自分で移動することができるようになると行動範囲も広がるので、生後7ヶ月ころからますます目が離せなくなる。

7ヶ月の赤ちゃんはお座りをして両手が自由になる機会も増え、このころから指の動きも発達する。つかむ、やぶく、引っ張るなどの動きができるようになり、周りの興味があるものはどんどん触るようになるので、赤ちゃんが触って危ないものは手の届かないところに置かなくてはいけない。

もちろん、生後7ヶ月の赤ちゃんの成長のスピードには個人差がある。同じ7ヶ月の赤ちゃんの姿を見て、「自分の子の成長は遅いのでは」と心配する方もいるが、その子なりの成長の仕方があるのでゆっくり見守ることが大切だ。

2. おすすめの遊び道具

7ヶ月の赤ちゃんは、手を意図的に使えるようになるので、手や指を使った遊び道具がおすすめだ。

積み木

7ヶ月になって「つかむ」ことができるようになったら積み木に挑戦してみよう。いきなり積むことは難しいので、並べたり、触ったりする遊びから始める。重ねることができそうになったら、お父さんお母さんがお手本となって赤ちゃんの目の前で積み重ねてみよう。

ビーズコースター

お座りが安定するようになったら、座った状態でも遊べるおもちゃが喜ばれる。ビーズコースターはビーズをつまんで移動させるおもちゃなので、指の運動にもなる。はじめは遊び方が分からない子もいるので、おうちの方も一緒にビーズを動かして誘導してあげよう。

ぬいぐるみ

お座りができて両手が自由に使えるようになったらぬいぐるみを使って「受け渡し」をしてみよう。「はいどうぞ」や「ありがとう」という言葉を添えて遊ぶことで、7ヶ月の赤ちゃんと自然とコミュニケーションが取れ、言葉の理解にもつながっていくだろう。

3. ハイハイで楽しく室内遊び

平成22年に行われた厚生労働省の「一般調査による乳幼児の運動機能通過率」を参照すると、生後7ヶ月から8ヶ月未満の乳幼児のおよそ半数がハイハイできるようになったということだ。ハイハイができるようになってきた7ヶ月を過ぎた赤ちゃんには、ハイハイを活用した遊びを取り入れて室内で楽しく運動させてあげよう。

ハイハイでボール遊び

ボールを転がして、ハイハイして取りに行かせる。7ヶ月のころなら、ボールに追いついてタッチするだけでも十分だ。ただハイハイするのではなく、目的を持ってハイハイすることは赤ちゃんにとっても楽しい。ボール遊びを覚えると、自分でボールを転がして自ら取りに行く「1人遊び」にもつながるので、おすすめだ。

パパの体のぼり

パパの体を使って、体のぼりをしよう。お父さんがやることはただ1つ、床に寝転ぶだけだ。7ヶ月の赤ちゃんであれば、「お父さんだ!」と喜んで近づいてきて、一生懸命お父さんの体を登り始めるだろう。人の体は柔らかいので、バランスをとりながら登ることになり、お父さんが体を揺らせば赤ちゃんも楽しくて笑ってしまうことだろう。しかし、7ヶ月の赤ちゃんはまだバランスを保つことが難しいので、赤ちゃんが落下して怪我をしないように、手を添えて遊ぶようにしよう。

4. いないいないばあは赤ちゃんが喜ぶ定番の遊び

7ヶ月になったら、赤ちゃん遊びの定番「いないいないばあ」を実践してみよう。大好きなお父さんやお母さんの顔が見え隠れするのは、赤ちゃんにとってとても楽しいことだ。タオルで顔を隠して「ばあ」という掛け声と一緒に赤ちゃんの顔に近づくととても喜ぶだろう。慣れてくると、赤ちゃんのほうからタオルをずらそうとしてくるので、そのときはタイミングを見計らって行おう。

結論

生後7ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方について紹介した。赤ちゃんにも好みや成長スピードの個人差があるため、全ての7ヶ月の赤ちゃんに当てはまるわけではないが、今回紹介した遊びをアレンジしてその子に合う遊び方を見つけてほしい。7ヶ月を過ぎるとハイハイ・ずりばい・おすわりなどの運動機能がどんどん成長していくため、体を使った遊びはぜひ取り入れて、7ヶ月の赤ちゃんに見合った運動量を確保してほしい。また、子どもだけではなくお父さんお母さんも楽しむことができる遊びをして家族みんなが笑顔で過ごせる時間をつくってもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ