このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

受賞歴多数、世界が認める抱っこ紐【エルゴ】はいつからいつまで使える?

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年11月28日

2017年度グッドデザイン賞や、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞7年連続受賞など、数多くの受賞歴がある抱っこ紐【エルゴ】に注目しているお父さんお母さんは多いだろう。正式名称「エルゴベビー・ベビーキャリア」は、赤ちゃんの月齢が早くても使えるものなのだろうか?購入前に知っておきたいエルゴの情報を調査した。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. エルゴの抱っこ紐はいつからいつまで使えるのか

エルゴの抱っこ紐は新生児から使用できるのが魅力的だ。ただし、体重が3.2kg以上であることが条件である。

エルゴシリーズの1つである「オリジナル」は、単体では新生児から使うことができず、別売りの新生児用クッション「インファントインサート」と併用が必要な点にも注意してほしい。インファントインサートを使わない場合、生後4ヶ月以降、体重5.5kg以上で首座りが確認できたら使用可能となる。

耐荷重量は20kgまで、対象年齢は4歳頃までである。といっても実際は、4歳になる前に抱っこ紐を卒業する子どもが多いのが現実だろう。保護者の負担を考慮し、2歳以上になったら抱っこではなく「おんぶ」での使用が推奨されている。

2. エルゴで新生児を抱っこする際の注意点

エルゴの抱っこ紐には「オリジナル」「アダプト」「オムニ スリーシックスティ」という3つのシリーズがある。オリジナル以外は、赤ちゃんの体型に合わせてシートを調節できるため、付属品なしでも快適に新生児期を抱っこ可能だ。いずれも、生後6ヶ月頃の腰が座る時期までは、対面での抱っこが推奨されている。

エルゴの抱っこ紐で新生児を抱っこする際は、窒息の恐れがあるため、身体に赤ちゃんを密着させない点に注意してほしい。同様に、バックルやベルトなどで固定する部分を、締め付けすぎない点にも気をつけよう。常に気道を塞がないよう注意し、赤ちゃんの頭部が自由に動けるように装着するのがポイントだ。

早産の赤ちゃんや、呼吸器官に注意が必要な赤ちゃんは、エルゴの抱っこ紐を使う前にかかりつけ医へ相談してみてほしい。

エルゴの装着方法は、公式サイトにて動画で紹介されているため、新生児の抱っこがわからない方はぜひ参考にしてみてほしい。

3. よだれカバーで汚れから守ろう

エルゴの抱っこ紐は、価格が3万円以上の製品も多く、決して気軽に購入できるアイテムではない。購入したからには、きれいに長く使いたいというものだ。そこでおすすめのアクセサリーが「よだれカバー」である。

抱っこ紐のよだれカバーとは、赤ちゃんが口にくわえがちなショルダーベルトに巻く、布状のアイテムだ。マジックテープやスナップボタンで固定できるようになっていて、赤ちゃんのよだれから抱っこ紐を守ってくれる。

個人差はあるものの、生後6ヶ月頃になり歯が生えてくると、よだれがダラダラ出てしまう赤ちゃんは多い。気付いたらショルダーベルトがよだれでびしょ濡れだった......ということも少なくない。そのままにしておくと、雑菌が繁殖する、抱っこ紐が変色する、といった懸念がある。とはいえ、その都度洗濯していては、本当に使いたいときに乾燥中で使えない、ということもあるだろう。

そこで抱っこ紐用よだれカバーが役に立つ。汚れてしまったら、よだれカバーだけを外して洗濯すればよい。洗い替えを数点用意しておくと、快適に抱っこ紐を使えるだろう。よだれカバーはエルゴ公式のもの以外に、赤ちゃん用品専門店や100均でも購入可能だ。タオルハンカチにマジックテープを縫い付けて手作りすることもできる。

4. エルゴのお手入れ方法、実は洗濯機洗いも可能!

よだれカバーでガードするといっても、衛生的に使うには抱っこ紐本体の定期的なお手入れが必要だ。エルゴの抱っこ紐は、洗濯機で洗濯可能な点も便利である。注意点は、紐をまとめているゴムはすべて外し、バックルを留めで洗濯ネットに入れること。加えて、お湯でなく冷水を使い、中性洗剤で洗うのもポイントだ。

塩素系漂白剤や蛍光増白剤は傷みのもとになる可能性があるため、使用は控えたほうがよい。抱っこ紐は赤ちゃんが直接触れるものである点を考慮すると、柔軟剤の使用も控えたほうがよいだろう。

洗濯機の設定は、弱水流(ドライコース、おしゃれ着コース、など)にする。乾燥機も使用可能だが、型崩れを防ぐためにはなるべく使用を控え、形を整えたうえでの陰干しが推奨されている。どうしても乾燥機を使う場合は、弱モードで使用し、完全に乾く前に取り出して、陰干ししよう。

なかには、エルゴの抱っこ紐をお手入れしてくれるクリーニング店もあるため、どうしても汚れが気になる際は問い合わせてみてはいかがだろうか。

結論

2003年にハワイで生まれた抱っこ紐「エルゴベビー・ベビーキャリア」は、日本も含め、50ヶ国以上で販売されている。もはや世界が認めた抱っこ紐といっても過言でない。その評判に恥じず、エルゴには、赤ちゃんにもお父さんお母さんにも快適な工夫が満載だ。お店によっては試着も可能なため、気になる方はエルゴを試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ