このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子育て中におすすめの電気圧力鍋。人気の秘密や価格、選び方を紹介

投稿者:ライター 石上 文(いしがみ あや)

2019年11月 3日

目の離せない子どもがいる家庭で、特に難しい家事が料理だ。忙しい子育て中は、時間のかかる煮込み料理は敬遠しがちになる方も多いだろう。そんな子育て家庭におすすめしたいのが簡単に調理ができる電気圧力鍋だ。今回は電気圧力鍋の選び方のポイントや価格などを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 時短に最適!電気圧力鍋とは?選び方のポイントは?

電気圧力鍋とは

電気圧力鍋とは、電気で使うことのできる圧力鍋だ。従来の圧力鍋に比べて、内部の圧力を上げて調理するという点とかけられる圧力の大きさについても大差はない。なによりガスコンロの近くいる必要がないので、子どもの世話で忙しい子育て世代の家庭におすすめだ。

電気圧力鍋の種類は?

電気圧力鍋は、サイズ、加熱方式、調理機能などによって様々な種類がある。加熱方式はIH式とマイコン式で分かれている。容量は一人暮らし用サイズからファミリーサイズまでさまざまだ。パナソニック、象印、ティファール、ワンダーシェフなどから販売されていて、使いたい機能や家族の人数などによって選ぶことができる。

電気圧力鍋の選び方のポイント

電気圧力鍋の選び方のポイントとして以下のことをおさえておこう。
  • IH方式かマイコン方式か
2つの加熱方式の違いを簡単に説明すると、マイコン式は省電力、IH方式は調理ムラが減らせるという点だ。電気代を抑えたい方にはマイコン式、料理のクオリティを求める方にはIH式がおすすめだ。
  • 家族の人数とサイズが合っているか
電気圧力鍋は、同じメーカーの同モデルでもサイズを選ぶことができるものもある。4人以上の家族や大人数で使用する場合は、5〜6リットル前後のサイズが最適だ。容量の大きいものであれば、まとめて常備菜を作ることができておすすめ。
  • 使いたい機能はあるか
電気圧力鍋の機能は幅広く、圧力調理がメインのシンプルなものから、無水調理や蒸し調理、炊飯機能、温め直しができるものまである。もちろん機能が優れているほど、価格も上がるので自分の欲しい機能の優先順位を決めて検討しよう。
  • お手入れのしやすさ
時短や家事の効率化を求めて電気圧力鍋を購入する方であれば、お手入れのしやすさも重視したいだろう。電気圧力鍋の中には、簡単にパーツが分解できるものや、フッ素加工がしてあるものがあり、衛生的に使用できるかもチェックポイントのひとつである。

2. 子育ての味方!電気圧力鍋のメリットデメリット

電気圧力鍋のメリット

電気圧力鍋のメリットは以下の3つだ。
  • 調理中離れることができる
電気圧力鍋の一番のメリットは火のそばにいなくてもよいことだろう。炊飯器と同じで、スイッチを押せば外出をすることも可能だ。リビングで他の家事をしたり、子どもの世話ができるので忙しい子育て中の方にとっては最も大きなメリットだ。
  • 調理の失敗が少ない
自動メニューがあって電気の力で圧力を調整するので、材料を入れてスイッチを押せば、簡単に出来上がり。従来の圧力鍋と違い、減圧や火加減の調整も必要ない。煮込み料理で必要なあく取りの手間も省ける。カレールーやシチューの素などの市販の調味料との相性も抜群なので、子どもが喜ぶメニューもおてのものだ。
  • 音が静か
従来の圧力鍋は圧力をかける際にシュシュシュと大きな音がするが、電気圧力鍋は自動で火加減や減圧を行うので、静かに調理をすることができる。大きな音ですぐ起きてしまう赤ちゃんがいる家庭などでは、大きなポイントだ。

電気圧力鍋のデメリット

  • 冷却時間や蒸らし時間が必要
電気圧力鍋は、圧力調理の時間だけを取り出して「10分でカレーができる!」など短い時間で調理ができるよう宣伝されている場合が多い。しかし、実は蒸らし調理や冷却時間が必要なのだ。そのため、実際のトータルの調理時間は普通に調理した場合と大差ないことが多い。もちろん作業時間は短いのが魅力だが、トータルの時間は変わらないので夕飯作りの段取りには注意が必要だ。
  • サイズが大きく置き場所に困ることも
電気圧力鍋は容量によっては炊飯器よりも大きく、キッチンでの置き場所に困ることもある。出しっぱなしにしないとしても、奥行きがあるため保管場所が難しい。炊飯器と機能が重複している部分もあるので、炊飯器の買い替えに合わせて電気圧力鍋に統合してしまうのも一つの手である。

3. 電気圧力鍋の価格 相場はどのくらい?

電気圧力鍋の相場は数千円から、数万円と幅広いが一般的に人気のモデルは1万円後半から3万円弱の価格帯のものだ。
もちろん、さまざまな便利機能が付いていて容量が大きいものが価格が高い。

人気の価格帯である1万円円後半〜3万円弱のモデルであれば、家族向けの6リットルで無水調理や低温調理のついたものもメーカーによっては選択できる。


選び方のポイントの際に述べた、サイズ、加熱方式、搭載機能、お手入れのしやすさを考慮に入れて、優先事項をまとめてから予算と照らし合わせながら選んでみよう。

結論

電気圧力鍋は、子育て中の忙しい方におすすめの便利な調理器具だ。従来の圧力鍋と比較しても、メリットが多く幅広い調理も可能だ。子育て中で手が離せない方、家事の効率を上げたい方、夕飯のマンネリ化に悩んでいる方にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ