このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【どうする?赤ちゃんの寝室問題】赤ちゃんが安全に眠るための注意点

投稿者:ライター 石上文(いしがみあや)

2019年11月11日

初めて赤ちゃんを自宅に迎え、布団で寝かせるのかベビーベッドを用意するのか迷う方も少なくない。赤ちゃんの寝室問題を考える時、ベビーベッドやベビー布団、添い寝をする、しないなどさまざまな選択肢がある。今回は、添い寝のメリットや赤ちゃんにとって安全な寝室作りの注意点を解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. ベビーベッドとベビー布団 どちらを選ぶべき?

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別なく眠るが、だんだんと生活リズムがついてくる。寝室と普段過ごす部屋を分けることで、夜は眠るという習慣づけがされていくのだ。
赤ちゃんを迎える時に、ベビー布団とベビーベッドのどちらを用意するか、寝室の環境や生活スタイルに合わせて選択しよう。ベビー布団とベビーベッド、それぞれの特徴を紹介する。

ベビー布団を選択するメリット・デメリット

ベビー布団のメリットは、添い寝がしやすいという点だ。添い寝をする場合、ベッドと比べて転落の危険性がなく、安心して眠ることができる。
また、寝室が和室などで、もともと親が布団で眠っている場合は、ベビー布団を選択した方が夜中の授乳や赤ちゃんの様子を見る時に起き上がる必要がない。夜泣きなどの夜中のケアは体力を消耗するので、なるべくお世話しやすい環境にするのがポイントだ。デメリットは衛生面で、布団を引きっぱなしになるとほこりやダニが発生しやすい。赤ちゃんの寝室は清潔にしておく必要があるため、こまめな洗濯や掃除が重要である。

ベビーベッドを選択するメリット・デメリット

ベビーベッドを使用すると、赤ちゃんの居場所を清潔に保つことができる。高さがあるため、着替えやおむつ換えなどのお世話もしやすく腰の負担になりにくい。下部分が収納になっていることが多いため、おむつなどのお世話グッズをまとめて置いておくこともできる。親や上の子がベッドで寝ている場合は、一緒に寝るのではなく柵のあるベビーベッドに寝かせた方が転落や寝ている間に蹴飛ばしてしまったり覆いかぶさってしまう心配がないため安心だ。
また、赤ちゃんのねんねトレーニングの一環として、赤ちゃんが一人で寝るという習慣づけをしたい方にもおすすめである。
しかし、つかまり立ちをするようになると、ベビーベッドの柵から転落する危険もある。発達の早い赤ちゃんや活発な赤ちゃんであれば、ベビーベッドが使える期間が短い。ベビーベッドはスペースをとるうえに値段も高いため、使用期間が短い場合は、費用対効果の面でもはメリットとなる。

2. 添い寝のメリット・デメリット

赤ちゃんにベビーベッドを用意するか、布団にするかを考えるとき、添寝をするかしないかがポイントなるだろう。

添い寝をすることで、夜間のお世話の物理的な負担が減り、親子のスキンシップ、愛着形成につながるというメリットがある。夜中に泣いたり、赤ちゃんのわずかな異変にすぐ対応できるため、親子ともに安心して寝ることができるのだ。

しかし、窒息や転落の危険があるため、大人用のベッドや布団、ソファなどで一緒に添い寝をすることは控えた方がよい。寝返りができない赤ちゃんの場合、寝ている間の大人の動きによって、布団などが覆いかぶさるというリスクもある。添い寝や添い乳で寝かしつけた場合も、きちんと赤ちゃんが安全に眠ることができるスペースへ移動させることが重要だ。
添い寝をする場合は、ベビー布団を利用するか、転落や窒息を防止するためのベッドインベッド、柵の一部が外せる添い寝用のベビーベッドを用意しよう。

3. 安全第一!赤ちゃんの寝室づくりの注意点

安全で快適な寝室を作るための注意点を紹介する。

まずは、窒息防止のため、ベビー布団は固めのものを選択しよう。柔らかい素材だと、体が沈んでしまい、寝返りができない赤ちゃんには危険である。ベッドの周りにぬいぐるみやタオルなどを置くことも、窒息につながるため控るべきだ。ぬいぐるみはダニや埃の原因にもなるため、衛生上も好ましくない。
添い寝の注意点でも紹介したが、親子で同じベッド、同じ布団は安全上NG。赤ちゃん用のベビー布団かベビーベッドを用意しよう。

また、エアコンからの位置も重要だ。寝室のエアコンの風向きに注意して、直接風が当たらないように、赤ちゃんのベッド、布団の置く位置を検討しよう。朝は日差しを浴びることで昼夜の区別がつくようになるため、窓の位置も考慮するとよい。

結論

赤ちゃんの寝室作りには、安全でお世話がしやすく、親子にとって快適であることが重要だ。ベビーベッド、ベビー布団はそれぞれメリット・デメリットがあるため、住宅事情や生活スタイルに合わせて選択しよう。添い寝をする際は、窒息や転落防止など、赤ちゃんのための十分な注意が必要だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ