このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつから子どもにアプリを使わせても良い?上手な利用方法を解説

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2019年11月12日

家事で手が離せないときや外出中など、子どもに静かにしていてもらいたい状況は毎日たくさんある。そんなときに役立つのが子ども向けのアプリだ。しかし、子どもにアプリを使わせるにあたり、「何歳からならいいの?」「ルールは設けたほうがいいの?」など不安や疑問も多いのではないだろうか。そこでここでは、子どもに上手にアプリを使わせるコツを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 子どもにアプリを使わせるメリット

スマホなどを使う際欠かせないのがアプリだが、中にはゲームなど楽しませてくれるアプリがたくさんあり、最近では子ども向けのものも数多く登場している。では、アプリを子どもに使わせるメリットにはどういったことが考えられるだろうか。

お金がかからない

第一に、市販のゲーム機に比べてお金がかからない点が挙げられるだろう。スマホなどのアプリには無料のものがたくさんあり、気軽にインストールやアンインストールを繰り返すことができるだろう。

知育に役立つ

子ども向けの知育系アプリも数多く登場しており、楽しみながら学習ができる点もメリットの一つだ。こういったアプリを上手に利用すると、入学前の先取り学習も遊び感覚で進めることができ、子どもに与えるストレスも少なくすみそうだ。

いつでもどこでも遊べる

外出先などで子どもに静かにしてほしいとき、アプリをスマホにダウンロードしておけばいつでもどこでも遊ばせることができるし、余計な荷物を増やさずにすむ。子どもも外出中ご機嫌に過ごしてくれそうだ。

2. 子どもにアプリはいつから使わせてもよいのか

では、子どもにアプリはいつから使わせてもよいのだろうか。

あるアンケート結果によると、0〜6歳の子どもを育てるお父さんお母さんのおよそ7割が、子どもにスマホを使わせたことがあると答え、使い始めた年齢は多くが2歳以下だった。

最初のきっかけは、「子どもを泣き止ませるため」ということが多いようだ。また買い物などの最中に、大人しくしていてくれるように動画アプリなどを使用したという方も多い。

このように子どものアプリの使用に、特に「何歳から」という決まりはない。ただ、アプリごとに対象年齢が設けられているので、それらを参考にしつつ判断してほしい。

3. 子どもにアプリを使わせる問題点

子どもにアプリを使わせる際、メリットだけではなく問題点ももちろんある。そういったことを親がしっかりと認識し、子どものアプリ利用に関するルールを設けておくことが大切だ。子どもにアプリを使わせる問題点として以下のようなことが考えられる。

スマホ依存のリスクが高まる

アプリの利用によりスマホを長時間使用することが習慣化されると、スマホ依存につながる恐れがある。

子どもにふさわしくない情報に触れる危険性が高まる

スマホなどのアプリを使用することによって、暴力的なものやアダルトなど、子どもにふさわしくない情報を子どもが目にする危険性が高まる。

課金をしてしまうリスクがある

アプリの中には課金をすることで、有利にゲームを進めることができるものもある。そのため子どもが親に内緒で課金をしてしまったり、知らないうちに課金をしてしまったりするリスクもある。

4. アプリを利用する前にルールを設けて不安を解消

以上のような問題点は、家族でしっかりとアプリの利用に関するルールを共有することで大半は防げるだろう。アプリを子どもに使わせる際は、以下のようなことに留意してほしい。

お父さんお母さんが手本となる

子どもは親のすることを真似するものだ。そのため、親が子どものお手本となる使い方をするよう心がけよう。

子どもに勝手に触らせない

スマホやタブレットにはパスワードを設定するなどして、子どもが勝手にアプリを使うことがないように気をつけよう。利用時間の制限なども設け、子どもに使いっぱなしにさせないよう心がけたい。

フィルタリング機能などを上手に使う

ソフトバンクやauなど大手のスマホ会社では、「あんしんフィルター」というフィルタリングサービスを行っている。こういったサービスを利用すると危険なアプリやサイトから子どもを守ることができるだろう。

使う際のマナーを確認する

「食事中は使わない」「人と会話しているときは触らない」など基本的なマナーを身につけておくと、成長してから本格的にスマホデビューする際にも役立つだろう。

結論

これからの子どもたちは、スマホやアプリとは切っても切れない関係となるだろう。アプリを上手に活用するためには、その都度子どもと使い方やルールを確認しておくとよいだろう。小さなうちから適切な使い方を身につけておくことで、本格的なスマホデビュー後も節度を持った使い方ができるようになるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ