このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リビング学習の収納の悩みはワゴンで解決!整理整頓のコツを解説

リビング学習の収納の悩みはワゴンで解決!整理整頓のコツを解説

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとう なほ)

2019年12月 7日

「最近よく『リビング学習』という言葉を聞くけど、ランドセルや文房具などはどのように収納しているの?」とお考えの方もいるだろう。理想はやはり、就寝時や来客などの際にサッと片付けられる収納だ。そこで今回は、リビング学習で文房具や教科書、プリントなどを簡単に収納する方法やグッズを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 文房具は取り出しやすさが鍵!

リビング学習でも勉強する時は、鉛筆や消しゴム、定規に色ペンなどの文房具が必要だ。また、文房具を常にテーブルの上に出しておくわけにはいかないため、必要な時だけ取り出せるような工夫も要る。そこで、リビング学習の際に便利な文房具の収納グッズを紹介しよう。

無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックス

耐荷重約5㎏のシンプルなキャリーボックスは、鉛筆や消しゴムはもちろん、電卓・ハサミ・定規・テープなど、勉強に必要なあらゆる文房具を収納できるようになっている。持ち運びをしやすい取っ手も付いているため、普段は棚の中などに置いておき、リビング学習をする時だけ持ってくれば、リビングをすっきりと保つことができる。

ナカバヤシのライフスタイルツールボックス

一見ただの紙箱なのだが、実はこれを開くと中には複数の深さや幅の異なるポケットがあり、様々な文房具が収納できるようになっている。リビング学習をしない時は、箱を閉じると四角柱のすっきりとした縦長形状の紙箱になり、簡単に持ち運びができる。さらに、箱には磁石が内蔵されているため、リビング学習時以外はしっかりと箱を閉じることができ、中身がバラバラと出てこないのもポイントだ。

2. ワゴンを使えば移動も楽々!

子ども部屋で勉強する場合は、部屋に文房具や教科書などがそろっているので必要な時にすぐ手に取れるが、リビング学習の場合はどうなのだろう?リビング学習では、学習机ではなくリビングテーブルやダイニングテーブルで勉強することが多い。その時に子どもが簡単に文房具や教科書を自分の近くに準備できる環境を用意しておくことが大切だ。そこで、リビング学習に使える移動可能な収納グッズを紹介しよう。

IKEAのRÅSKOG(ロースコグ)

3段から成る頑丈なスチール製のワゴンで、シンプルな見た目と色使いなのでリビングに置いていても圧迫感や違和感がなく、すっきりおしゃれに文房具やノートが収納できる。また、収納したいものの大きさに合わせて中段のシェルフの位置が調節可能だ。さらにキャスター付きで移動ができるため、リビング学習をしない時は部屋の端など邪魔にならない場所に置いておき、リビング学習をする時だけ持ってくることができる。これが最大の利点だ。

無印良品のパイン材デスクワゴン

木目がきれいなキャスター付きの小さめサイズのワゴンだ。無駄な装飾や凹凸がないため、リビングに馴染みやすく、リビング学習をする際に生活感を出さずに文房具の収納ができる。高さが58㎝と低くリビングテーブルの下や、カウンターの下にすっぽり入るサイズなので、リビング学習をしない時はしまっておくことも可能だ。1段目と2段目には文房具、3段目には教科書やプリントなどの高さのあるものが収納できる。

3. 教科書はランドセルとセットが吉!

小学生であればランドセル、中学生以上であれば学校の鞄に教科書を出し入れする機会が多い。そのため、リビング学習でも教科書がランドセル(または鞄)とできる限り近い場所にあるほうが、宿題の出し入れや次の日の学校の準備が簡単で時短にもなる。

そこでおすすめなのが、ニトリのランドセルラック(グロウHP MBR)だ。上段はランドセルを置くスペース、2段目は縦長に5つの仕切りがあるため、科目ごとに教科書やノートが入れられる。3段目は文房具などの小物を入れるのにぴったりな引き出し、下段はハーモニカが入るサイズのスペースがある。横にフックが付いていて、こちらはトートバッグや上履き入れなどを掛けることができる。これ1つでリビング学習を快適に始められる便利なグッズだ。

4. プリント類は科目別に保管

リビング学習の収納で考えなければならないのが、毎日学校から持って帰るプリント類だ。放っておくとごちゃごちゃになってしまうため、持ち帰った時にすぐ「科目分け」をしてファイリングするのがおすすめだ。

たとえば、国語の授業で使ったプリントは「国語」のファイル、国語のテストが帰ってきたら「国語テスト」のファイルというように、細かく種類分けをしたほうが見直しやすい。また、マスキングテープにファイル名を記入して各ファイルに貼っておけば、どこに何のファイルがあるかが一目で分かるようになる。

結論

リビング学習で文房具や教科書、プリントなどを簡単に収納する方法やグッズを紹介した。理想的なのは、子どもが使うものを取り出しやすく、次の日の学校の準備がしやすい収納だ。ご家庭に合わせて便利なグッズを選び、分かりやすく収納して、家族みんなでリビング学習を楽しもう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >