このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビング学習に最適なレイアウトは?集中できるコツや収納グッズも紹介

投稿者:ライター 小宮麻里絵(こみやま りえ)

2019年12月 4日

小学校入学前に、子供部屋に学習机を置くか、リビング学習にするか悩むお父さん、お母さんもいることだろう。「リビング学習は頭がよくなる」という情報は、2012年頃から広まり始めた。一方でリビング学習をさせると「リビングが散らかるのではないか」と心配の声もある。今回は、家族みんなが快適に過ごせる、リビング学習におけるレイアウトや収納アイデアを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビング学習のレイアウトは?勉強に集中できるコツも紹介

リビング学習で押さえておきたいのは、生活動線を遮らないことだ。リビングは、家族が行きかう場所である。そのスペースを崩さないようなレイアウトを考えてみよう。

家族がよく通る場所の配置は避ける

家族がよく通る動線は、キッチンからダイニング、リビングを行き来する場所だ。お父さん、お母さんがキッチンで料理をしながら勉強が見られるようにキッチンの空きスペースでリビング学習をさせると、生活動線を遮りストレスになってしまう。

家族がよく通る動線と反対側にリビング学習スペースを設けると、リビングのスペースを壊すことなく、子どもも勉強に集中できるだろう。

ダイニングテーブルで勉強する

リビング学習用のデスクは買わずに、ダイニングテーブルで勉強するのもひとつの方法だ。限りのあるリビングでスペースの有効活用にはなるが、食事と勉強のメリハリをつけることが課題だ。リビング学習をしたあとは、学習用品や消しゴムのカスはキレイに片付けることを習慣付けないと、家族みんなのストレスになってしまうので気を付けよう。反対に、食事のあとは出ているものはすべて片付け、子どもが自ら勉強したくなるテーブルにしておこう。

勉強に集中させるコツは?

リビング学習の場所を集中できるスペースにすることも考えたいところだ。まずはテレビをなるべく見えない位置に配置することだ。面白い番組が放送されていると、ついついテレビに集中してしまう。勉強するときとテレビを見るときのメリハリをつけるようにしよう。

また、リビング学習スペースの明るさにも注意したい。部屋の照明がなるべく当たるところに配置し、難しい場合はライトを設置しよう。

2. リビング学習は散らかる?真似したい収納アイデアを紹介

リビング学習には、「リビングが散らかるのではないか」という悩みがつきものだ。ここからは、リビング学習でもリビングが散らからないようにするアイデアを紹介する。

カラーボックスに収納する

リビング学習の収納スペースとしてよく使われるのがカラーボックスだ。収納スペースが多いとその分ものが増えてしまうので、多くても3段までのカラーボックスを用意しよう。

1段目にランドセルが収納できるスペースを作っておくと、学校から帰ってきてそのままランドセルを片付けられるので、リビングが散らかりにくい。兄弟姉妹がいる場合、カラーボックスなら高さが揃うのでスッキリおさまるのも嬉しいポイントだ。

オープンラックに収納する

扉が付いていないオープンラックに収納するのもおすすめだ。扉がない分一目で何がどこにあるかわかり、リビング学習に集中できるようになる。学習用品が丸見えで気になる場合は、カフェカーテンを付けるなど隠す工夫をすることも可能だ。

3. リビング学習におすすめ!便利な収納グッズを紹介

最後に、リビング学習をするために便利な収納グッズを紹介する。100均でも購入できるので、選んだ収納アイテムの高さや学習用品の量に合わせて買い足してみよう。

オープンスタンドに収納する

教科書やノートなどは、オープンスタンドに収納すると取り出しやすい。量が多い場合は、詰め込みすぎないよういくつか用意しておこう。習い事で使う用品がある場合は、専用のオープンスタンドを用意し、学校用の学習品とは分けておくとわかりやすくなる。

収納ボックスやバスケットに収納する

立てて収納するものだけではない学習用品。リビング学習では、キレイに収納できないものをどう収納するかが大切である。例えば、細々した文房具や毎日配られるプリント類だ。散らかりやすい文房具は収納ボックスにすべてしまい、プリント類は必要なものだけファイルに閉じてバスケットに収納するなど工夫してみよう。

結論

リビング学習のレイアウトや勉強に集中させるコツ、おすすめの収納アイデアやグッズを紹介した。机の配置や収納スペースをうまく作れば、リビング学習は子どもにとってもお父さん、お母さんにとってもメリットの大きいものとなる。リビング学習を導入しようか迷っている方は参考にしていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ