このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
リビング学習を効果的にするグッズとは?子どものやる気を引き出そう!

リビング学習を効果的にするグッズとは?子どものやる気を引き出そう!

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2019年12月13日

最近話題のリビング学習だが、さまざまなメリットと同時にデメリットもある。リビング学習のメリットを最大化するためには、子どものやる気が出る学習環境を整えることが大切だろう。そこで子どものやる気を引き出し、リビング学習がより効果的に行えるようになるおすすめのグッズを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リビング学習を導入する際に必要なものは?

リビング学習を効果的に行うためには、「子どもがリビング学習を行いやすい環境」を整えることが大切だ。そのためにまず用意して欲しいものを以下に挙げておこう。

勉強道具を収納する棚

いつも使う参考書や問題集、文房具などをまとめて棚に収納しておくと、リビングが散らかる心配が少なくなる。また子どもにとっては勉強道具をいちいち自分の部屋まで取りに行く必要がなくなるので、好きなときにすぐ学習を始められるメリットがあるだろう。

コンパクトな学習用デスク

リビングに置くスペースがあれば、用意することをおすすめしたい。学習机にこだわる必要はない。シンプルで場所を取らない奥行きの浅いテーブルも各種販売されているので、リビングの雰囲気に合わせて選んでもいいだろう。リビングに専用の机を置くだけで子どものテンションも上がる。

デスクライトやテーブルの高さにあった椅子

必要に応じて用意すると、さらにリビング学習がやりやすくなるだろう。選ぶなら手暗がりにならないライトがおすすめだ。リビングテーブルを使う場合、椅子は子どもが勉強しやすい座面の高さになるよう調節してあげよう。

2. テーブル上のきれいをキープする「マット」「収納ボックス」

リビング学習のデメリットの一つに、テーブルの上が汚れることが挙げられる。学習用のデスクを用意できる場合はいいが、多くの家庭ではリビングやダイニングのテーブルでリビング学習を行なっているのではないだろうか。

消しゴムのカスが散らばったり、教科書やノートなど勉強道具が散乱したりすると、子どものリビング学習がお父さんやお母さんのストレスになることもあるだろう。しかしちょっとした工夫で、こういったデメリットは解消することも可能なのだ。そんなお役立ちグッズをご紹介しよう。

リビング学習用マット

「デスクマット」と聞くと、学習机に敷かれている透明の大きなマットを思い浮かべるかもしれない。しかし、リビング学習用のマットは持ち運びができるコンパクトサイズで、さらに3方のガードが消しゴムのカスが散乱するのを防いでくれる仕様になっている。

マットには様々な種類があり、中には勉強道具などを収納しておけるものもある。ライフスタイルや子どもの好みなども考慮し、最適なものを選んで欲しい。

卓上クリーナー

消しゴムのカスなどをさっと吸い取ることができる卓上クリーナーがあれば、リビング学習でテーブルの上が消しゴムのカスだらけになっても、ストレスフリーだ。テーブルの上だけでなく、ちょっとした掃除にも使えるハンディ―クリーナーなら、ソファーについたゴミや埃などにも対応できるのでさらに便利だろう。

収納ボックス

収納棚のほかに収納ボックスも用意しておくと、テーブルの上に散乱した勉強道具を素早く片付けることができる。リビング学習の途中で食事の時間になってしまっても、収納ボックスの中に一旦片付けておけば、食事の後もスムーズに学習が再開可能だ。子どもにお気に入りのボックスを選ばせれば、自分からお片付けするようにもなるだろう。

3. 「ボード」で子どもの集中力を高め、リビング学習を効率化

リビング学習は、リラックスして取り組めるというメリットがある反面、リラックスしすぎてだらけてしまうなど、なかなか集中ができないというデメリットもある。しかし以下に紹介する学習ボードなどのアイテムを使うことで、子どもの集中力を高め、やる気を引き出す効果も期待でき、デメリットも解消できるだろう。

学習ボード

学習ボードとは、テーブルに設置すると衝立のようになり、視界が遮られて集中しやすくなるというグッズだ。プリントや筆記用具などこまごましたものを収納できるポケットもついていて、子どもの使い勝手もよい。

リビングでの学習は、周囲のものや人が気になり集中できないという子どももいるかもしれない。学習ボートは自分だけの空間を確保してくれるので、子どもはこのボードを広げただけでスッと勉強モードに入れるようになる。リビング学習の効果も一気に上がるだろう。

ホワイトボード

リビング学習を行なっている家庭の中には、学習用にホワイトボードを取り入れtているところもあるようだ。家庭学習の際にホワイトボードを使えば、お父さん、お母さんには教えやすく、子どもには理解しやすくなる。吸着式のタイプもあるので、壁に設置すれば場所も取らない。一般的なホワイトボードであれば、勉強するときだけ仕切りがわりに使用することも可能だ。

結論

リビング学習には、親子の絆を深める、子どもが安心して取り組めるなどのメリットがある。しかしその効果を最大限発揮するためには、子どもが意欲的にリビング学習に取り組める環境を整えることが大切だ。子どもの状況を見極めながら環境設定に必要なグッズを選択し、より効果的なリビング学習を目指してみてはどうだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ