このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どもの健やかな成長にもつながる【木育】とは?その意外な効果を探る

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年12月 2日

食育、読育、水育、便育……。「育」がつくさまざまな教育概念が提唱されるなか、「木育」という言葉を目にしたことのある方も多いのではないだろうか。「木育」とはいったいどういうことを指すのだろうか。その意味と、教育のみにとどまらない可能性を秘めた、木育の効果を探る。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 木育とはどのようなものか

2004年に北海道で誕生し、2006年の「森林・林業基本計画」で内閣府も明示した言葉が、「木育」だ。林野庁が推し進めるほか、認定NPO法人芸術と遊び創造協会が「木を好きになる人を育てる活動」をおこなっている。

その具体的な活動内容は、
「か 環境を守る」
「き 木の文化を伝える」
「く 暮らしに木を取り入れる」
「け 経済を活性化させる」
「こ 子どもの心を豊かにする」という「かきくけこ」に示される。

現代だからこそ求められる「木育」

国土面積の約7割が森林である日本だが、実際は手入れがなされていない人工林が多数ある。適切に木を切ることは、台風などの災害による二次災害の防止や、森林環境の保護につながることはあまり知られていない。森の役割や保護について教育することで環境を守る「木育」は、現代だからこそ求められているといえる。

ほかにも、日本独自の木造や木製玩具の文化を学び、林業や木材加工業を元気にして、地方の経済活性化を目指すことも木育活動の一環だ。

2. 心が落ち着き集中力もアップする!木育の意外な効果

木育活動の「かきくけこ」のなかでも、子育て世代が気になる「子どもの心を豊かにする木育」とはどういうものなのだろうか?

多くの人が感じるところだと思うが、そもそも木には、人の心を落ち着かせる効果がある。文部科学省によると、木製家具を取り入れた教室では、子どもたちの雰囲気がよくなり、心理的に好影響があった(※1)。

生活の中に木製の玩具や家具を取り入れることは、子どもの心と身体を健やかに保つ効果や勉強の効率をアップさせる効果があるのだ。

3. 木育に触れられるウッドスタートとは

「ウッドスタート」事業をおこなっている市町村であれば、木育をより身近に感じられるはずだ。

ウッドスタートとは、認定NPO法人芸術と遊び創造協会が展開している「赤ちゃんからはじめる生涯木育」の行動プランのことだ。自治体は、地産地消の木製おもちゃを誕生祝い品として配る「誕生祝い品事業」のほか、「木育インストラクターの養成」や「子育てサロンの木育化」など、6事業のなかから1つ取り組むことで、ウッドスタート宣言が可能となる。2018年4月末現在、全国39市町村で「ウッドスタート」を展開している。

ウッドスタート協定を結んでいる企業もある。「無印良品」ブランドを展開する(株)良品計計画もその一つで、木育広場の設置などの取り組みをおこなっている。近所に店舗があれば、一度立ち寄ってみてはいかがだろうか?

4. おすすめの木育おもちゃの選び方

木製玩具メーカーから選ぶ

木育に役立つ木製玩具の選び方には、木製玩具メーカーからセレクトするという方法がある。

たとえば、日本でもっとも歴史ある木製おもちゃの会社「ニチガン」や、幼児教室から生まれた「エド・インター」、エコな木製おもちゃを通して持続可能な社会を目指す「プラントイ」など、多種多様な木製玩具メーカーが多彩なおもちゃを作っている。

グッド・トイから選ぶ

木育おもちゃは、よいおもちゃの選考会「グッド・トイ」の受賞作品からセレクトするのもおすすめだ。グッド・トイは、「長く人々に愛され、安全で社会性あるおもちゃ」を基準に選出されるため、質のよさはお墨付きともいえる。

受賞玩具のパッケージにはグッド・トイマークが印字される。公式通販サイトにも掲載されているため、気になる方は一度チェックしてみてほしい。

遊んでみて決める

子どもに合いそうな木育おもちゃを探したいなら、前述の木育広場などで実際に触れてみるという選び方もある。自治体の取り組みや木育キャラバンなど、木育おもちゃと触れられるイベントには、積極的に足を運んでみてはいかがだろうか。

木育キャラバンの派遣元でもある東京おもちゃ美術館では、グッド・トイで遊ぶことも可能だ。東京都新宿区にあるので、興味がある方は立ち寄ってみてほしい。

結論

心身ともに効果をもたらす木育。文化の継承や経済の活性化であるといわれると、小難しく感じられる方もいるかもしれないが、構える必要はない。国産の木製おもちゃを買って楽しんでみたり、木育関連のイベントに足を運んだりして、まずは木のよさを肌で体感してみてはいかがだろうか。子どもと一緒に木のよさを感じられることが、木育の第一歩だといえるだろう。

参考文献

(※1)文部科学省:木製家具と子どもへの心理的・教育的効果

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ