このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
3歳児におすすめのおもちゃは?想像力や創造性を育てよう

3歳児におすすめのおもちゃは?想像力や創造性を育てよう

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年12月 8日

きちんと言い聞かせると、少しずつ受け入れていけるようになる3歳は「遊び方」が大きく転換していく時期でもある。3歳だからこそ思いきり楽しめる、自己表現ができるおもちゃとはどんなものなのだろうか?選び方のヒントを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 3歳児のおもちゃ選びのヒント

3歳といえば、最大限に自己表現をしてくる時期だ。何もかもに対し「イヤ!」と返答するのは減ってくるかもしれないが、自己主張や自分本位と思える意見を押し付けてくることもある。

そんな3歳児は、遊びやおもちゃも、自分の意思で取捨選択したい。そのため、大人が決めたおもちゃを押し付けるのではなく、いろいろなおもちゃに触れる機会を設けて、本人には選ぶ自由を感じてほしいものだ。

さらに、社会性も身につき、友達同士で楽しめるようになってくるのも3歳の頃である。そこで今回は、3歳児の自己表現を最大限にサポートしつつ、社会性もフォローするようなおもちゃを紹介する。

子どもの発育・発達には個人差があるため、以上の情報は判断材料の1つとし、お子さんの発達に合わせておもちゃを選んであげてほしい。

2. 作る喜びを味わうおもちゃ

想像から創造へと幅広げる3歳児は「積み木」や「ブロック」といったおもちゃを使い、作る喜びを味わえる。作る喜びを味わうといえば「粘土」や「折り紙」、「お絵かき道具」なども3歳にふさわしいおもちゃだ。

好きな車やロボット、動物などを、レゴデュプロや学研のニューブロックで表現する子どもは多い。どちらも多種多様な製品が発売されているため、3歳児の目には魅力的に映るだろう。対象年齢はレゴデュプロが1歳半から、学研のニューブロックは2歳頃からだ。3歳で思いきり楽しんでもらうためには、早いうちから触れさせて、扱いに慣れてもらうのもおすすめだ。

3. 社会性を深めるおもちゃ

乗り物や人形遊びを進化させ、街づくりや生活スタイルの再現を楽しめるおもちゃは、3歳児の社会性を育てるのにふさわしい。

たとえば、タカラトミーのトミカワールドシリーズは、交番や消防署、立体駐車場など、さまざまな建物を取り入れて街を作り、車のおもちゃ(トミカ)を走らせることができる。ファストフード店やコンビニもあるので、よく行く場所を再現するなど、日常に即した街づくりを楽しむのもよさそうだ。

同じくタカラトミーのシルバニアファミリーも、自己投影しやすいキャラクターや生活の再現をしやすい小物、建物が充実している。遊びながら3歳児の社会性を育てるのにおすすめのおもちゃである。

4. 有名知育おもちゃも3歳からおすすめ

3歳から自己表現を楽しめるおもちゃには、有名な知育玩具も多数ある。

その1つが「キュボロ」だ。将棋界に新風を巻き起こし続けている藤井総太氏が、3歳の頃に遊んでいたことで有名になった。キュボロは、穴やレールが掘られた積み木ブロックを組み立てて、ビー玉を転がす道を作るおもちゃ。遊ぶことで、集中力や先を読む力、論理的な思考力が鍛えられるといわれている。

歴史が深いパズル玩具である「タングラム」も、3歳頃から親しめる。タングラムとは、正方形を7つのピースに切りわけたシルエットパズルのことだ。かつてナポレオンも親しんだというタングラムを使った遊びは図形で自己表現が可能で、形を分解・合成する図形力が鍛えられるという。手作りも可能だが、3歳の子どもから大人まで楽しめる「脳力タングラム」(エド・インター)もおすすめだ。

結論

3歳児の遊びは、【自由】が1つのキーワードだともいえる。自己表現を自由に楽しむ遊びは、想像力や創造性、達成感を培う学びへ繋がる。周囲の大人が「こうしなさい」と遊びを限定してしまうと、学びは阻害されてしまう。自由な遊びを心から楽しんだ結果として、子どもは成長していく、ということも覚えておくと、親子の遊びを思いきり楽しめるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >