このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
「生きる力」とは?文部科学省公示の新学習指導要領を解説

「生きる力」とは?文部科学省公示の新学習指導要領を解説

投稿者:ライター 小宮麻里絵(こみやま りえ)

2019年12月14日

文部科学省は、新しい学習指導要領を公示した。世の中の変化のスピードは今後も益々加速していくことが予想されている。子どもたちはそのような時代を生きるために、学校で「生きる力」を学んでいくのだ。この記事では、新しく公示された学習指導要領の教育方法や、生きる力、生き抜く力について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 文部科学省が新しい学習指導要領を公示

平成20年3月、文部科学省は新しい学習指導要領を公示した。学習指導要領の改定は10年ぶりで、近年急速に技術革新が進む世界で生きる力を育むことを理念としている。グローバル化、スマートフォンの普及、AIの活用など、社会の変化は激しい。また、今後もこの変化はさらに進むであろう。

「アメリカでは今後10年、20年かけて、現在行われている半数以上の仕事が自動化される可能性が高い」と語る専門家もいる。変化が激しく、予測が困難な世界の中で、子どもたちにはそれを受け止め、生きる力をもって立ち向かい、人生を豊かにすることが求められる。

新しい学習指導要領の教育は、「ゆとり教育」でも「詰め込み教育」でもない。次世代を担う子どもたちが、目まぐるしい変化を見せる現代で必要な「生きる力」を身につけるため、教育内容が順に新しくなっている。生きる力を育むために必要とされる、小中学校からの外国語教育の導入、小学校のプログラミング教育の必修化などは、2020年から順に実施される。

2. 生きる力とは

新学習指導要領では、生きる力を「知・徳・体のバランスのとれた力のこと」と表現している。生きる力の知・徳・体について、もう少し詳しく解説しよう。

確かな学力

「知」は「確かな学力」を指す。基礎的な知識・技能を習得し、さまざまな問題に対応できるよう自ら学力を活用し、考え、判断・表現し、解決できるようにすることを目的としている。

豊かな人間性

「徳」は、「豊かな人間性」を指す。他人を思いやり、協調する心や感動するなどの心を育み、豊かな人間性を育てることを目的としている。

健康・体力

「体」は、「健康・体力」を指す。こちらは非常にシンプルで、たくましく生き抜くために体力をつけ、健康に過ごすことを目的としている。

3. 生きる力と生き抜く力の違いとは?

「生きる力」と似た単語として、「生き抜く力」が挙げられる。この生き抜く力は、先ほど解説した生きる力とどのように違うのだろうか。

生き抜く力とは、どのような状況下にあっても、自ら考えて行動できる力のことを言う。この生き抜く力は数年前から重要視されており、小中学生の子どもを持つお父さん、お母さんの中には聞いたことがある方もいるだろう。

前述したが、社会の急速な発展により、子どもたちの未来を予測するのは困難である。学校で生きる力という知識を学んでも、それを社会で活かすのはまた難しい問題だ。培ってきた生きる力の知識をもとに、社会で起こるさまざまな問題に対して柔軟に対応できることが求められるだろう。

4. 生きる力を伸ばすためには

生きる力を身につけるため、学習指導要領は改定され、子どもたちは新しい学びを学習していく。学校での指導だけでなく、保護者との関わりも生きる力を伸ばすために重要だ。

子どもが夢中になることはとことんさせる、子どもからの愛情を受け入れ惜しみなく愛情を注ぐ、生活リズムを安定させるなど、自分に自信が持てるように、また相手を思いやる気持ちを持てるようにフォローしよう。それが生きる力の基礎となり、未来を生き抜く力を育むことにつながるのだ。

結論

新学習指導要領で掲げられている「生きる力」について解説した。予測困難な未来を担う子どもたちに社会ができること、お父さんお母さんができることは実はとても多い。小中学生の子どもだけでなく、乳幼児であっても人と人との関わり方は重要だ。子どもたちが、生きる力、生き抜く力を育んでいけるように温かく見守り支えていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ