このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子どもの【生きる力をつける】には?思考力・判断力・表現力を育てる方法

子どもの【生きる力をつける】には?思考力・判断力・表現力を育てる方法

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2019年12月17日

新学習指導要領の中で、たびたび「生きる力」というキーワードが登場する。これは時代の変化に対応して、子どもたちが将来を生き抜くために必要な力とされている。では生きる力とは具体的にどのようなものを指すのだろう。そして子どもに生きる力をつけるには、どうすればよいのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「生きる力」というキーワードの背景

文科省は新学習指導要領の市民向け解説動画の中で、「何を学ぶか、何ができるようになるか、どのように学ぶか、といったことを重視し、生きる力を育むことを目標としている」と述べている。しかしこの生きる力というキーワードは、今回の新学習指導要領からいきなり登場したものではない。

10年以上前に出された、平成8年の中央教育審議会答申のなかで、新学力観を継承・拡充するための概念として、この「生きる力」が提起されているのだ。この答申には「社会の急速な変化に対応するためには、生きる力を育むことが重要だ」といった内容が記載されている。

中央教育審議会答申では同時に、主体的に行動することや問題解決能力の重要性にも触れており、2020年の小学校を皮切りに実施される、新学習指導要領を先取りしたような内容となっている。

生きる力が提起された平成8年当時よりも、現在の社会の変化は一層激しくなっており、ますます生きる力は重要となるだろう。

2. 文部科学省が提唱する「生きる力」の定義

では「生きる力」とは、具体的にどういったことを指しているのだろうか。平成22年に文部科学省は保護者向けパンフレットで、生きる力を以下のように定義している。

● 基礎的な知識・技能を習得し、それらを活用して、自ら考え、判断し、表現することにより、さまざまな問題に積極的に対応し、解決する力

● 自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性

● たくましく生きるための健康や体力 など

※引用:「学校・家庭・地域が力をあわせ、社会全体で、子どもたちの「生きる力」をはぐくむために~ 新学習指導要領 スタート ~


新学習指導要領では、このような生きる力を育むための3本柱として「知識及び技能」「思考力、表現力、判断力等」「学びに向かう力や人間性など」を挙げ、育成の必要性を示している。

3. 社会を生き抜くための「生きる力」を伸ばす方法

生きる力に関わる能力は、どのように伸ばせばよいのだろうか。思考力・判断力・表現力にしぼり、家庭でできる取り組みをご紹介しよう。

「思考力」を伸ばす方法

生きる力を育むために、自分で課題を見つけ自ら解決策を導き出す力が重要視されており、それには思考力が欠かせないだろう。

思考力を伸ばすためには、子どもの素朴な疑問に対し「わからない」と突き放さず、すぐに何らかのアクションを起こすことが大切である。子どもは興味が持続しないからだ。

お父さんやお母さんが答えを知っているときは、すぐに答えてあげるとよいだろう。その後子どもが「じゃあこれはどうして?」とさらに興味を持ったときには、「どう思う?」と子どもに問いかけて考えさせるようにすると、一層思考力が高まる。

子どもの疑問に対する答えを知らない場合は、子どもと一緒に調べてみてほしい。「自分で調べなさい」と言うと、そのままになってしまう子どもも多いのだ。しかし一緒に調べてあげることで、子どもの調べようとするモチベーションはアップする。このように疑問を持ち、それを解決する行為は、生きる力に重要な思考力を育てる基礎となるだろう。

「判断力」を伸ばす方法

生きる力に大切な判断力は、子ども自身で物事を決定する機会を多く持たせると鍛えることができる。例えば「おやつを買うときに金額を決め、その金額内で自由に買い物をさせる」「お出かけの際、目的地や交通手段などの計画を子どもに決めさせる」といった方法が考えられる。

失敗することも出てくるかもしれないが、失敗も判断力や思考力を磨くよい機会となるだろう。お父さんやお母さんは、なるべく口を出さずに見守ってほしい。

「表現力」を育てる方法

生きる力に大切な表現力は、親子の普段の会話や絵本の読み聞かせなどから伸ばすことができる。

子どもと会話をするときには、子どもの話した内容を膨らまして言葉を返すことで、ボキャブラリーが増え、表現力が豊かになると考えられる。例えば子どもが「お花」と言ったときには、「きれいな赤いお花だね」というように返してみよう。

絵本の読み聞かせは、ボキャブラリーを増やすとともに、絵本のストーリーを通し、さまざまな感情も学ぶことができるため効果が期待できる。

結論

生きる力は、変化が早く不確実性が増す時代を生き抜くために欠かせないものだ。しかし、生きる力は家庭生活の中でも育むことはできる。生きる力を意識した取り組みを、ご家庭でも取り入れてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ