このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【学力向上アクションプラン】とは?文部科学省が推進する背景も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月19日

「学力向上アクションプラン」という言葉を耳にしたことがあるだろうか?実は文部科学省が15年以上も前から実施していた、次世代を担う子どもたちのための教育計画だ。このページでは、文部科学省の公開情報をもとに学力向上アクションプランについてわかりやすく紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 学力向上アクションプランとは?

学力向上アクションプランとは「確かな学力」向上のために、文部科学省が平成15年度から実施している計画だ。この学力向上アクションプランは、大きく分けて以下4つの取り組みから成る。
  • 個に応じた指導の充実~習熟度別指導などのきめ細かな指導を実現~
  • 個性・能力の伸長~特定分野において卓越した人材を育成~
  • 学力の質の向上~学ぶことの楽しさを体験させ、学習意欲を高めるとともに、学びの質を向上させる~
  • 英語力・国語力の増進~英語によるコミュニケーション能力の飛躍的向上とその基礎となる国語力の推進~
文部科学省の公式HP情報を元に挙げてみたが、これだけでは「学力向上アクションプランがどんなものなのか?」ピンと来ない方も多いだろう。まずは、なぜ文部科学省が学力向上アクションプランを推進し始めたのか、その背景から見ていこう。

2. 文部科学省が学力向上アクションプランの計画を推進した背景

文部科学省が学力向上アクションプランを推進した背景には、次のような事実がある。

日本の子どもの学習への意欲は低下傾向に

学力向上アクションプランが決定された2003年の国際調査では、結果として日本の子どもの学習への意欲低下が明らかになってきた。ちなみにその国際調査は以下の2つで、主に読解力や理数科目の理解度を測る調査だった。

・PISA(OECD生徒の学習到達度調査)
2003年は世界41か国・地域から15歳児27万人が参加。読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーを主要3分野として調査した。

・TIMSS(国際数学・理科教育動向調査)
2003年は世界46か国・地域から22万人が参加し、日本では小4と中2が対象となった。算数(数学)、理科の教育到達度を国際的な基準で判定する調査である。

子どもの「確かな学力」が求められる時代

近年問題視されていたのは子どもの学力低下だけではなかった。全国的・国際的なさまざまな調査結果から明らかになったのは、日本の子どもの「表現力」「判断力」の低さや、そもそもの学習意欲や学習習慣の不足だった。そのため政府は知能や技能だけでなく、学ぶ意欲や主体的に問題解決していく力を教育現場で育てていきたいと考えた。それを「確かな学力」を育む教育とし、学力向上アクションプランのコンセプトとなった。2004年に閣議決定された「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2004」でも、教育現場の活性化に向けた改革の1つとして「確かな学力」向上が挙げられた。

3. 学力向上アクションプランの施策内容

学力向上アクションプランの目指すところが、少しお分かりいただけただろう。最後にほんの一部だが、学力向上アクションプランの施策内容を紹介する。

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SELHi)の拡充

理数教育や英語教育に力を入れている約175校の高校を指定校に認定し、大学と連携した研究やカリキュラムの開発を推進する。

理科大好きモデル地域事業の創設

学力向上アクションプランの新規事業。全国20地域のモデル地域と、200校ほどの理科大好きスクールが一体となって科学技術・理科教育の充実を図る。地域の科学館や大学との連携、理数教材を開発して学校で活用するなどの活動がある。

小学校英語活動地域サポート事業の設立

学力向上アクションプランの新規事業。英語指導の専門的な教育を受けていない教員をサポートする事業。年間指導計画や教材の開発、指導力向上のためのワークショップの開催など。

国語力向上推進事業の拡充

「表現力」をはじめとする国語力向上に向けた取り組み。独立行政法人教員研修センターで行う教職員の研修、子どもの読書習慣のために学校・図書館・家庭が連携する仕組み作りなどを行う。また学力向上アクションプラン開始以前から行っていた「国語力向上モデル事業」も継続している。

結論

学力向上アクションプランについて簡単に紹介した。子どもたちを取り巻く時代や、学習環境はどんどん変化していく。私たち大人も行政や学校任せにするのではなく、周りで行われているさまざまな教育の取り組みに、アンテナを張ることが大切だ。その第一歩として、学力向上アクションプランについてお子さんと一緒に、調べてみるのもいいかもしれない。学力向上アクションプランでは「確かな学力」向上のために、全国の地域や拠点校で取り組みが行われている。ぜひお近くの地域や学校で、どんな活動がされているかチェックしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ