このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
科学技術・理科大好きプランとは?文部科学省が唱える人材育成

科学技術・理科大好きプランとは?文部科学省が唱える人材育成

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月28日

テクノロジーやグローバル化が加速している昨今、子どもたちの理数教育の強化は急務である。あなたは「科学技術・理科大好きプラン」をご存知だろうか?「科学技術・理科大好きプラン」とは、文部科学省が優秀な科学技術系の人材育成のために2002年度から実施している施策だ。このページでは、文部科学省の情報をもとに「科学技術・理科大好きプラン」の主な4つの取り組みをわかりやすく紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スーパーサイエンスハイスクール

スーパーサイエンスハイスクール(以下「SSH」)は、科学技術分野の人材育成を目的に、理数教育に力を入れている学校として文部科学省が指定した高校だ。「科学技術・理科大好きプラン」が開始された2002年度から徐々に増え、いまや全国200以上の高校が指定されている。「科学技術・理科大好きプラン」に基づくSSH指定校では、以下のような取り組みを行っている。
  • 大学や研究機関・民間企業と連携して理数教育のカリキュラムを開発
  • 国際性を養うために、英語での理科授業やプレゼンテーション演習を行う
  • 子どもの創造性を高めるような指導法や教材の開発
  • 研究の成果を近隣の小中学校に普及する
「科学技術・理科大好きプラン」の実施にあたって文部科学省は「技術革新と産業競争力を上げるためには、科学技術系の優れた人材が不可欠」としている。つまりこのSSH事業は「科学技術・理科大好きプラン」のなかでも主軸と言えるだろう。また、文部科学省管轄の科学技術振興機構(JST)が、先進的な理数教育の研究に関わる経費等を支援し、SSH指定校をバックアップしている。

2. 理科大好きスクール

理科大好きスクールは、科学技術や理科教育に力を入れている学校として文部科学省が指定した小・中学校だ。「科学技術・理科大好きプラン」が施行された翌年の2003年度からスタートした事業で、全国20地域の約200校が指定されている。

IEA(国際教育到達度評価学会)が過去に行った調査では、理科の学習が「好き」「楽しい」と答えた子どもの割合が、日本は世界で最低レベルだという結果が出た。こうした背景もあり、「科学技術・理科大好きプラン」の一環である理科大好きスクール事業では、子どもの好奇心や探究心を高め、科学的な考え方を養うのが目的とされている。具体的には次のような取り組みが行われている。
  • 観察や実験、野外活動の機会を増やし、子どもの「学ぶ意欲」や探究心を高める
  • 理科や算数を専門とする教員による授業を行う
  • 観察や実験などにおいて、教員の指導力を上げるための講座を行う
また、理科大好きスクールは「科学技術・理科大好きプラン」のSSH事業と同様に、科学技術振興機構(JST)の支援により実施されている。

3. サイエンス・パートナーシップ・プログラム

「科学技術・理科大好きプラン」推進の背景には、子どもたちの「理科離れ」が問題視されていた事実がある。そこで文部科学省が「科学技術・理科大好きプラン」のなかでも多くの予算を投じてきた施策の1つが、このサイエンス・パートナーシップ・プログラムである。子どもたちが研究者に会って話を聞いたり実際に研究を体験したりすることで、科学技術への関心や探究心を深めることが狙いだ。対象は全国の中学校・高校で、具体的には次のような取り組みの支援を行っている。
  • 第一線で活躍する研究者・科学者を招いて特別講座を行う
  • 最先端の研究施設や機材をもつ大学や研究機関と協力した学習プログラムを行う
  • 全国の教育委員会や大学などで行う、教員向けの研修

4. 目指せスペシャリスト

目指せスペシャリスト事業は、2003年度に「科学技術・理科大好きプラン」に追加された施策だ。「科学技術・理科大好きプラン」において、将来の日本を支える優れた研究者や技術者を育てることは1つの大きなテーマである。そこで目指せスペシャリスト事業では、専門的な優れた技能をもつスペシャリストを育成するため、バイオテクノロジーやメカトロニクスといった先端的な技術を取り入れた教育や学習に力を入れている【専門高校】を指定校として認定している。そして、先端的な技術の修得法や開発法の研究、カリキュラムの開発などの支援を行っている。取り組みの一例は次の通りだ。
  • 希少植物の培養など市場性の高い新品種の開発
  • 専門高校の学生が受験可能な高度資格への挑戦とその支援
  • 専門高校の高い技術を生かした海外協力
子どもたちのスペシャリスト育成はもちろんのこと、教育の場である専門高校を活性化することも、「科学技術・理科大好きプラン」における目指せスペシャリスト事業の狙いである。

結論

「科学技術・理科大好きプラン」は9つの施策から成り、そのうちの主な4つを取り上げた。さまざまな施策があるが、すべては技術革新と優秀な科学技術系の人材育成を目的に実施されている。ネットで調べてみると、「科学技術・理科大好きプラン」で各事業の指定校に認定された中学や高校のホームページを見ることができる。各学校の実験の様子や成果発表を見るだけでも楽しめるだろう。ぜひ時間があるときに、お子さんと調べてみてほしい。「科学技術・理科大好きプラン」をきっかけに、理数教科に興味を持つ子どもたちが増えてくれることを願う。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ