このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どものいたずら対策とは?年齢別の先回りポイントを解説!

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年12月24日

「子どもの自発性を伸ばすには、成長過程で見られるいたずらも大切」という話を聞いたことがないだろうか。頭ごなしに叱るのはいけないとはわかっていても、子どものいたずらには、やきもきしてしまうものである。子どもの年齢に合わせたいたずら対策のポイントを知り、少しでもイライラを軽減しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 0歳児のいたずら対策【環境作りで対策】

子どもが0歳の時点でやっておきたいのは「いたずらできない環境作り」である。これは0歳のみならず、幼児期に渡って有効だ。いたずらそのものをできないようにしておけば、お父さんやお母さんのイライラも軽減するだろう。

第一に重視したいのは、いたずらされたくないものを、子どもの手の届かない場所へ置くようにすること。消費者庁(※1)によると、0歳児の生活事故で2番目に多い原因が「ものがつまる」ことである(ちなみに、1番は「転落」)。いたずらされたくないものは、食器棚やキッチン上の収納やカギ付きの引き出しなど、子どもが絶対に開けられない場所へ収納しよう。子どもの興味を引かないためには、「目に入らないようにすること」が重要だ。

いたずら防止グッズを使うのもよい対策である。いたずらしがちなタンスや冷蔵庫のドアストッパー、コンセントカバー、窓ロックなどがある。どうしてもいたずらされたくないものを出す際は、そのときだけベビーサークルに入ってもらう方法もある。

2. 1歳児のいたずら対策【いたずらできない環境の強化】

1歳児なら引き続き、いたづらできない環境作りを強化することで対策しよう。1歳児は0歳児よりも手の届く範囲が広がっているため、0歳児の頃は対策していなかった場所でいたずらをする可能性がある。

ベビーサークルやベビーゲートで進路をふさぐ対策は、多くの家庭でおこなわれている。このほか、ダイニングテーブルの椅子を収納してしまい、使うときだけ出す家庭も多い。いたずらされたくない場所には、人工芝を置くのが有効な場合がある。通るとチクチク痛いため、赤ちゃんが行きたがらなくなるという。大人目線だと不便に感じられるかもしれないが、子どものいたずら防止と安全対策には変えられないだろう。

一方で、全部が全部いたずらできないようにしてしまうと、子どもフラストレーションが発散されない懸念もある。危険のない1箇所のみいたずらできるようにしておいて、「ここなら遊んでもいいよ」と教えれば、子どもの心を満足させつつ、いたずら対策できる。

3. 2歳児のいたずら対策【理由を説明】

「魔の2歳児」ともいわれる子どものいたずら対策には、根気強い言い聞かせがより重要性を帯びてくる。もちろん、いたずらできない環境作りは大切だが、いたずら防止グッズを自分で解除できるほどの成長も見られる時期だ。

いたずらに対する言い聞かせは、0歳の頃から積極的に取り組みたい対策ではある。一般的に、0~1歳児と2歳児の違いは、言葉の理解と精神面の発達にある。言語力やメンタルがより成長する2歳頃になると、なぜいたずらをしてはいけないのか、行動と理由の関係が少しずつわかってくるため、「いたずらをしてはいけない理由」を根気強く伝え続けることがコツだ。

4. 3歳児のいたずら対策【恐がるものを置くのも対策の1つ】

物事の良し悪しへの理解がより深まる3歳児は、2歳頃と比較し、より認知力や身体能力が向上する。頭で考えて「試してみたい」という意欲も見られる一方で、いたずらをしても「お父さんやお母さんが対処してくれるだろう」という甘えも見られる。

この時期のいたずらには「適切な叱り方」で対策することも大切だ。してはいけないこと、その理由を説明するときは、仰々しい反応をせず、子どもの目を見て、やや低めの声で淡々と叱るのがコツである。

怒りにせよ驚きにせよ、子どものいたずらに対しオーバーリアクションすると、子どもはその反応が「おもしろい」と感じ、いたずらを繰り返す可能性があるためだ。叱ったあとは、間を置かず違う遊びを提案するのも、いたずらを繰り返さないコツである。これらの叱り方は、3歳未満でも有効な場合があるため、試してみてほしい。

3歳頃であれば、いたずらしてほしくない場所に、子どもが日頃から恐がるおもちゃやイラストなどを置いておく対策も効果的な場合がある。「いたずらをしたら、恐いできごとが起こる」という認識が、いたずら防止につながるという。

結論

子どものいたずらには年齢別の対策も大切だが、まずは環境を整えることが大切である。いたずらに手を焼く親も多いが、実は真剣に相手をしすぎないことも重要だ。また、子どもがいたずらに満足すれば、パタッと止めることもある。子どもに危険がなく、親の心身に余裕があるのであれば、一度、思いきりいたずらさせてみるのも1つの方法だ。

(※1)消費者庁:子どもの事故防止に向けて

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ