このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

赤ちゃんの上手な爪切りのやり方とは?頻度や爪切りの選び方も解説

投稿者:ライター 石上 文(いしがみ あや)

2019年12月29日

赤ちゃんの手足は小さく、爪は驚くほど小さい。小さな爪を切るのは難しく、特に初めての赤ちゃんの爪切りは緊張するものだ。しかし、小さいうちは新陳代謝が高く爪が伸びるのが早い。爪で顔を傷つけることを避けるためには、頻繁な爪切りが必要である。今回は、赤ちゃんの上手な爪切りのやり方や、爪切りの選び方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんの爪切りはいつから?タイミングや頻度は?

赤ちゃんの爪はお母さんのお腹の中にいる時から伸び始めているため、生まれてすぐに爪が伸びているということもある。そのため、初めての爪切りは早くて入院中、または退院後すぐのことが多い。赤ちゃん用爪切りは、出産準備リストにいれて、早めに準備しておこう。

新生児の爪の切り方

爪が伸びていると、新生児は顔に爪をひっかけて傷を作ってしまったり、把握反射により強く握りしめると傷がついてしまうことから、爪は頻繁に切っておくことが好ましい。
しかし、爪を切る際は、指を固定してしまうと、新生児の小さい指は骨折の可能性がある。手全体をを優しく包み込みながら、爪を切る指を一本だけ立てて大人の指側面にのせ、丁寧に4・5回に分けて少しずつ切ろう。最後にヤスリで整えてなめらかにすると、より安心だ。
また、新生児特有のモロー反射によって、突然動いてしまうこともあるため、寝ている時間の爪切りでも注意が必要だ。

爪切りのタイミング

爪切りのタイミングは、暴れる心配のないお昼寝中が好ましい。手と足の爪を慎重に時間をかけて切るので、ぐっすりと仰向けで寝ている時がよいだろう。その他、母乳やミルクに夢中になっている授乳中もおすすめだ。その際は、お父さんと協力して爪切りにチャレンジしよう。反対に、爪切りを避けたいタイミングは、お風呂上がりだ。爪が柔らかくなるため、大人の爪切りは風呂上がりにする方も多いが、赤ちゃんの場合は柔らかくなりすぎるため深爪の原因になりやすいのだ。

爪切りの頻度

赤ちゃんは大人に比べて新陳代謝が活発で、爪が伸びるのも早いため、3日に一度は爪切りをする必要がある。こまめに爪が伸びていないかをチェックしてみよう。爪が伸びているのかの基準は、手のひらを広げて爪がはみ出して見えるか否かだ。爪が伸びる早さは個人差があるので、爪が伸びていないか、爪で顔などに傷がついていないかを定期的にチェックしよう。

2. 嫌がる赤ちゃん 上手な切り方

爪切りは3・4日に一度、頻繁に行う必要があるため、赤ちゃんにとって安全に、親にとってストレスもない上手な切り方をマスターしたい。

爪切りを嫌がったり、暴れたりすると指を切ってしまったり深爪になる危険がある。そのため、しっかりと手や指を固定する必要がある。ねんねの時期は頭側に座り、おすわりができるようになったら膝の上に乗せて覗き込む形になることで、爪の形がわかりやすい。大人の爪と違って、アーチ型ではなく直線に近いため、一度に切るのではなく少しずつ角度を変えながら切るとよい。切り方が悪く爪が尖ってしまうと、洋服にひっかかったり顔に傷がついてしまうため、ハサミややすりなどの爪切り道具を使い分けて滑らかになるように整えよう。

活発に動く時期になると、手を振りほどいたり暴れたりと爪切りが難しくなることも多い。夫婦で協力をして絵本を読み聞かせたりしながら、まとめて切ろうとせずに一本ずつ挑戦してみよう。また、まだ言葉がわからない時期であっても声かけは大切である。「今から爪切りをするよ」と優しく語りかけながら切ってみよう。

3. 赤ちゃんの爪切りの選び方

赤ちゃんの爪は大人と違い、薄くデリケート。そのため赤ちゃんの爪を切るための専用の爪切りが必要だ。赤ちゃんが生まれてすぐに必要になるため、事前に検討して購入しておこう。

はさみタイプ

小さいハサミ形をしたはさみタイプは、育児用品メーカーからもたくさん販売されており、一般的によく使われている。赤ちゃんの爪の形に合わせて設計されているため、刃渡りも短く、先が丸いので安全だ。はさみのように持てるので、初めてでも扱いやすい。はさみタイプは、新生児用と3ヵ月以降用に分かれていることもある。

やすりタイプ

怪我や深爪が怖く、はさみで切るのは緊張するという方にはやすりタイプがおすすめだ。爪を切らずに削って整えるため、時間はかかるが安心だ。電動タイプを使用すれば、一定の力で綺麗に爪を整えることができる。はさみタイプで爪切りをして尖ってしまった場合などに、やすりを使って整えると便利である。

クリップタイプ

大人用の爪切りを、赤ちゃんサイズに小さくしたのがクリップタイプだ。少し成長して爪が硬くなってきた時期に最適で、大人と同じ要領で爪を切ることができる。爪が飛び散らないようにストッパーケースがついていたり、爪が見えやすいようにルーペ付きの物もある。

結論

赤ちゃんの爪は小さく柔らかいため、丁寧に時間をかけて爪切りを行う必要がある。大人とは違い爪が伸びるのが早いため、3・4日に一度は爪が伸びていないかをチェックしよう。爪切りタイムは、大切な親子のスキンシップの時間である。優しく声をかけながら、リラックスして爪を切ってみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ