このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【スモールステップがカギ】マット運動の後転ができるようになるコツ

【スモールステップがカギ】マット運動の後転ができるようになるコツ

投稿者:元教員・体操 教室指導員 今井里香(いまいりか)

2020年1月 4日

マット運動の最初の壁は「後転」だ。前転まではスムーズにできる子どもが多いが、後転になるとできなくなる子どもが増える。そこで今回は、子どもの体操教室で実際に指導を行っていた筆者が、そのときの経験を踏まえながら「マット運動の後転ができるようになるコツ」を伝授する。小さなステップを一つずつクリアすることで、達成感を味わいながら後転の動きをマスターしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 後転の手順を確認

まずはマット運動の「後転」の手順やポイントを確認しておこう。
  • お尻をつけずにしゃがみむ。両手のひらを天井に向けて開き、耳の横につけて脇を締める。このときに「手はうさぎさん」と声をかける方がいるが、うさぎの耳のように手を頭の上に立ててしまうとうまくいかないので注意しよう。手のひらはしっかりと上を向いて、耳の横の位置にあることが大切だ。
  • 身体を丸くして後ろに転がり、手のひらをマットにつける。このとき背中を丸く、目線はお腹に向けさせることがポイントだ。
  • 手のひらで床を押すと同時に、腰の位置を高くし、後方をキックするように足を頭のほうに持っていく。
  • 足の裏を床につけて立つ。
後転は、上の1~4の動作をスムーズに行わなければならず、これがマット運動の後転を難しいと感じさせる要因のひとつかもしれない。筆者が指導していた体操教室では、こうした点を解消するため、後転に必要な動作をステップごとに切り分けて、一つずつ練習を進めていた。そうすることでステップごとのハードルが低くなり、達成感を得られやすくなるのだ。また、それぞれの動きがわかりやすくなるといったメリットもある。

ではさっそく実際の練習ステップを見ていこう。

2. ステップ1 だるまさん

マット運動の後転ができるようになるポイントの一つに、「身体を丸くして回る」というものがある。サイコロとボールを比べると、角がなく丸いボールの方がスムーズになめらかに転がる。これと同じように、身体を丸くすることでスムーズに後転ができるようになるのだ。

身体を丸くする練習に最適なのが、マット運動の「だるまさん」だ。両膝を立てて膝を抱え、背中を丸めて後ろに倒れ、ふたたび元の状態に起き上がるという動きだ。

後ろに倒れることが怖い子どもの場合は、寝転がった状態で膝を抱え、ゆりかごのようにゆらゆらする練習から始めるのもおすすめだ。

背中を丸める感覚がなかなかつかめない子どもには、「おへそを見てね」と声をかけるとよい。それでもうまくいかない場合は、あごにハンカチをはさみながら行わせると感覚がつかみやすくなる。

3. ステップ2 つま先を頭の上まで持っていく

このマット運動は、足を伸ばしてマットの上に座った状態から、後ろに倒れながら両足を持ち上げ、つま先を頭の向こう側のマットにつける動きだ。最初の「だるまさん」のマット運動で行った動きを意識し、背中を丸めて後ろに倒れるよう声をかけてほしい。

なお後ろに倒れることが怖いときは、寝転がった状態から足を持ち上げてもよい。

この足の動きがスムーズにできるようになってきたら、実際にマット運動の後転を行うときのように、手の動きもつけて挑戦させてみよう。

4. ステップ3 後転にチャレンジ

ここまでできたら、実際にマット運動の後転にチャレンジしてみよう。最初は少し傾斜をつけて、お尻をマットにつけた状態から後転にチャレンジさせる。傾斜がついていることで勢いをつけなくても回ることができ、後ろに回る感覚をつかみやすくなるし、「できた」という達成感も得られやすくなる。

少しずつ傾斜をゆるくし、お尻がマットについていない(しゃがんだ)状態から後転にチャレンジさせる。最終的には床面が平らな状態でマット運動の後転ができるように導いていこう。

後転が終わった後に膝をついて座ってしまう子どもも多い。その場合は、回り終えた後に足の裏をしっかりマットにつけることを意識させよう。

なお、お父さんお母さんが後転の補助をするときは、子どもの腰を持ち上げるようにすると、首に負担がかからずに安全に補助することができる。

結論

マット運動の後転は子どもが苦手意識を持ちやすい種目の一つであり、うまくいかないことで、マット運動だけでなく運動嫌いになるきっかけになってしまうこともある。マット運動の後転を指導するときには、一つひとつの動きを確認し、各ステップごとにクリアしていくことが大切だ。そうすることで子どもは「できた」という達成感を味わいやすくなるし、後転の動きやコツもつかみやすくなるだろう。マット運動の後転をクリアすることで自信がつき、運動全般に対するモチベーションもアップするのではないだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >