このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
イヤイヤ期はなぜ起こる?いつからいつまで続く?

イヤイヤ期はなぜ起こる?いつからいつまで続く?

投稿者:ライター 石上 文(いしがみ あや)

2020年1月17日

2歳前後にやってくるイヤイヤ期。自己主張が始まり、親の指示を嫌がって激しい癇癪を起こす子どもも多い。イヤイヤ期とはどんな時期なのか。「魔の2歳児」とも呼ばれるこの時期は、なぜ起こるのか。今回はイヤイヤ期のメカニズムや期間について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 成長の証!イヤイヤ期はなぜ起こる?

イヤイヤ期とは、第一次反抗期とも呼ばれさまざまなことに対して「いや!」と激しく自己主張をするようになる時期だ。一般的には、2歳前後に訪れると言われている。期間や程度には個人差があるものの、イヤイヤ期は成長・発達の過程で誰もが通る道である。自我の芽生えにより自身の欲求を認識したり、感情のコントロールや気持ちの切り替え方を学んだり、自立への第一歩が始まる大切な時期なのだ。

このような激しいイヤイヤは、脳の機能、特に前頭前野の衝動抑制の部分が未発達なことが原因だと言われている。相手の立場に立ったり、客観的に周りを見ることは2〜3歳の子どもにはまだ難しく、自我や欲求との折り合いがつきにくい。そのため、反抗して癇癪を起こしたり、イヤイヤ行動を起こすのだ。成長により脳の機能と言語能力が発達し、行動ではなく言葉で気持ちを伝えられるようになってくれば、次第に収束して行くことが多い。イヤイヤ期まっさかりの子どもは、お父さんやお母さんの提案に全て反抗したり、お風呂や食事、昼寝など毎日のルーティンに対しても拒否したりと癇癪を起こすことも。さらに身の回りのことを自分でやりたいと暴れたり、服装や持ち物に強いこだわりをもったり、公園に行くとなかなか帰らないなど、親子で毎日ヘトヘトになってしまうことも少なくない。

2. いつからいつまで?イヤイヤ期の始まりは

イヤイヤ期が始まると、いつまで続くのかと途方にくれる方も少なくない。一般的には、「魔の2歳児」と呼ばれているように、1歳半から2歳半の間に始まり、数ヶ月から1年程度続く子どもが多い。この年齢で終わりと明確なゴールがあるわけではないため、いつまで続くのか不安に感じる方も多いだろう。イヤイヤや癇癪がおさまったと思ったら、パワーアップしてイヤイヤ期が再来したというケースもある。また少数派だが、1歳前後や3歳前後で始まったというケースもある。

このように、イヤイヤ期は2歳前後の時期をさすことが多いが、実はイヤイヤ期と同じような自己主張は生後6ヶ月頃から始まっている。赤ちゃんがオムツが濡れて嫌がったり、眠くてぐずったりなど、生理的欲求以外で泣いて自己主張することを始めた時期から、イヤイヤ期が始まっているのだ。そして、イヤイヤ行動が激しく頻繁になりピークを迎えるのが2歳前後である。1歳半をすぎると、言葉が出てくる子どもも多いが、自分の欲求をうまく言葉で表現するにはまだ難しい時期だ。言葉でうまく伝えることはできないが「着替えは自分でしたい」「食べ物はこれがよい」「親に命令されて行動したくない」といった細かいこだわりや自己主張が出てくることが重なって、2歳前後は癇癪を起こしたり、イヤイヤ行動がエスカレートしやすいのだ。

3. 大人への第一歩 イヤイヤ期は親子の学びの時期

生まれたばかりの赤ちゃんを育てている方は、2歳のイヤイヤ期がくるのを憂鬱だと感じてしまう方も多いだろう。

イヤイヤ期の親への反抗は、人生最初の親からの自立の第一歩と言われている。これまでの赤ちゃん時代は、一方的にお世話をして、全ての行動を親が決めていたが、イヤイヤ期がくると親にあれこれ指示されることをなんでも嫌がって天邪鬼になってしまう。年齢とともに親がどれだけ子どもに手出し口出しをするべきなのか、時には手を離して存分に挑戦させるべきなのか、イヤイヤ期を通じで学ぶことができるだろう。また、イヤイヤ期の癇癪や反抗があまりにひどいからといって、これまでの育て方が影響しているというわけではない。前述した通り、イヤイヤ期がおこるメカニズムは脳にある前頭前野が未発達であることに起因しているため、脳の成長とともに必ず終わりがくる。これまでの育て方を後悔したり、子どもがわがまますぎるのではと必要以上に悩んだりせずに、発達過程の一時的なものだと割り切って対応しよう。

イヤイヤ期は自立のために必要な学びの時期と、ポジティブに捉えることが大切だ。しかし、イヤイヤ期で疲弊してしまったら1人で抱え込まず周りの人に相談したり、たまには手を抜いて親子でうまくリフレッシュしよう。

結論

イヤイヤ期は自我の芽生えと脳が未発達であることから起こり、成長の過程では程度の差はあれど誰しもが通る道である。一般的には2歳前後から始まり、3歳過ぎまで続くことが多い。親からの自立の第一歩と捉えて、ポジティブに乗り切ろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >