このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どものお着替えはいつから自分でできる?上手な着替えの教え方

投稿者:ライター 石上 文(いしがみ あや)

2020年1月13日

赤ちゃんの頃は簡単だった着替えの手伝いも、自我の芽生えとともに、動き回ったり嫌がったりすることも増えてくる。しかし、このような子どもの姿は、着脱の自立に向けての成長の一つだ。では、子どもが自分で着替えができるようになるのは、何歳頃なのだろうか。今回は、上手な着替えの教え方や親のサポート方法のコツについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自分で着替えができるのは何歳から?

個人差はあるが、着替えに興味を示し出すのは2〜3歳頃が多い。幼稚園入園や、習い事などで着替えが必要になる4〜5歳頃には、ひと通りスムーズ着替えできるようになるっていると安心だ。4〜5歳になると、成長により手足が器用に動かせるようになるため、着替えも上手になってくる。

シャツやズボン、靴下など洋服の種類によって、着替えの難易度が異なるため、成長により段々と着替えができる洋服が増えていく。年齢や発達に合わせて、上手にサポートしながら、着替えの仕方を教えることがポイントだ。

2. 1歳・2歳・3歳 教え方のポイント

年齢別、成長に合わせた着替えの教え方を紹介する。

1歳 着替えに興味を持ちだしたときが教えるタイミング

1歳半を過ぎると、着替えを自分でしたいという自我が芽生える子どもも多い。この時期はまだ着替え自体は難しいが、靴下やズボンを自分で脱ぐことはできるようになる。服を脱ぐときにバンザイをしたり、言われた通りに袖に手を通したり、ズボンに足を入れたりするなど、着替えの仕方を学び出す時期だ。「ズボンを履こうね」「ここに手を通そうね」と着替えのやり方や順序を確認しながら、声かけをすることが大切だ。

2歳 イヤイヤ期のポイントは?

2歳のイヤイヤ期には、親の着替えの手伝いを拒否して「自分でする」と主張し始める子どもも多い。「自分でしたい」という子どもの気持ちを尊重して、できる限り挑戦させてみよう。

しかし、「自分でしたい」という気持ちとは裏腹に、2歳の頃はまだ手先がうまく使えないため、癇癪を起こしてしまうこともある。そのため、子どもが自分で着替えやすい洋服を選ぶことも大切なポイント。トップスはボタンなどがなく頭が通しやすい広さのもの、ボトムスはタイトすぎないウエストゴムのものがおすすめだ。伸び縮みしやすい素材のものだと着替えやすいだろう。子どもが「自分でできた」という達成感を積み重ねることができるように、上手にサポートしよう。

3歳 毎日の着替えを習慣に

3歳になると、後ろ前を確認したり正しい洋服の着方を意識して、着替えることができる。自分で洋服を選んだり、子どもによってはコーディネートをし始めたり、着替えは自分でするものだという意識が高まってくるのだ。

3歳を過ぎると手先が器用になってくるため、徐々にボタンかけの練習にもチャレンジできる。着替えの中でも難易度の高い、シャツやブラウスにも少しずつ挑戦しよう。毎日の着替えを自分でスムーズにできるように習慣づけをしておくと、幼稚園入園や、スイミングなどの着替えが必要な習い事を始める時も心強い。2歳の時と同じように、着脱しやすい洋服選びも重要だ。

3. 着替えの教え方、サポートのコツは?

子どもが上手に着替えられる、着替えの教え方のコツを紹介する。

着替えやすい洋服選びのコツ

着替えを自分でするようになると、子どもでも着脱しやすい洋服を選ぶことが大切だ。タイトな作りのものは着替えがしにくいので、伸び縮みしやすい素材のゆったりとした作りの洋服が好ましい。ボトムスはウエストゴムのズボン、またはスカートが履きやすい。

また、子どもが自分で着替えをする際に難しいのは、洋服の後ろ前だ。着替えを自分で始めだした時期は、後ろ前のあまり関係のない服を選ぶとよいだろう。後ろ前がある洋服は、あらかじめ床の上に間違えないようにセットしておくと分かりやすい。肌着やパジャマなどに後ろ前がわかる簡単な印をつけて、正しく着る練習をする方法もおすすめだ。

親の上手なサポート方法

着替えの仕方を子どもが習得していく過程では、親のサポートが不可欠だ。着替えがうまくできなくて癇癪を起こしてしまった時も、叱ったり過度な手助けをしたりせずに、まずは気持ちを受け止めて、最小限のサポートにとどめよう。子どもが気づかない程度の手助けにすることで、自分でできたという気持ちを育てることができる。

また、子どもは、上の服を脱げなくなってパニックを起こしやすい。このようなつまづきやすい部分はそっとサポートしてあげると、着替えに対してストレスが溜まりにくい。着替えが上手にできた時や挑戦してみた時は、存分に褒めてあげることも大切である。一つひとつ、小さなことでもできたことに目を向けて「上手にできたね」「すごいね」といった声かけを忘れずにしよう。

結論

着替えを自分でできるようになるのは、親からの自立の第一歩だ。年齢や発達、本人の興味に合わせて、着替え方を教えることが大切である。着替えは成長すると必ずできるようになることなので、焦らずゆっくりとサポートしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ