このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どものお留守番には見守りカメラが便利!詳細を解説!

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2020年1月25日

共働き家庭の中には、小学校入学を機に子どもを1人で留守番させる機会が増える家庭もあるのではないだろうか。しかしいくら子どもが小学生になったとしても、1人で留守番させることに不安を感じている方は多いかもしれない。そんなときに強い味方となってくれるのが見守りカメラだ。そこで今回は、見守りカメラのおすすめ商品や設置方法、予算などをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもの留守番に役立つ見守りカメラとは

見守りカメラとは、留守中の家の中の様子を撮影し、その映像を外出先でもスマホやパソコンなどからリアルタイムに確認できるもので、「ネットワークカメラ」などとも呼ばれている。留守番中の子どもの見守りだけではなく、ペットや高齢者の見守りや防犯目的などにも利用できる。

最近は子どもの留守番を想定したものも販売されており、留守番中の様子を確認するだけではなく、子どもと会話ができる、室内の温度を感知するなどさまざまな便利な機能がついているものもある。

留守番中の子どもの様子を見守るだけではなく会話もできることで、お父さんお母さんはもちろん、子どももより安心して留守番ができるのではないだろうか。

2. 見守りカメラの設置方法

留守番の見守りに利用するカメラは、昔ながらの防犯カメラとは違って設置が簡単なものが多いところも魅力だ。自宅にインターネット回線さえあれば自分で設置することが可能なので、手軽に利用することができるだろう。

とくに棚などに置いて使用するタイプは、カメラの取り付けの手間もなく、Wi-Fiiなどの設定を行うだけですむ。なお設置方法や設定方法はカメラの種類によって異なるので、説明書などで確認してみてほしい。

3. 見守りカメラ費用の相場

では子どもの留守番に役立つ見守りカメラの費用相場はどれくらいなのだろうか?価格ドットコムを見てみると、その価格は5000円前後〜20000円前後と幅広い。価格にかかわらず、留守番に適した見守りカメラの多くに会話機能や暗視機能、録画機能などがついている。

例えば楽天市場の5000円台の見守りカメラにも20000円台の見守りカメラにも、同じように会話機能、暗視機能、録画機能がついている。口コミなどを参考に、各家庭の予算やライフスタイルなどに応じて、子どもの留守番に最適なものを選んでほしい。

なお見守りカメラはインターネット回線を使用するため、家にインターネット回線がない場合は、その利用料や設置費用などもかかるのでその点も頭に入れておく必要がある。

4. 見守りカメラのおすすめ3選

子どもの留守番対策に見守りカメラの導入を考えている方のために、おすすめの見守りカメラをご紹介しよう。

パナソニック「おはなしカメラキット」

このカメラは無線LANを利用するタイプで、ご家庭にWi-Fii環境が整っていればアプリの設定などをすませるだけで利用が可能だ。映像の確認はもちろん、子ども側から会話したいときは、ボタン一つで簡単にお父さんやお母さんのスマホにつながるので安心だ。動作検知、温度検知などの機能がついており、何か異変があったときにはスマホに知らせが届く。機能が充実しており、共働きなどで子どもに留守番をさせる機会の多い家庭にとくにおすすめだ。

Homscam「ネットワークカメラ」

会話機能や動体検知機能など、子どもの留守番の見守りに必要な最低限の機能を備えていながら、リーズナブルな価格が魅力だ。見守りカメラを試しに使ってみたいという方や、使う頻度が少ない家庭にとくにおすすめだ。

アルコム「 簡単IPネットワークカメラ」

この見守りカメラは、鮮明な画像や設定方法が簡単で有線・無線どちらにも対応しているところが使いやすさのポイントだ。部屋の温度も確認できるので、子どもの留守番中の体調管理にも役立つだろう。

結論

子どもの留守番に不安を覚えるお父さんお母さんは多いだろう。しかし見守りカメラがあれば、そんな留守番の不安を少し軽減させてくれるかもしれない。ただ使い方を間違えると、子どもが留守番中に監視されているように感じるなどのデメリットも発生するため、留守番中の子どものプライバシーにも配慮しつつ取り入れてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ