このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スタイの臭いはオキシクリーンで解決!手軽な洗濯方法とは?

スタイの臭いはオキシクリーンで解決!手軽な洗濯方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月28日

スタイをした赤ちゃんを抱っこしたときに、臭いが気になったことはないだろうか?毎日洗っているはずでも、スタイはよだれやミルクなどで汚れやすく、普通の洗濯方法では臭いの解消が難しい。そこで、おすすめなのが「オキシ漬け」で知名度の高いオキシクリーン。オキシクリーンを使った洗濯方法やメリット、類似の100均商品との違いなど解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オキシクリーンを使った洗濯方法

赤ちゃんのスタイが臭い理由

赤ちゃんのスタイには、母乳やミルク、よだれなどの一日の汚れが染み込んでいる。これが栄養分となって雑菌が繁殖し、不快な臭いの原因となっているのだ。通常の洗濯では、この雑菌が死滅しないため、洗って乾かした後でも、スタイの臭いは残ったままになる。

スタイの洗濯方法

スタイをオキシ漬けで洗濯する手順

  •  スタイに付いた食べこぼしなどの汚れをサッと水洗いする。
  •  浸け置きする容器に40~60度のお湯を入れておく。
  •  お湯4リットルに対して付属の計量スプーンでライン2の量のオキシクリーンを入れて溶かす。
  •  3にスタイをしばらく浸けておく。(最大6時間)
  •  スタイを水ですすいで、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗う。

スタイをそのまま洗濯機で洗うとき

スタイがあまり汚れていなければ、そのまま洗濯機で洗うだけでもOK。洗濯槽に直接オキシクリーンを入れてからスタイと他の洗濯物を入れ、その後普通に洗濯洗剤や柔軟剤を入れる。ガーゼなどのデリケートな素材のスタイは、洗濯ネットに入れて洗うようにしよう。面倒でなければ、通常の衣類と分けて、大人のブラウスやランジェリーなどのデリケートなものと一緒にソフト設定で洗うことをおすすめする。

2. オキシクリーンのメリット

色柄ものやデリケート素材にも使える

オキシクリーンは酸素系漂白剤なので、広く市販されている塩素系漂白剤と違い、色柄物にも使える。さらに、塩素系漂白剤は塩素が残留して衣類の繊維を傷めてしまうことがあるが、酸素系のオキシクリーンにはその心配はない。スタイの素材など気にせずに使えるところが嬉しい。

香りが気にならない

塩素系漂白剤は塩素の刺激的な香りが残りやすいが、オキシクリーンは微香料で香りを気にせずに使える。スタイは赤ちゃんの顔の近くに身につけるものなので、香りに敏感な赤ちゃんでも安心だ。

用途がたくさんある

オキシクリーンは、濃度を調節すればさまざまな用途で使える。つけ置きやこすり洗いなど、洗濯だけでなく、キッチン・リビング・玄関・お風呂場など、家中の汚れ落としにも使用できるのだ。スタイの洗濯のためだけではなく、用途がたくさんあるのでお得感がある。

3. オキシクリーンに類似の100均のオキシウォッシュとの違い

成分の比較

商品の成分表を見てみると、オキシクリーンの成分は、過炭酸ナトリウム・界面活性剤・炭酸ナトリウムである。それに対して、オキシウォッシュの成分は過炭酸塩、炭酸塩、水軟化剤、過硫酸塩、界面活性剤である。過酸化ナトリウム、炭酸ナトリウムはそれぞれ過炭酸塩と炭酸塩なので、オキシウォッシュにはオキシクリーンの成分が全部含まれていることになる。

コスパの比較

オキシウォッシュもオキシクリーンも、洗濯に使う場合は40リットルにつき30グラムと同じ量を使用する。オキシウォッシュは100均で120グラム入りが100円、オキシクリーンは2270グラムが2480円。洗濯1回(30グラム)あたりで考えるとオキシウォッシュは25円、オキシクリーンは約33円と、オキシウォッシュの方がコスパがよい。

使用方法の比較

オキシウォッシュでスタイを洗濯する手順は、オキシクリーンとほとんど同じだ。さらに、オキシウォッシュもオキシクリーンと同様に、スタイの洗濯だけでなく、キッチン・リビング・玄関・お風呂場など、家中の汚れ落としに使用できる。

結論

スタイの臭い解消には、オキシクリーンが効果的であることがわかった。赤ちゃんのスタイは臭うものとあきらめていた方には、ぜひオキシクリーンを試してみてほしい。また、100均のオキシウォッシュにも同じ成分が含まれている。入門編として、低価格のオキシウォッシュから試してみるのもよいだろう。スタイの臭いを解消して、大人も赤ちゃんも快適な毎日を目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >