このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おむつをテープタイプからパンツタイプに切り替えるのはいつから?

おむつをテープタイプからパンツタイプに切り替えるのはいつから?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月28日

赤ちゃんがよく動くようになってくると、「テープタイプのおむつを卒業して、パンツタイプのおむつに切り替えようかどうしようか」と悩む方も多いのではないだろうか。そこで今回はテープタイプとパンツタイプのおむつの違いやパンツタイプのおむつに切り替えるタイミング、パンツタイプのおむつに切り替えるメリットについて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テープタイプとパンツタイプの違いはどこにある?

まず、テープタイプのおむつは平面状に開いた状態でおむつを赤ちゃんのお腹と背中にあて、テープを貼ることでおしりをくるむ。そしてテープを貼る位置によってサイズを調整することができる。また、テープタイプのおむつは赤ちゃんが仰向けで寝ている状態でおむつ替えしやすく、新生児期から使用することができる。

一方、パンツタイプのおむつは名前のとおり肌着のパンツのような形をしている。ウエスト部分や太もも部分がゴムになっているため身体にフィットしやすく、足を通して履くだけなのでサイズを調整する必要もない。さらには立った状態でおむつ替えがしやすいという特徴もある。また、横の部分は手で簡単に破ることができるようになっているため、おむつを脱がせるときにテープタイプのおむつのように平面状にすることもできる。

2. パンツタイプに切り替える目安

パンツタイプのおむつに切り替えるタイミングには明確な決まりがあるわけではないため、人によってそのタイミングはさまざまだ。

そのため、テープタイプのおむつではおむつ替えが大変だと感じ始めたタイミングで切り替えることが多いようだ。

動きが活発になったら

ねんね期であっても足をばたつかせたり寝返りを始めたりするようになると、テープタイプのおむつではテープを貼りたい位置になかなか貼ることができず、手間取ってしまうことが増えてくる。

また、赤ちゃんが動いてテープを貼る位置がずれてしまうと、太ももまわりに隙間ができてそこからおしっこやうんちが漏れてしまうこともある。そのため、この時期にテープタイプのおむつを卒業し、パンツタイプのおむつに切り替えるという方は少なくない。

実際に花王が調査したデータ(※1)によると、パンツタイプのおむつを使い始めた月齢は寝返り時期である6~7カ月が最も多かった。さらに足をばたつかせ始める生後5カ月以下でパンツタイプに切り替えるという方が、ここ数年で増加しているという結果も出ている。

ハイハイをするようになったら

ハイハイを始めると仰向けでじっと寝ていることが難しくなるため、テープタイプのおむつではおむつ替えにより手間と時間がかかるようになる。

しかし、パンツタイプのおむつであれば仰向けに寝かせる必要がなく、はいはいをしている状態でもさっとおむつを履かせることができる。

つかまり立ちをするようになったら

つかまり立ちを始めるとさらに動きが活発になり、テープタイプのおむつではおむつ替えが難しくなる。

パンツタイプのおむつであれば両足を通してしまえばウエストまでおむつをさっと引き上げるだけでおむつ履かせることができるため、つかまり立ちをした状態でおむつを交換することができる。

3. パンツタイプに切り替えると得られるメリット

パンツタイプのおむつはテープタイプのおむつと比べて割高であったり、おむつを交換している最中におしっこをしてしまって周りが汚れてしまったりというデメリットもある。

しかし、パンツタイプのおむつの最大のメリットは、なんといってもその履かせやすさにあるのだ。

先ほども紹介したとおり、テープタイプのおむつはテープを貼る位置によってサイズを調整しなければならない。そのため、赤ちゃんが足をバタバタさせたり寝返りしようと腰をひねったりするとうまくテープを貼ることができず、何度も貼りなおさなければならずおむつ替えに手間と時間がかかってしまう。おむつ替えは1日に何度もしなければならないため、この小さな手間が大きなストレスになってしまうのだ。

しかしパンツタイプのおむつは、赤ちゃんの足をつかむことができれば基本的にどんな体勢であっても履かせることができる。さらにテープタイプのおむつのようにサイズを調整する必要がないので、さっと履かせるだけで赤ちゃんの身体にフィットして太もも部分からうんちやおしっこがもれる心配がなくなる。

また、外出時にメリットを感じる方も多い。なぜなら、パンツタイプのおむつは動き回ってもずれにくく、おむつ交換台など赤ちゃんを寝かせる場所がなくても、車の中などで立ったままおむつ替えすることができるからだ。

結論

テープタイプのおむつを卒業してパンツタイプのおむつに切り替えるタイミングにはとくに決まりがないため、いつ切り替えようか悩む方は少なくないだろう。しかし、おむつにはそれぞれ特徴があるため、赤ちゃんの成長に合わせて選ぶ方法がおすすめだ。ぜひ今回紹介した内容を参考にパンツタイプに切り替えるタイミングを見極め、おむつ替えの負担を減らしてほしい。

(※1)メリーズ:パンツタイプに切り替えるタイミングは?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ