このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんの服を季節に合わせて!春・夏・秋・冬に着る服は?

赤ちゃんの服を季節に合わせて!春・夏・秋・冬に着る服は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 3日

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、季節に応じて服で調整してあげる必要がある。そこで、どのようなことに気をつけて赤ちゃんの服を選べばよいのか、赤ちゃんの服選びのポイントを季節ごとに紹介する。赤ちゃんが快適に過ごせるように、それぞれの季節にピッタリな赤ちゃんの服を見つけよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんの春服選びのポイント

春服の組み合わせ方

春は、肌着1枚の上にカバーオールやツーウェイオールなどのベビー服を組み合わせよう。昼と夜の寒暖差が激しい時期なので、体温調節が苦手な赤ちゃんには、重ね着をしたり肌着を使い分けたりして調整するとよいだろう。重ね着には、アフガンやベスト、カーディガンなどがおすすめだ。

春におすすめの素材

ガーゼや天竺、フライス素材が春にはおすすめだ。ガーゼは薄手ではあるが、重ねると保温力がアップする。天竺は大人用のTシャツ素材で、ベビー服としては夏服向きである。春は赤ちゃんの肌着に利用したい素材だ。フライスは肌着の定番素材で、季節を問わずに使える。

春に便利な赤ちゃんグッズ

春は昼夜の気温差が大きい時期でもある。そのため、春にはレッグウォーマーがあると便利だ。肌寒い時間帯には赤ちゃんの足元を保温できるので、昼夜の寒暖差対策に最適である。さらに、赤ちゃんがハイハイするときの膝ガードの役目や、外出するときの紫外線対策にも役立つ。

2. 赤ちゃんの夏服選びのポイント

夏服の組み合わせ方

暑い季節は、室内では肌着1枚で過ごす赤ちゃんも多い。たくさん汗をかくので、あせも対策のためにも、こまめに着替えをしよう。外出する際は、室内と外では冷房などによって温度差があるので、サッと羽織れるようなカーディガンがあると安心だ。

夏服におすすめの素材

春服におすすめの、ガーゼや天竺、フライス素材は、夏にもおすすめである。また、タオルなどに多く使われているパイルという素材は、吸湿性に優れており、汗っかきの赤ちゃんにはピッタリのベビー服素材だ。

夏に便利な赤ちゃんグッズ

赤ちゃんの熱中症の予防や紫外線対策のために、外に出る時は、帽子が必要である。頭が蒸れないように通気性のよいもので、首の後ろに日よけが付いているタイプがおすすめだ。月齢の低い赤ちゃんには、フード付きのおくるみで代用してもよい。

3. 赤ちゃんの秋服選びのポイント

秋服の組み合わせ方

基本的には春と同じ組み合わせで、肌着1枚の上にベビー服を着せる。秋は、暑かったり寒かったり日ごとに気温が違うこともあるため、厚手のベビー服を1枚着せるよりは、薄手のものを重ねて着せるようにしよう。薄い生地を重ねることで、服と服の間に空気が入り保温力がアップする。また、暑い時に1枚減らすことで調整もできる。

秋服におすすめの素材

秋服には、スムースや接結天竺がおすすめ。スムースは、肌着としては厚めの素材だが、ベビー服としては定番の素材だ。肌触りがよいので、敏感肌の赤ちゃんにも安心だ。接結天竺は、薄手のニット素材を重ねたもので、あたたかくやわらかい。

秋に便利な赤ちゃんグッズ

肌寒い日には、ベビー服の上に着せるベストがあるとよい。着替えが嫌いな赤ちゃんや、寝ている時に何か着せたい場合など、袖がなくて着せやすいベストは重宝するのだ。寒い冬には、アウターの下に着ることもできる。

4. 赤ちゃんの冬服選びのポイント

冬服の組み合わせ方

春や秋は肌着1枚であるが、冬は肌着を2枚組み合わせて、その上にベビー服を着せる組み合わせがおすすめだ。肌着は、短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を着せよう。外出時には、ベビー服の上にアウターも必要だ。しかし、寒いからといって厚着は禁物。赤ちゃんは汗をかきやすいので、着せすぎると逆に風邪をひく原因にもなる。暖かい室内では、肌着を1枚脱がせるなどの工夫をしよう。

冬服におすすめの素材

肌着はパイル素材、ベビー服には接結天竺やニットキルト、アウターにはウールやアクリルなどの保温性が高いものがおすすめだ。ウールは羊毛で織った素材で、吸汗性や保温性に優れている。アクリルは耐久性はあるが、静電気や毛玉が起きやすいので注意しよう。

冬に便利な赤ちゃんグッズ

まだ歩けない赤ちゃんには、足先まで覆うカバーオールが便利だ。これはカバーオールに靴下が合体したタイプで、赤ちゃんが自分で靴下を脱いでしまう心配がない。また、羽織りものとしてはポンチョもおすすめ。腕を通さなくてよいので、厚手のアウターの上にも簡単に羽織ることができる。

結論

赤ちゃんの服選びのポイントを、季節ごとに紹介した。季節に合わせた服を着せてあげるのはもちろん、その日の気温や天候に合った服を見極めることが大切だ。赤ちゃんが気持ちよく過ごせるように、季節や気温に合った服を選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >