このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スタイの選び方は?素材や大きさ、留め具を確認しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月11日

「何枚あっても重宝する」といわれるスタイは、どのような選び方が正解なのだろうか?そもそもスタイは「よだれかけ」の商品名から誕生した言葉だ。英語ではビブともいわれ出産準備品リストにも入っているほか、産後のお祝いにもよく贈られる。手に入れたものの、使いにくくて買いなおすはめにならないよう、スタイの選び方を確認しておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スタイの素材の選び方

スタイの選び方で第一にチェックしたいのが「素材」だ。赤ちゃんの肌に直接触れる製品であるため、ふわっとした綿(コットン)やシルクといった天然素材の製品を選びたい。

赤ちゃんの皮膚は大人の約半分の薄さであるうえ、乾燥しやすく、口周りに垂れるよだれは肌にダメージを与えかねない。合成繊維のスタイを身につけるだけで、あっけなくよだれかぶれを引き起こしてしまう場合もある。

よだれが多い赤ちゃんにはタオル地のスタイ

コットン素材でも、タオル生地やガーゼ生地、ワッフル生地など仕立てによってさまざまな種類がある。よだれが多い赤ちゃんが日常的に使うなら、厚めで吸水力の高い「タオル地」のスタイがおすすめだ。ガーゼ生地やワッフル生地の場合、吸水性はあるものの、タオル地より薄手の製品が多い。

ちなみにシルク製は、綿よりも吸水性が高いものの、手洗いしなければならないデメリットがある。特別なおでかけのシーンにはふさわしいが日常使いしにくい。

離乳食期にはビニールやシリコン製を

離乳食が進んだら、ビニールやシリコンでできたお食事スタイを用意しよう。生後6ヶ月前後の離乳食を始めたばかりの頃は、綿製でも食べこぼしをフォローできるかもしれない。しかし離乳食の量が増えると、下の服まで汚してしまう可能性があるのだ。

2. スナップボタンだけではない。留め具の選び方

赤ちゃんの肌へのやさしさと日常的な使いやすさを考慮してスタイを選ぶ際は、留め具にも注目してみてほしい。

多く普及している留め具は「スナップボタン」だ。スナップボタンは普通のボタンと比べて留めやすいメリットがある一方で、金属製だと固く留めづらかったり、かぶれたりする原因となる。心配な場合は、購入前に留め具合を確認する、プラスチック製のスナップボタンにする、といった対処をしよう。

雑誌の付録になっているスタイには「マジックテープ」が使われることが多い。こちらもスナップボタン同様に留めやすい一方で、外れやすい、テープ部分にゴミが溜まりやすいといったデメリットがある。テープ部分が赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性も否定できない。

「リボン」や「布紐」で留めるスタイなら、肌に当たってもやさしい。ただし、ほかの素材より留めるのに手間がかかる点はデメリットに感じられるかもしれない。

3. 月齢に合ったスタイの選び方

赤ちゃんはたった1年でも大きな成長を遂げるため、スタイの選び方では月齢とサイズも考慮しよう。

よだれが目立たない新生児期~生後2ヶ月ごろまでは、ミルクの吐き戻しのサポートとしてスタイを役立てる家庭も多いが、この時期の首周りのサイズは約20~30cmと赤ちゃんによって差がある点に注意しよう。赤ちゃんのよだれが目立ち始める生後3~4ヶ月は、首周り30cm程度のものがおすすめだ。

生後5ヶ月以降になると、首周りがやや細めになることが多く、首周り25~28cmの製品を身につけられる赤ちゃんもいる。これ以降は体型が変化するため、首周りのサイズ調節できるスタイもよく選ばれている。

4. おでかけや贈り物は形にも注目を

ハーフバースデーやおでかけでおしゃれを楽しみたいなら、形やカラーに注目して選ぶのもおすすめだ。たとえばドーナッツ型をしたスタイはおしゃれなうえ、よだれで汚れた部分を回転させればきれいな布地を使える、という機能性もある。

襟や蝶ネクタイが付いていて、着用するとフォーマルウェアに見える形は、男の子に人気だ。身につけるとまるでワンピースを着たように見えるタイプは、女の子をよりかわいらしくしてくれる。

子育てマガジンコズレのリサーチ(※1)によると、買ってよかったスタイのブランド第1位は「マールマール」、第2位は「ミキハウス」、第3位は「ラルフローレン」ということだった。ここぞというときにつけたいスタイを探す際は参考にしてほしい。

結論

赤ちゃんのスタイの選び方では、布やボタンの素材に注意しつつ、日常的な使いやすさも考慮したい。といっても、よだれの量は赤ちゃんによって個人差が大きいのも実情だ。何十枚と用意したものの、よだれが少ない赤ちゃんだったため、スタイをほとんど使用しなかったという体験談もある。出産前には7~8枚用意すればよいといわれているため、こちらも参考に選んでほしい。

(※1)子育てマガジンコズレ:買ってよかったスタイ!ブランド名は?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ