このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃん用洗剤の卒業の目安は?いつから一緒に洗えるかを解説!

赤ちゃん用洗剤の卒業の目安は?いつから一緒に洗えるかを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 7日

アカチャンホンポの出産準備品リストに「ベビー衣料用洗剤」が含まれているように、赤ちゃんが生まれる前から専用の洗濯洗剤を用意するのが一般的だ。新生児から使いたい赤ちゃん用洗剤だが、コスパを考えると「早く大人用の洗剤で洗いたい」と考える親も少なくない。大人と一緒の洗剤を使えるようになるのは、果たしていつからなのだろうか?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃん用の洗剤を別々にするメリット

ベビー服を含め、赤ちゃん用品を洗う洗剤を大人用と別々にする最大のメリットは、赤ちゃんのデリケートな肌を守ることにある。

大人と違い、ツルツルすべすべの肌が魅力的な赤ちゃんだが、皮膚を構成する組織の一部、角質層がほとんど発達しておらず、皮膚全体の厚さは大人の半分の1mm程度しかない。また、生後4ヶ月を過ぎる頃には、皮膚の表面を覆う皮脂分泌量が、大人の3分の1程度まで低下してしまう。肌の乾燥や、外部からの刺激を皮膚みずからが防ぐ機能(バリア機能)が確立していないのだ。

一方で、大人用の洗剤でベビー服を洗濯すると、バリア機能が未熟な赤ちゃんの肌へ刺激を与えかねない成分が、服に残留する可能性がある。それを避けるためにも、赤ちゃん用品を洗うには赤ちゃん向けの洗剤の使用が推奨される。

避けたい洗剤の成分とは

大人用の洗剤に含まれる、刺激になりかねない成分とはどのようなものがあるのだろうか。

その1つは、合成界面活性剤だ。自然には存在しない化学物質である合成界面活性剤は、石鹸の界面活性剤よりも洗浄力が高い分、衣類に残留して皮膚に刺激を及ぼす可能性が高まる。同様に、合成香料や漂白剤、蛍光増白剤、防腐剤、安定剤の有無にも注意を払いたい。いずれも大人用の洗濯洗剤に多く含まれているのが一般的なため、赤ちゃん用品の洗濯には使わないほうが安心できるはずだ。

近頃では、洗濯洗剤や柔軟剤の香りが強いものが好まれる傾向にある。その反面、香りが原因で体調が悪くなることを表す「香害」という言葉も広まっているほど、その影響も懸念されている。ちなみに、大人だけでなく赤ちゃんに対しても「香害」の懸念はある。日頃お世話する大人の服に、大量の香り成分が残留している場合、赤ちゃんの嗅覚や健康へ悪影響を及ぼす可能性も否定できない。香りが強い大人の洗剤や柔軟剤は、避けるのが無難といえるだろう。

2. いつから大人用の洗剤を使えるのか

それでは、実際、子どもが何歳になるまで赤ちゃん用洗剤で洗濯するべきなのだろうか。

独立行政法人環境再生保全機構によると、1歳未満の乳児は身体の発達が十分でなく、抵抗力も低いため、アレルギーを発症していなくとも症状が出ることがあるという。このことから、1歳を過ぎるまで赤ちゃんの肌は敏感であるといえ、大人用の洗剤とは分けたほうがよい、と主張する小児科医もいる。

子どもの肌の強さに着目すると、生後4ヶ月でアトピー症状が見られた子どものうち7割が、1歳6ヶ月で寛解したという調査結果もある。肌が強くなってきたと思われる1歳~1歳6ヶ月頃は、赤ちゃん用洗剤から大人用の洗剤へ切り替える1つの目安時期といえるだろう。

大人用洗剤へ切り替える際の注意点

一方で、新生児期のみ赤ちゃん用洗剤にすればよい、という主張もある。いずれにせよ洗剤を切り替えた際は、赤ちゃんの肌に湿疹や炎症などの異変が発生していないかどうか、注意を払ってほしい。大人用の洗剤に変えるのと同時に、柔軟剤や漂白剤なども使い始めるのは控えよう。これは、万が一肌に異変が出た場合、どの洗剤が悪かったのかがわからなくなってしまうことを避けるためである。

結論

赤ちゃん用洗剤を大人と一緒のものに切り替えてもとくに異常が無かったとしても、買ったばかりの服を洗う際はベビー服と分けた方がよいとされている。これは新品の服に、ホルムアルデヒドという化学物質や、ほこりなどが残っている可能性があり、一緒に洗うことで赤ちゃんの服に移ってしまう可能性があるためだ。赤ちゃんの日常的なスキンケアも行いつつ、ほんの少し洗剤に気遣って、赤ちゃんの肌を守っていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >