このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パンツタイプのオムツは漏れやすい?漏れる理由と防ぐコツを紹介!

パンツタイプのオムツは漏れやすい?漏れる理由と防ぐコツを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月15日

パンツタイプのおむつはおむつ替えがしやすい反面、ウエストや太もも部分からおしっこやうんちが漏れることがあり、ストレスを感じている方が少なくないのではないだろうか。そこで今回はおしっこやうんちが漏れる理由や、漏れを防ぐ3つの対策方法を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パンツタイプのおむつが漏れやすい理由

おしっこやうんちが漏れてしまう場合、おむつのサイズと履かせ方が大きく関係している。

まず、おむつは肌に直接触れる表面材、漏れを防止するためのギャザーや防止剤、おしっこを吸収する吸収材、漏れを防止する防止剤などから構成されている。赤ちゃんは成長とともにおしっこの量が増えることから、おむつのサイズが大きくなるにつれて吸収材もたくさん入っている。つまり、おむつのサイズが小さいとおしっこの量が多すぎて吸収しきれず、外に漏れてしまうことがあるのだ。

逆におむつのサイズが大きいとお腹や背中、太もも部分に隙間ができてしまうため、そこからおしっこやうんちが漏れてしまうため、大きければよいというわけではない。

また、お腹や背中、太もも部分に入っているギャザーが内側に入り込んでいたり、おむつと身体の間に肌着が挟まっていたりする状態でうんちやおしっこをしてしまうと、ギャザーの機能が働かなくなって漏れてしまうのだ。

2. まずはおむつの履かせ方を見直す

おむつの履かせ方が間違っているとおしっこやうんちが漏れてしまうことがあるため、まずはおむつの正しい履かせ方からおさらいしていこう。

赤ちゃんが仰向けに寝た状態でじっとすることができる場合は、寝かせた状態で足を片方ずつおむつに通し、ウエストまで引き上げる。このときおへその上あたりまでしっかり引き上げるようにすると、太もも部分に隙間ができなくなるため、おしっこやうんちが漏れにくくなる。

おむつを履かせた後は内側に入ってしまったギャザーをしっかり立たせる。太もも部分のギャザーは指で1周なぞるようにしてギャザーを立たせ、お腹まわりのギャザーは斜めになっていたり内側に折れこんでしまったりしていないか、おむつに肌着が挟まっていないかを確認して調整しよう。

つかまり立ちができるようになったら、赤ちゃんをつかまり立ちさせた状態で同じようにおむつ替えを行う。

3. 身体に合ったサイズのおむつを選ぶ

おむつの履かせ方が合っているにもかかわらずおしっこやうんちが漏れてしまう場合は、おむつのサイズを見直してみよう。

おむつはサイズごとに目安となる体重があるため、赤ちゃんの体重に合ったサイズのおむつを選べば、身体にフィットするようになっている。しかし、体型や太ももの太さなどには個人差があるため、体重に合ったサイズのおむつであっても赤ちゃんの身体にフィットしていないことがある。

そのため、おしりをしっかり覆えていなかったり赤ちゃんの身体にギャザーのゴムの跡がついたりする場合は大きいおむつに、ウエストや太もも部分に隙間ができている場合は小さいおむつにすると、より身体にフィットして漏れを防止することができる。

パンツタイプの一番小さいサイズを使っている場合は、テープタイプのおむつに戻したりメーカーを変えるのも一つの手だ。同じサイズでも、メーカーによって微妙に大きさや吸収するおしっこの量に違いがあるからだ。

4. おむつをこまめに取り替える

赤ちゃんのおしっこの回数には個人差があるが、成長とともに1日のおしっこの回数は減り、1度にするおしっこの量が増える。一般的に生後6~12カ月頃には1回のおしっこの量は50~180cc、1歳になると80~200ccにまで増える。

おむつはサイズが大きくなるごとにおしっこの吸収量も増えていくが、何度もおしっこをすれば吸収しきれずに漏れてしまう。また、汚れたおむつをそのままにしてしまうとおむつかぶれをしてしまうこともあるため、おむつが汚れてしまったらこまめに取り替えるようにすると、漏れを防止することができる。

結論

赤ちゃんはおしっこやうんちの回数が多いため、ときには1日に何度も漏らしてしまうことがある。すると洋服や布団を何度も洗濯しなければならず、負担やストレスがどんどん大きくなってしまう。そのため、今回紹介した内容を参考に漏れ対策を実践することで、赤ちゃんとの生活をより快適に過ごしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ