このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おむつ替えで暴れる赤ちゃんに試してほしい対策!注意点も紹介!

おむつ替えで暴れる赤ちゃんに試してほしい対策!注意点も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月19日

赤ちゃんのおむつ替えは「暴れるから苦手」「うんちのときに暴れて大惨事になってしまった」などという方もいるだろう。しかし、赤ちゃんのおむつ替えが苦手だからといって後回しにしてしまうとおむつかぶれになってしまう危険性もある。そこで今回は、赤ちゃんが暴れたときにおすすめしたいおむつ替えのコツを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おむつ替えする場所を変える

おむつ替えに慣れていない場合では赤ちゃんの機嫌が悪く、すでに暴れている状態でおむつ替えをするのは至難の技である。赤ちゃんの成長発達にもよるが、赤ちゃんは好奇心が旺盛であり新しい物事への関心が非常に高い。そのため、赤ちゃんは関心の高いものを見つけると落ち着いてじっと観察することからはじめる。暴れるときにはこの行動を活かし、赤ちゃんの関心をそそるような物や景色を見せることをおすすめしたい。

普段と異なる場所でおむつ替えする

普段のおむつ替えの場所とは異なる場所、または違う景色が見える所でおむつ替えを行ってみるとよいだろう。場所を選ぶときには、まず赤ちゃんの安全を十分に確保できる場所を選んでほしい。

部屋の清潔保持にも配慮する

おむつ替え専用の場所でないところでおむつ替えする場合には、その場所を汚してしまう可能性もあるため、防水シーツなどをひいてから清潔保持にも配慮して実践していただきたい。

手軽な実践例

手軽な挑戦方法としては、部屋を変えてみたり、窓からの景色が異なる場所を選ぶとよいだろう。また、リビングに椅子やテーブルがある場合にはそれらの家具の近くを試してみるのもおすすめだ。このときのポイントとしては、家具の裏側が赤ちゃんの視界に入る場所に寝かせることである。赤ちゃんはまだ見たことのない家具の裏側のシールやねじなどに関心をもち、じっと見つめておとなしくなることが多い。

安全確保を徹底する

家具の近くでおむつ替えをするときには、誤って赤ちゃんの上に倒れたりしないように、安全にも注意しながら実施していただきたい。

2. 手におもちゃを持たせる

赤ちゃんの成長発達によるが、赤ちゃんが手におもちゃを持てる場合は口に入れても安全なおもちゃを手渡してみるとよいだろう。赤ちゃんがまだ上手に手でおもちゃを握れない場合は、視界に入る場所に音や光の出るおもちゃを置いてみるのもおすすめだ。

いつもと違うおもちゃを渡す

普段から遊び慣れているおもちゃでは飽きてしまい、暴れているときには興味を示さない場合もある。そのため、赤ちゃんの成長発達に応じたおもちゃをいくつかおむつ替えやお出かけ専用として準備しておくことをおすすめしたい。

誤嚥に十分に注意する

暴れることを避けるためについついおもちゃではないものを手渡しそうだが、おむつ替えに真剣になっているわずかな時間であっても、赤ちゃんの月齢によっては大人の想像以上に歯や爪を上手に使って包装を剝がしたりフタを開けてしまうこともある。そのため、誤嚥などの事故を防ぐためにも暴れている赤ちゃんの気をひくときには必ず月齢に応じたおもちゃを手渡すようにしていただきたい。

3. 声掛けしたり歌ってみる

暴れる赤ちゃんには機嫌をとることを優先して関わってみるとよい。普段の関わりの中で赤ちゃん好みの歌や音・声などを把握しておき、おむつ替えで動いてほしくないときや暴れはじめたときには、その歌や声掛けを行って気をそらす方法もおすすめだ。

喃語を真似してみる

赤ちゃんの成長とともに発声も増えてくる。大人にとっては発語にはきこえにくいが、赤ちゃんは発語を獲得しようとしている段階が喃語である。赤ちゃんが何を言っているか分からなくても、赤ちゃんの発する喃語を真似するだけでも赤ちゃんは興味をもつ。そのためおむつ替えでじっとしていて欲しいときには喃語を真似たり、発声に強弱をつけたりして話しかけてみるとよいだろう。

口笛や唇をならしてみる

赤ちゃんは新しい音や聞き慣れない音などにも敏感である。そのため、普段あまり赤ちゃんが耳にすることのない音を出してみてもよいだろう。口笛や唇を鳴らすなどが手軽るに挑戦できるのでおすすめしたい。

声掛けする

おむつ替えのときには、赤ちゃんの興味や関心があることを話題に上げ「あそこに〇〇がいるね」「あっちに△が置いてあるよ」など、おむつ替えから気をそらすような声掛けをすることも役立つだろう。

結論

今回は赤ちゃんがおむつ替えで暴れるときに試したいコツについて解説したがいかがだっただろうか。おむつかぶれを防ぐためにも、赤ちゃんの機嫌に関わらずにおむつ替えは適宜実施しなければならないものである。赤ちゃんの機嫌が悪く暴れ出しても気兼ねなくおむつ替えをスムーズにできるように、こちらで紹介した内容をぜひ覚えていておいて欲しい。こちらで解説した方法以外にもいろいろな方法があるが、実践するときには赤ちゃんの安全を第一に考えていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ