このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スポーツ万能な子の共通点は?たくさん遊んで運動しよう!

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2020年2月 7日

自分の子どもを、「スポーツ万能な子に育てたい」と考えているお父さんお母さんもいるだろう。中には、「スポーツ選手にさせたい!」と考えている方もいるかもしれない。そこで今回は、一流アスリートたちの特徴や専門家の意見などをもとに、スポーツ万能な子どもの共通点を探ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. たくさん体を動かしている

スポーツ万能な子のことを「運動神経がいい」ということがよくある。厳密には「運動神経」というものは存在しないのだが、運動神経ということばは、運動に必要な神経や運動能力そのもののことを指している。そして、こうした運動神経を伸ばしスポーツ万能な子にするためには、幼児期に急速に発達する神経系を伸ばすことが重要である。

中でも5〜9歳のプレゴールデンエイジと呼ばれる時期にしっかりと運動の基礎を学ぶことが大切であり、それには何か一つの運動をさせるよりも、体を動かす遊びをたくさん経験させるほうが効果的だとする説がある。

子どもの運動スクールのコーチの中には、「スポーツ万能な子は、鬼ごっこやキャッチボールなど、とにかくよく遊んでいる」という印象を持っている方もいる。マラソンランナーの加納由理さんは、子どもの頃、お父さんとよく山や海に遊びに行っていたそうだ。

また、一流アスリートの中には、子どもの頃に色々なスポーツに親しんでいたという方も少なくない。元サッカー日本代表の本田圭佑さんは、水泳・バスケットボール・野球・卓球、テニスの錦織圭選手はサッカー、メジャーリーガーの大谷翔平選手や元女子サッカー日本代表の澤穂希さんは水泳を習っていたということだ。

スポーツ万能な子は子どもの頃に遊びや運動を通し、さまざまな動きを経験しているということがいえるだろう。

2. 動きをイメージできる

スポーツ万能な子は動きのイメージがわきやすいといわれている。スポーツ万能な子は、自分を俯瞰で見ることができ、自分がどう動けばよいのかを立体的に想像できるようだ。

たとえば、逆上がりを行うとき、運動が苦手な子どもは逆上がり完成までの動作一つ一つに焦点が当たってしまい、いざ取り組もうとしてもスムーズに動くことができないことが多いのだが、スポーツ万能な子の場合は、逆上がりの一連の動きをイメージすることができ、動作を具現化することができることが多いそうだ。

なお、運動が苦手な子どもには、一連の動きをイメージしやすい言葉をかけると効果的だといわれている。こういったことを意識すると、スポーツ万能な子に一歩近づけるかもしれない。

3. 空間認知能力が高い

アスリートの脳に詳しい脳神経外科医の林成之氏によると、一流アスリートは空間認知能力が高いことが多いという。

林氏によると、私たちが体を動かすとき、「筋肉に働きかける」「物事を成し遂げる」といった役割を持つ神経系が必要となる。そして、これらの神経系に空間認知能力を上手に連動させることができると、スポーツ万能な子になりやすいのだそうだ。

空間認知能力とは、空間において物の位置や形などを認識する能力のことだ。たとえば、キャッチボールで目標の場所にボールを投げることができるのは、空間認知能力があるためである。このほかにも、運動には空間認知能力が関係する動きが多い。こういったことからも、スポーツ万能な子は空間認知能力が高いといえるだろう。

なお、林氏によると、空間認知能力は姿勢を正す、絵を描くなど簡単なことで高めることができるのだそうだ。

また、一流のアスリートの中には水泳を習っていた方が多く、最近の研究によると水泳には空間認知能力など脳の発達を促す効果があることがわかっている。スポーツ万能な子にしたいと考えているお父さんお母さんは、お子さんに水泳を習わすよう検討してみてはいかがだろうか。

結論

スポーツ万能な子は、生まれながらにして運動神経がいいのだと思っていた方も多いかもしれないが、今回は毎日の生活を少し変えるだけで、スポーツ万能な子に近づくヒントを紹介した。この機会に、お父さんお母さんも子どもと一緒に楽しみながら体を動かしてみてはいかがだろうか。スポーツ万能な子に育てるだけでなく、自身の運動不足解消や子どもとの絆を深めることにも繋がるかもしれない。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ