このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
産褥シッターとは?利用方法や料金相場を紹介!

産褥シッターとは?利用方法や料金相場を紹介!

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2020年2月 7日

近年、産後のサポートをお願いできる「産褥シッター」が活躍していることをご存じだろうか?ベビーシッターのマッチングサービスをおこなうキッズラインでは、0歳児の子を持つ親の登録は、年間1.2万人を超えたという(※1)。家事育児のサポートが難しい家庭において、産褥シッターとは、どんなサポートをしてくれるのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 産褥シッターとは

産褥期に自宅訪問型のサポートをお願いできる「産褥シッター」をご存じだろうか。

およそ10ヶ月の妊娠期間で大きく変化したお母さんの身体は、個人差はあるものの、産後6~8週間程度の時間をかけて、もとに戻るのが一般的だ。この約2ヶ月の期間を「産褥期(さんじょくき)」と呼ぶ。産褥期のお母さんは、赤ちゃんのお世話をしつつも、可能な限り無理をせずに身体の回復に努めたい。一方で、この期間にお父さんの育児休暇が取れない、フォローをお願いできる方がいないといった状況下では、思ったように身体を休められないお母さんもいる。

産褥シッターとは、この時期に料理や掃除、洗濯、新生児のお世話などをお願いできるベビーシッターのことだ。一般社団法人ドゥーラ協会が養成する「産後ドゥーラ」と呼ばれる方も、産褥期の家庭のフォローをしてくれる。

実際に対応できる家事育児の内容は企業や団体により異なっていて、保育(ベビーシッター)に特化した所もあれば、家事代行に特化した所もある。家庭内の物品の破損などに関しては、保険に入っている団体がほとんど。心配な方は申込前に確認しておこう。

2. 産褥シッターの料金相場

産褥シッターの利用料金は、1時間単位で決められている場合と、月額などの一定期間に対して定められている場合がある。いずれも、1時間当たりで計算した際の相場は、1,000円から4,000円程度と幅が広い。加えて、シッターさんの交通費も必要である。

「産後ヘルパー事業」と呼ばれる自治体の支援事業として、産褥シッターを利用できる場合もある。たとえば兵庫県明石市の産前産後ヘルパー事業(※2)では、1時間700円で産褥シッターが利用可能だ。自治体の事業は、利用可能な曜日や時間、回数などに制限はあるものの、個人で企業へ申し込むより割安になる可能性が高い。産褥シッターを検討しているなら、まずは自治体の支援事業内容を確認してみるのも1つの方法だろう。

3. 産褥シッターの利用方法

産褥シッターを利用するには、事前に登録が必要な場合が多いため、実際に利用する日より前に余裕を持って登録手続きをしておこう。

キッズラインやスマートシッターといった企業では、インターネット上で利用規約に同意し、親の氏名、住所、電話番号、子の氏名、生年月日などを登録する。自治体の産後ヘルパー事業では、規定の書類を決められた課に提出しなければならない。

登録を終えたら、利用の予約をしてみよう。産褥シッターの手配方法も企業によって異なり、自分で適任な方を探すほか、手配元から紹介してもらう場合も。さらに、予約後はそのままサポート日当日を迎える場合もあれば、事前に面談を挟むパターンもある。初めてお会いする方を家に上げるのに抵抗がある場合は、面談を取り入れている産褥シッター事業者を探してみるとよい。

4. 助産師や看護師資格を持つ方に依頼できる?

実際は自宅に人を招くのに抵抗がある方も少なくなく、産褥シッターを利用する際にもっとも気になるのが「どんな方がくるのだろう?」という点ではないだろうか。

産褥シッターを務める方は、特別な資格がない子育て経験者の女性や熟練主婦の方であることも多い。一方で、助産師や看護師、または保育士の資格を持ち、現場での経験もあるという方もいる。

「家事代行よりも新生児のお世話をお願いしたい。資格がある方だと安心」と考えている場合は、自身で有資格者を検索し、依頼するのも1つの方法だ。あるいは、登録シッターの9割が有資格者であるというスマートシッターなど、有資格者が多い点をアピールしているサービスを利用してみる方法もある。

結論

お母さんの身体をできる限り休めたい産褥期を、上手にサポートしてくれるのが産褥シッターだ。産褥期のサポートをするのが産褥シッターではあるが、つわりが酷い妊娠期に利用できる団体も多い。核家族化や共働きが当たり前となった現代において、よりよい家庭を築くために、産褥シッターのような便利なサービスを利用しない手はない。気になる方は、この機会に産褥シッターの利用を検討してみてはいかがだろうか。

(※1)キッズライン:10月からの幼保無償化、ベビーシッターも対象に。政府が「個別保育」として認定
(※2)あかし子育て応援ナビ: 産前産後子育て応援ヘルパー派遣

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ