このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

赤ちゃんをテレビ台から遠ざけよう!安全対策とアイデアを紹介!

投稿者:ライター 今井里香(いまい りか)

2020年2月 5日

赤ちゃんがハイハイしたりヨチヨチ歩きをしたりする姿はかわいいものだが、その安全対策に頭を悩ませているご家庭も少なくないだろう。とくに困ってしまうのは、赤ちゃんが「触ってほしくないものに触ってしまう」ことだ。なかでもテレビは、赤ちゃんに触ってほしくないのに対策が難しいという声が多い。そこで今回は、テレビ台から赤ちゃんを遠ざける効果的なアイデアをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テレビ台周辺は危険がいっぱい

テレビ台の周辺は赤ちゃんにとって危険がたくさんあり、安全対策は欠かせない。まず、対策が必要な事項について考えてみよう。

テレビ台に登る

伝い歩きを始めた赤ちゃんは、テレビ台の上に登ってしまうことも考えられる。その際テレビが倒れたり落下したりして赤ちゃんがけがをする危険性がある。もちろん、テレビが壊れてしまうこともあるため対策が必要だ。

テレビ台の中に入っているものをいたずらする

テレビ台の中には、DVDやDVDデッキなどが入っていることが多いが、それらを赤ちゃんがいたずらしてしまうことがある。扉がついている場合は、扉が開かないようにする必要があるだろう。

コンセントやコード

赤ちゃんがコンセントやコードに触ったり舐めたり、足を取られて転倒したりすることもある。赤ちゃんに触られないような工夫も必要だ。

このようにテレビ台周辺には多くの危険があり、これらすべてを防ぐ手っ取り早い方法は、赤ちゃんをテレビ台から遠ざけることだろう。

2. 人工芝を使った安全対策のアイデア

テレビ台の周辺に人工芝を敷くと赤ちゃんが近づかなくなるそうだ。人工芝の上を歩こうとするとチクチクするので、赤ちゃんが近づけなくなるということらしい。ただし人工芝の種類によっては柔らかい感触のものもあり、効果がないこともあるようだ。

人工芝を裏返して設置する方が、足への刺激がより強く赤ちゃんが近づかなくなるという声もある。人工芝の多くは、ひっくり返すと小さな突起のようなものがたくさんついており、確かにこちらの方が踏むと痛そうだ。

人工芝のメリットは、何といっても安上がりで設置も簡単な点だろう。人工芝パネルは100均やホームセンターなどで、1枚100円ほどで購入可能なのだ。

一方デメリットは、見た目があまり良くない点だろう。インテリアにこだわるお父さんお母さんの中には、「赤ちゃんに効果的なのはわかるけど、見栄えがよくないので取り入れたくない」という方もいるようだ。しかし最近は、グレーや茶色の人工芝もあるので、これならインテリアから浮くという欠点も多少軽減されるかもしれない。

3. テレビガード・サークルを使った安全対策のアイデア

テレビ台をベビーサークルで囲む、ベビーゲートやテレビガードを設置するなどの方法で、赤ちゃんがテレビ台に近づくことを防ぐという方法もある。多少お金はかかるが、確実な方法といえるだろう。

テレビ以外にも、赤ちゃんに触ってほしくない電化製品や家具などを、サークルの中にまとめてすべて入れてしまうという使い方もあるようだ。

使う期間も限られるし「なるべくお金をかけたくない!」という方は、100均などのアイテムを利用してテレビガードを手作りしてみてはいかがだろうか。

用意するものは、100均のワイヤーネットと結束バンドだ。テレビ台の大きさに合わせ、テレビ台をぐるっと取り囲める枚数のワイヤーネットを用意し、結束バンドで固定していく。2枚のネットをつなぐときは少し重ねて結束するとしっかり固定できる。

強度が欲しいときはホームセンターのワイヤーネットを利用するのがおすすめだ。なお赤ちゃんが伝い歩きをするようになったり力が強くなったりすると、テレビガードが壊れる、倒れるなど赤ちゃんへの危険が増す場合もあるので気を付けてほしい。

壁や天井に突っ張り棒を使用できる場合は、突っ張り棒とワイヤーネット、突っ張り棒と布などを組み合わせたベビーフェンスもおすすめだ。ただし突っ張り棒を設置する壁の強度や棒が当たる部分に傷や跡がつく可能性にも注意しよう。

結論

赤ちゃんを危険から遠ざけるためにもテレビを壊されることを防ぐためにも、テレビ台から赤ちゃんを遠ざける対策は重要だ。赤ちゃんの年齢や性格、テレビの設置状況などによっても必要な安全対策は異なるだろう。今回ご紹介した方法を参考に、ご家庭に合った方法を取り入れてみて欲しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ