このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんをテレビに近づけない方法はある?アイデアを紹介!

赤ちゃんをテレビに近づけない方法はある?アイデアを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月21日

テレビに興味を示すようになると、画面に近づきすぎてしまう赤ちゃんも多い。テレビ画面に近づくことで、視力や脳への影響も気になるところだ。今回は、赤ちゃんへのテレビの影響とテレビに近づけない方法について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんへのテレビの影響は?

赤ちゃんを子育て中、家の中にいることが多くなるため、テレビを点けずに過ごすのは難しい。そこで気になるのが、赤ちゃんへのテレビの影響だ。まずは、赤ちゃんにテレビを見せることで生じる影響を説明する。

赤ちゃんにテレビを見せても大丈夫?

日本小児科医会の提言では、2歳以下の赤ちゃんへのテレビやスマホなどのメディアへの接触は推奨されていない。テレビを見ることで、家族のコミュニケーションや会話の機会が減ることから、言語発達への影響が及ぶとも指摘されている。

また、赤ちゃんはまだ視力が未発達なので、テレビの画面に近づいてしまう。視力とテレビ視聴の因果関係ははっきりとは示されていないが、長時間に及ぶ視聴への影響は否定できない。また、テレビの画面は音や光など、赤ちゃんにとっては刺激が強い。強い刺激は体調不良を引き起こしたり、夜泣きの原因になることもある。

テレビを見せる時の注意点

テレビを見せることへの影響を説明したが、実際にまったくテレビを見せないのは困難だ。テレビは育児中の息抜きにもなるし、上に子がいる場合は子ども番組を見ることもあるだろう。テレビなしの生活が難しい場合は、1日の視聴時間は1~2時間以内に留めるように意識してみよう。また、長時間続けて見せるよりは、休憩を入れながら時間に区切りをつけることが大切だ。

そして、テレビを見るときは、親子のコミュニケーションをとることが大切だ。テレビを見ながら「おもしろいね」「これは、わんわんだね」などと声かけをして親子でテレビを楽しむようにしよう。一緒に歌ったり踊ったりできる番組を選択するのもおすすめだ。言葉の学習や発達を促す番組は、テレビ視聴によるポジティブな効果も期待できる。

2. 赤ちゃんをテレビに近づけない方法 テレビの配置を見直す

赤ちゃんをテレビに近づけない方法として、まずは物理的にテレビを遠ざけることが挙げられる。おもちゃで遊んでいる時や親子でふれあい遊びをしている時、食事や授乳中はテレビを消した方が好ましい。一般的に、テレビはリビングに設置されていることが多いが、赤ちゃんが日中過ごす部屋にテレビを置かないとテレビを必然的に遠ざけることができる。

また、テレビから離れた位置に、テレビを見る時専用の椅子を設置するのも効果的だ。画面に近づき過ぎずにテレビを見る習慣をつけることができる。「テレビに近づき過ぎないでね」と声かけをするのも忘れずに。

3. 赤ちゃんをテレビに近づけない方法 ベビーゲートを設置

赤ちゃんがテレビ画面に近づいてしまうのを避けるためには、テレビの前にベビーゲートを設置するとよい。赤ちゃんがテレビと適切な距離を保つこともでき、リモコンやテレビ周りの配線、スイッチなどに触るのを避けることができる。扉付きのゲートを選択すれば、大人が操作する時に便利だ。

特定の場所への接近を避けるゲートの他に、赤ちゃんを中に入れるベビーサークルもある。しかし、赤ちゃんによってはベビーサークルの中に入るのを嫌がることもあるため、嫌がった場合にはテレビの前にゲートを設置する方法がよいだろう。

ベビーゲートは市販のものもあるが、すのこなどをホームセンターで購入してDIYすることもできる。また、ベビーゲートと同じようにテレビを遠ざけることができるのが、人工芝だ。テレビの周りに人工芝を設置することで、人工芝の違和感を嫌がるる赤ちゃんを遠ざけることができる。

赤ちゃんが歩き出す時期は、転倒したりテレビ台にぶつかったりすることもあるため、ベビーゲートは安全対策にもなる。目が離せない時期に、トイレなどで少し席を外す時にも、ベビーゲートがあれば安心だ。

4. 赤ちゃんをテレビに近づけない方法 ルールを決める

赤ちゃんとテレビに関しては、家庭でルールを決めておくとよい。まずは視聴時間。先述したように1日2時間以内として、連続視聴を避けるようにしよう。そして、テレビを見る時には、親子で一緒に見るとよい。家事をしている間につけっぱなしにして一方的に見せるのではなく、一緒に親子で見ることで視聴時間も自然と制限できる。

成長した時にテレビを長時間見る癖がついていると、生活習慣を正すのは困難だ。赤ちゃんのうちから、家庭内のテレビのルールを決めておくことをおすすめする。

結論

現代社会では、テレビなどのメディアと赤ちゃんを完全に引き離して生活することは難しい。赤ちゃんにテレビを見せることで、発達への影響が指摘されているが、テレビにはポジティブな効果もある。家庭内でルールを決めて、テレビとうまく付き合っていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ