このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
男の子の名前は古風が人気?生まれた季節に合わせた名付けを紹介!

男の子の名前は古風が人気?生まれた季節に合わせた名付けを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月18日

両親から赤ちゃんへの最初のプレゼントが「名前」である。生まれてくる赤ちゃんのことを思いながら、名前を考えるのは楽しい時間だ。しかし、一生使い続けるものだからこそ、素敵な名前を付けたいと悩む方も多い。最近では「真面目・しっかりとしている」というイメージから古風な名前が人気を集めている。そのなかでも、今回は男の子に人気の名前を紹介する。季節に合わせた漢字を使って、古風でかっこいい名前を付けよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 春生まれにおすすめの漢字・名前

まずは、春生まれの男の子におすすめの漢字と名前を紹介する。

「春」が付く名前

「春(はる)」、「清春(きよはる)」、「孝春(たかはる)」、「一春(かずはる)」、「春馬(はるま)」、「春翔(はると)」、「春介(しゅんすけ)」、「春也(しゅんや)」、「春太郎(しゅんたろう)」

「春」は四季の漢字の中でも名前に使いやすい。「しゅん」とも読めるので、幅広い名づけができて人気がある漢字だ。また、小学校低学年で習うので、早い段階で自分で書けるようになる。

「陽」が付く名前

「和陽(かずはる)」、「陽樹(はるき)」、「陽人(はると)」、「孝陽(たかはる)」、「陽知(はるかず)」

「陽」は春の日差しの暖かさを表すような漢字で「はる」という読み方ができる。古風でありながらも柔らかなイメージを与えられる漢字だろう。

「桜」が付く名前

「桜介(おうすけ)」、「桜馬(おうま)」、「桜輝(おうき)」

春の花といえば「桜」である。桜は日本の花としても有名で、和風なイメージを持つ漢字だ。「さくら」ではなく「おう・お」と読めば男の子の名前としても使用できる。

2. 夏生まれにおすすめの漢字・名前

次は、夏生まれの男の子におすすめの漢字と名前を紹介する。

「夏」が付く名前

「夏弥(なつや)」、「夏生(なつき)」、「夏彦(なつひこ)」、「夏人(なつと)」、「夏雅(なつまさ)」

夏は多くのレジャーがある楽しい季節だ。そんな季節の漢字「夏」を名前に入れれば、活発で元気な雰囲気の名前になるだろう。

「海」が付く名前

「海(うみ)」、「海斗(かいと)」、「拓海(たくみ)」、「大海(ひろみ・たいが)」

夏をイメージした漢字の中で、メジャーなのが「海」である。「海のように広い心」と言われるように、海にはおおらかで優しい雰囲気があり、人気の漢字だ。

3. 秋生まれにおすすめの漢字・名前

次は秋生まれの男の子におすすめの漢字と名前を見てみよう。

「秋」が付く名前

「秋人(あきと)」、「泰秋(やすあき)」、「道秋(みちあき)」、「秋良(あきら)」、「秋芳(あきよし)」、「秋緒(あきお)」、「秋之介(あきのすけ)」、「秋哉(しゅうや)」、「秋平(しゅうへい)」

秋は実りの季節であり、「秋」という漢字にも豊かでおだやかなイメージがある。また、「あき」だけではなく「しゅう」という読み方もあり、古風な名前と相性が良い。

「楓」が付く名前

「楓人(はやと)」、「楓大(そうた)」、「楓真(ふうま)」、「楓矢(ふうや)」

「楓」は秋を代表する植物である。植物を取り入れた名前は趣がありながらもおしゃれになるため、現在でも人気の高い漢字だ。

4. 冬生まれにおすすめの漢字・名前

最後に、冬生まれの男の子におすすめの漢字と名前を紹介する。

「冬」が付く名前

「冬馬(とうま)」、「冬也(とうや)」、「冬樹(ふゆき)」、「冬仁(ふゆひと)」、「冬吾(とうご)」

季節の漢字「冬」はクールでかっこよく、男の子の名前にぴったりである。また、冬には寒い・冷たいというイメージもあるが、名前に入れることで「厳しい季節も乗り越えられる強い人になるように」といった意味を込めることもできる。

「雪」が付く名前

「雪也(ゆきや・ゆきなり)」、「伊雪(いぶき)」、「雪志(きよし)」、「雪之助(ゆきのすけ)」、「和雪(かずゆき)」

冬から連想できるものの中でも、「雪」は人気が高い漢字だ。雪は冬ならではの天気であり、その美しさから寒い冬の中でも柔らかさをイメージさせる。

結論

今回は、男の子におすすめの古風な名前や漢字を紹介した。生まれた季節に合わせた漢字を使えば、より和を感じられる古風でかっこいい名前になるだろう。名前は両親からの最初のプレゼントであり、一生使い続けるものだ。今回紹介した漢字や名前を参考に、納得のいく素敵な名前を考えよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ