このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由とは?おすすめの対策方法も解説!

赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由とは?おすすめの対策方法も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 4日

初めての育児の際には「赤ちゃんを抱っこしたいのにすぐ大泣きされる」「あやそうと思ったのに逆効果だった」などの経験をもつ方も多いのではないだろうか。そこで今回は赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由と、その対策方法について詳しく解説しよう。赤ちゃんの抱っこを早く上達させたいという方はぜひ参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 理由1:不安定な抱っこ

赤ちゃんが抱っこを嫌がったり大暴れしてしまう理由の1つとして、赤ちゃんの姿勢や体幹が不安定になり赤ちゃんが不安に感じてしまうという点があげられる。

また普段の抱っこの仕方の違いから、違和感を敏感に感じ取り不安になるということもある。

最初から赤ちゃんの抱っこが上手な方はいないが、出産時に授乳方法やお世話の方法など直接看護師や助産師から助言や指導を受けることのできる場合は上達が早い。

しかし、仕事やその他の都合などにより、抱っこに関する指導を受けることができない場合は上達が難しい。
また、日常生活においてもお世話に関わることが難しい場合はなおさらである。

そのため、日常生活の赤ちゃんのお世話を担う人は自然と赤ちゃんの姿勢や体幹を安定させた赤ちゃん好みの抱っこを習得できるが、そうでない場合では修得までに時間を要するということも自然だ。

対策1:安定する抱っこの方法を習得する

赤ちゃんに抱っこを嫌がられないための対策としては、まず赤ちゃんの姿勢を安定させられる抱っこの方法を習得することである。赤ちゃん好みの安定した姿勢を保つ抱っこの仕方を確認しながら、少しずつでも練習することをおすすめしたい。

対策2:赤ちゃんの姿勢を安定させる

新生児から生後3か月頃の赤ちゃんでは、首が不安定であるため後頭部から首にかけてしっかりと支えて安定させることが重要になる。また赤ちゃんは低月齢なほど両腕はW字、両足はM字であるためこの自然な姿勢を崩さないように抱っこすることも大切である。

対策3:赤ちゃんを胸に密着させて抱っこする

また慣れない抱っこに怖がってしまいがちだが、抱っこする人の体幹から赤ちゃんが離れてしまうと姿勢が不安定になりやすく赤ちゃんも落ち着かなくなってしまう。そのため抱っこするときには、しっかりと赤ちゃんを胸に密着させるように抱っこすることを心がけでほしい。

2. 理由2:突然抱っこしている

赤ちゃんが低月齢なほど抱っこされることに不慣れであり、突然抱っこすると更に驚いて不安になってしまうこともある。

赤ちゃんの成長や発達とともに抱っこされることにも慣れていくが、赤ちゃんに抱っこを嫌がられるという方はぜひ下記の対策を試していただきたい。

対策1:声かけやスキンシップをとってから抱っこする

そのため、抱っこするときには月齢に関わらず「抱っこしようか」「○○しに行くよ」などと声をかけ、優しく体に触れてから抱っこするようにしていただきたい。

対策2:急激に抱き上げない

声かけやスキンシップの後に抱っこするときには、急激に低い位置から高い位置に抱き上げるのではなく、そっと優しく抱き上げて赤ちゃんを体幹に密着させてから適切な高さにゆっくりと抱き上げるとよいだろう。こうすることで赤ちゃんの姿勢も安定させることができるだけでなく、安心感も与えることができる。

3. 理由3:人見知りしている

人見知りがはじまるのは一般的に生後6か月頃といわれているが、早い赤ちゃんでは4か月前後からという場合もある。

そのため、仕事で赤ちゃんと関わる時間が少ない場合などでは赤ちゃんと同居していても人見知りすることもあるのだ。

赤ちゃんが人見知りしている場合では、抱っこされることを嫌がることを覚えておくとよいだろう。

対策1:家族で一緒に過ごす機会をもつ

赤ちゃんの人見知りを改善するために、急に赤ちゃんとの接触の機会を増やすことは赤ちゃんの負担となるため避けるべきである。まずは家族皆で一緒に過ごす機会を増やしていくことからはじめるとよいだろう。

対策2:不在のときは写真を見せてもらう

中には長期間の出張や単身赴任によって長期間赤ちゃんに会えない場合もあるだろう。そのときには家族写真など家族皆で一緒に写っている写真を飾り、会えないときには毎日赤ちゃんに見せてもらうはたらきかけを実践することをおすすめしたい。

結論

今回は、赤ちゃんに抱っこを嫌がられる理由とその対策について解説したがいかがだっただろうか。はじめての育児に取り組まれる方であれば、なおさら赤ちゃんをだっこすることに緊張してしまったり不安に感じてしまう場合もあるが、そのような感情は赤ちゃんにも伝わりやすい。それゆえ抱っこを嫌がられてしまうことにもなりかねないため、ぜひ抱っこ前にスキンシップを交えながらリラックスして抱っこしていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ