このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
幼稚園から保育園へ転園するときに必要な手続きと注意点を紹介!

幼稚園から保育園へ転園するときに必要な手続きと注意点を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月29日

仕事や家族の都合などにより、幼稚園から保育園への転園を検討する方もいるだろう。しかし、実際に転園を決定する家族の割合や「手続きとメリットがよく分からない」「子どもの転園によるストレスが心配」という場合もあるはずだ。そこで今回は、幼稚園から保育園への転園について詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 幼稚園から保育園への転園が認められる割合

仕事と育児を両立するためや、家族の事情などによって幼稚園から保育園への転園を検討する方もいるだろう。
しかし、幼稚園から保育園への転園が認められるかどうか、心配になる方もいるだろう。
こちらでは、転園が認められる割合について紹介しよう。

転園が認められる場合

幼稚園から保育園への転園が認められるかどうかは、事由や子どもの家庭環境によっても異なる。
各施設の定員もあるため、一概に幼稚園から保育園への転園が認められる条件を明確にできないが、子どもが保育園へ入園する必要性が高いと判断された場合に、転園が認められる割合が高いといえる。

2. 仕事のために幼稚園から保育園に転園することは可能

幼稚園から保育園に転園する際には、保育園を利用する事由を伝える必要がある。
自治体によって詳細な設定は異なるが「1月の間に保護者が規定の時間数以上の就労が必要」となる仕事の場合には利用が認められる。
そのため、保護者が新たに仕事をはじめたり、仕事に復帰する場合には幼稚園から保育園に転園することも可能である。

3. 転園の際に必要な手続き

こちらでは、具体的な転園の際に必要な手続きについて説明しよう。

申し込み

幼稚園から保育園への転園を決めた際には、まず保育施設に申し込む必要がある。
保育園も施設毎に申込み先が異なり、転園先が認可施設の場合自治体、認可外施設の場合は直接施設に申し込むとよい。

慣らし保育

幼稚園から保育園への転園の許可を得た後には、子どもに以前幼稚園に登園していた経験があっても、子どもへのストレスを軽減させる目的と、保育士が子どもの性格などを把握するため、慣らし保育がある。
幼稚園から保育園へ転園を考えるときには、そのことも理解しておくとよいだろう。

費用

認可保育園の場合は、幼稚園から保育園への転園自体には費用はかからない。
しかし、施設ごとに決められた登園グッズや、必要物品を揃えなければならない。クレヨンやはさみなどの文房具は、幼稚園で使っていたものをそのまま使えるものが多いが、園によっては特色あるものを購入する場合もある。

4. 転園のメリット

こちらでは、幼稚園から保育園の転園のメリットについていくつか紹介しよう。

保育時間が長い

幼稚園と比較すると、保育園の方が保育時間が長い。
そのため夫婦で仕事をしている場合も、安心して長時間預けることができる。

長期休暇も登園可能な場合が多い

幼稚園では夏休みなどの長期休暇期間があるが、保育園はこの期間も登園可能であることが多い。
そのため、仕事の予定の変更などの調整が少なく済む。

5. 転園のストレス

こちらでは、転園のストレスについて解説しよう。
大人も職場での異動などで環境や業務内容が変わると、精神的なストレスを感じるだろう。これは子どもも同じだ。多感な時期にある子どもにとっては、新しい施設、先生、お友達、習慣などの全ての変化が、とても大きなストレスになる。
そのため、新しい環境に慣れるまでの間は、できる限り子どもの気持ちに寄り添って関わることが重要になる。
そして、大切なことは転園が決まった早い時点で、子どもにもきちんと転園について説明していくことである。
「まだよく分かっていないだろう」と大人が決めて説明しないままでは、新しい園への登園を拒否してしまったり、馴染むまでにさらに時間を要してしまうこともある。
「子どもが悲しむから、できれば説明は避けたい」という方もいるかもしれないが、それは逆効果である。
子どもの気持ちを受け止めて親子で前進していくための準備として、ぜひ取り組んでほしい。
万が一、子どもの落ち込みや登園拒否が見受けられる場合には、子どもに登園を強制するのではなく、焦らずに転園先の先生や保健センターなどにぜひ相談していただきたい。

6. 転職の場合も保育園への転園が可能

仕事を転職することに伴い、子どもの十分な保育が難しくなる場合もあるだろう。
そんな場合にも条件を満たす場合には、幼稚園から保育園への転園が認められるため、各自治体に確認しよう。

結論

今回は幼稚園から保育園への転園について解説したが、いかがだっただろうか。
さまざまな事情により、幼稚園から保育園へ転園が必要になる場合がある。
大人も、引っ越しや色々な手続きなどで慌ただしくなるが、子どもの心に寄り添いながら、子どもが転園先でよいスタートを切れるよう支えていきたい。
子どもの様子に異変がみられたときには、よく話し合ったり、家族で解決できないときには、抱え込まずに転園先の保育士や保健センターの専門家などに気軽に相談してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >