このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子どもの語彙力をどう鍛える?親子の関わりでできる方法とは。

子どもの語彙力をどう鍛える?親子の関わりでできる方法とは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 8日

言葉をどれくらい知っているかという力、それが語彙力だ。語彙力は将来の学業やキャリアにも関係していると言われている。そして語彙力は子どもの頃の周囲との関わりで伸ばすことができる。そこで今回は、親子の関わりの中で語彙力を鍛える方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 語彙力が高いことのメリットとは

例えば子ども同士で揉め事が起きたとしても、語彙力があれば状況を説明したり自分の気持ちを伝えることができる。学校の勉強でも、語彙力によっては授業の理解に大きな差が生じる。大人になり業務でやりとりをする際にも語彙力があればスムーズに意思伝達できるが、語彙力が乏しいとうまく伝わらず、評価されにくいこともあるかもしれない。言葉を知っているということは自分自身を守る上でも、周囲と円滑にコミュニケーションをとる上でも、また満足に知識を身につけるためにも、大切な基盤となる能力と言えるだろう。

ある研究によると、語彙力が高い人は収入も高いということがわかった。これは語彙が豊富なことにより、人とのコミュニケーションが円滑になり、齟齬が生じることを未然に防ぎ、スムーズに仕事ができるためと考えられる。このように、語彙力を鍛えることは子どもの現在にも将来にも、大きなメリットがあるのだ。

2. 関わり方で子どもの語彙力は鍛えられる

子どもの語彙力を高めるのには、親の関わり方が大きく影響すると言われている。語彙力を伸ばすような関わりとしては、まず小さい頃からの会話は外せない。これはたくさんの会話をするということはもちろんであるが、質にも注意が必要だ。例えば食べ物がおいしかったとき、「おいしい」だけではなく「甘い」「やわらかい」などそれを表現する言葉はさまざまだ。親がそう言った表現を用いることで、子どもは語彙を学んでいく。また、子どもが不適切な語彙の使い方をした場合には、それは誤りであることを伝えて修正することも大切な作業だ。会話の中で自尊心を傷つけることなく、正しい使い方を伝えよう。

小さな子どものうちは、自分の言いたいことを完全に伝えることは難しい。このようなときに、「どうしたの?」「どうして?」「どう思った?」「どういうとき?」など、子どもが語彙を使いやすい言葉がけをすることも大切だ。このようなやり取りで語彙力が鍛えられ、自分の考えや気持ちをきちんと言葉にできる能力が身につけられる。子どもの言葉の誤りや上手に話せないもどかしさを見逃さず、丁寧に対応することが語彙力を伸ばすことにつながるのだ。

3. 親子で実践!語彙力を鍛える遊び

普段の生活の中で親が心がけるべきポイントは先に紹介したが、楽しく遊びながら語彙力を育むこともできる。おすすめの語彙力アップ遊びを紹介しよう。

しりとり

誰でも一度は経験したことがあるだろう。しりとりの良いところは、何も準備をする必要がないところだ。バスの待ち時間、自動車での移動中など、空いた時間で思いついたときに始めることができる。また、文字数を決めたり、「食べ物しりとり」のようにカテゴリを指定したりすることで、難易度を調整することもできる。

なぞなぞ

子どもでも楽しめるなぞなぞの本も沢山販売されているので、親子で出し合いっこをするのも面白いだろう。楽しく考えているうちに、いつのまにか語彙力を高めていける。ただし、必ず本が必要なわけではない。「赤くてあまい果物はなんだ?」のように、簡単なクイズでも十分だ。そして、たとえこの問題のように答えが複数あるような問題でも構わない。これもあった、あれもあったと列挙することも、語彙力を高める遊びの一環となるだろう。アイデア次第で、色々ななぞなぞを試してみよう。

読書

ある研究によると、語彙力の高い人は多く読書をしているという。とくに大切なのは、冊数ではなくジャンルの幅広さだということだ。難しい本をいくつも読む必要はなく、さまざまな分野の本を手にとってみることが語彙力を身につける際には重要だ。読書では親子の関わりがあまり取れないということなら、読み聞かせをするのもおすすめだ。読み聞かせてもらうことで、自分では読み飛ばしがちな単語も耳に入ってくる。また、幼少期からの読み聞かせは将来の読書習慣を作ることもわかっている。長い目で見ても、読み聞かせは語彙力の向上に効果を発揮するだろう。

結論

語彙力は学校や会社といった社会での生活に欠かせない能力だ。語彙力が高いということは、コミュニケーション能力の高さにも通じる。子どもが自らの気持ちをうまく伝えたり、周りの状況を理解するにも、語彙力が高いのと低いのとではまったく異なるだろう。語彙力を育てるには難しい関わりをする必要はなく、大切なのは正しい語彙を沢山子どもに与えることだ。親子間での丁寧なコミュニケーションや語彙を使った遊びによって、語彙力を育てることを意識してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >