このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クーハンの特徴とは?選び方やメリットを紹介!レンタルは可能なの?

クーハンの特徴とは?選び方やメリットを紹介!レンタルは可能なの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月31日

赤ちゃんは、1日の中で多くの時間を寝て過ごす。特に新生児は17時間前後も寝ているため、赤ちゃんが快適に眠るためのベビーベッドが必要だ。しかし、「ベビーベッドは簡単に移動できないから不便」「ベビーベッドを置くスペースがない」「ベビーベッドを購入してもその後使い続けるか分からない」とお考えの方もいるだろう。今回は、そんな悩みを抱える方に、便利な「クーハン」について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ちゃんの簡易移動ベッド「クーハン」の特徴とは?

クーハン(クーファン)とは、赤ちゃんを寝かせることができるゆりかご状の簡易ベッドである。取手が付いているため移動が楽で、ベビーベッドよりも「赤ちゃんと一緒に違う部屋に行きたい」が簡単に叶う。折り畳みができるタイプのクーハンもあり、旅行や帰省にも便利だ。使用目安が新生児から生後4ヶ月ごろまでとなっているので、「すぐに使えなくなるならもったいないかな」と思われるかもしれない。しかし、クーハン卒業後はおむつ入れやおもちゃ箱などさまざまな使い方で長く使うことができるだろう。

ただ、動きが活発になった赤ちゃんの場合は寝返りなどによりクーハンから落ちてしまう可能性もあるため、クーハンの卒業時期はしっかり見極める必要がある。

2. クーハンに最適なお布団はどれ?

「大切な赤ちゃんが寝る布団だから、いつも清潔にしておきたい」そんな方にぴったりな布団が、プッパプーポ「抱っこ布団 トゥインクルスター」だ。

クーハンに入るサイズのこの布団は、新生児期から使うことができ、カバーは洗濯機で洗うことが可能。カバーは綿100%で赤ちゃんの肌に優しい。抱っこ布団で赤ちゃんを包み込むように抱っこし、眠ったらそのままクーハンに寝かせることができるため、赤ちゃん特有の「背中スイッチ」が入りにくいのも特徴だ。

3. クーハンの選び方とおすすめ

クーハンの選ぶ際に1番重視すべきポイントは、「赤ちゃんを安全に快適に眠らせてあげられること」だ。これは「SGマーク」があるかないかで見極めることができる。SGマークとは一般財団法人製品安全協会が定める、製品の安全性の基準に合格していることを証明するマークのことだ。クーハンを選ぶ際は、このマークが付いているかどうかを確認しておこう。

次のポイントは、クーハンのタイプである。クーハンには、昔ながらのバスケット型のかごタイプのものや、帰省時やお出かけ先にも持って行きやすい折り畳みタイプのものがある。主に家の中で使いたい方はかごタイプ、よく旅行に出かけたり帰省したりする方は折り畳みタイプを選ぶなど、使い方に合わせて購入しよう。ここで、おすすめのクーハンを2つ紹介する。

ラタンハウス「トッポンチーノ&クーハン」

ラタンハウスのロングヒット商品であるクーハンと、オーガニックコットン製布団「トッポンチーノ」がセットになったもの。クーハンはとうもろこしの皮でできているため、通気性がよく、柔らかくて軽い。また、持ち手部分がバスケットの底を通っているので丈夫だ。トッポンチーノとは、モンテッソーリ教育に基づいた赤ちゃんの布団やおくるみを意味し、優しい仕上がりの布団となっている。

フジキ「バッグdeクーファン」

こちらのクーハンは、折り畳んでからバッグのようにして持ち運ぶことが可能。赤ちゃんを快適に寝かせておくだけではなく、4箇所のファスナーを開閉することにより「オムツ替え」「お昼寝マット」「プレイマット」「バッグ」と5通りもの使い方ができる便利なクーハンだ。

4. クーハンはレンタル可能?

「買っても寝てくれるかどうか分からない」「とにかく購入する前に試してみたい」とお考えの方は、レンタルを利用してみるのも一つの手だろう。

しかし、レンタル料金以外にも往復の送料がかかる場合もあり、商品によっては購入するよりも高額になることもある。ホームページでどのくらいの金額がかかるかを確認しておくことが必要だろう。また、自分の好みのデザインやカラーがすでに借りられている可能性もあることを考慮し、可能な場合は出産前に予約しておくことをおすすめする。

結論

料理や掃除の間だけでなく、赤ちゃんとお風呂から出た後なども、クーハンを持ってくれば安心して寝かせておくことができる。また、ペットを飼っている家庭では、赤ちゃんをクーハンに寝かせることで床に落ちた毛からも守ることが可能だ。このようにさまざまな場所へ持ち運び可能なクーハンは、目を離せない赤ちゃんがいる家庭に1つあると大変便利なベビーグッズである。家でしか使わないという方はかごタイプ、外出をよくする方は折り畳みタイプがおすすめ。どのような場面で使いたいかを考え、最適なクーハンを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >