このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子どものシャンプーの悩みを解決!嫌がる、フケが気になる場合の対策は?

子どものシャンプーの悩みを解決!嫌がる、フケが気になる場合の対策は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月30日

子供のシャンプーに悩みを抱えるお父さんお母さんは多いのでは?「シャンプーのたびに子供に泣かれて途方に暮れている」「子供のフケが気になる」など、子供のシャンプーに関する悩みは様々だ。今回はそんなお父さんお母さんの悩みを解消する、子供のシャンプーのやり方をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どものシャンプーはいつから始める?

赤ちゃんの頃は沐浴のときに一緒に頭も洗うため、頭からつま先まですべてベビー用ソープで洗うことがほとんどだろう。では子供用のシャンプーを使って頭を洗ってあげるのは、いつからが最適なのだろうか。

これは子供の髪の毛の量などによっても異なるが、一般的には髪の毛の量が増えてくる1歳すぎから、子供用のシャンプーを使用する方が増えるようだ。子供の髪の毛が増えてくると、ベビー用のソープで洗うと髪の毛のきしみなどが気になるように。それがきっかけで子供用シャンプーの使用を検討する方が多いようだ。

「何歳から子供用シャンプーを使用した方がよい」という決まりは特にないので、子供の髪の毛の長さや量を考慮しつつ、ベビー用ソープから子供用シャンプーに切り替えるといいだろう。

2. シャンプーを嫌がる子どもへの対策方法

お父さんお母さんの中には、子供がシャンプーを嫌がり困っている方は多いのではないだろうか。そこで子供がシャンプーを嫌がる時の対処法をいくつかご紹介しよう。

美容院スタイルでシャンプーする

子供がシャンプーを嫌がる原因の多くは「恐怖心」だ。顔に水がかかったり目に水が入ったりなど、シャンプーのときに嫌な思いをすると、それがトラウマとなり、子供はシャンプーが嫌いになってしまうことが多いのだ。これを解決するためには、恐怖心を取り除くことが必要だ。

恐怖心を取り除くのに効果的なのが、美容院スタイルのシャンプーだ。子供を向かい合わせに抱っこし、あとは沐浴の時と同じ要領で子供を仰向けにして頭を支え、手で耳をふさぎ、顔や耳に水がかからないよう慎重にシャワーで頭を流す。

子供が大きくなり抱っこが難しい場合は、お風呂用の椅子に座らせ、自分で頭を反らせるようにしてもらうとよい。

このやり方で「シャンプーは怖くない」「気持ちいい」と子供が感じられると、シャンプーに対する嫌な気持ちも徐々に薄れるだろう。

遊びながら楽しくシャンプーをする

子供のシャンプーに対する嫌なイメージを払拭するためには、「シャンプーは楽しいもの」と子供に思わせることが大切だ。そのためにはシャンプーに遊びの要素を取り入れると効果的だ。

例えば泡だらけになった子供の髪の毛でツノを作り、その姿を鏡に映して盛り上がる、美容室ごっこをしながらシャンプーをするなど、子供のテンションが上がりそうな方法を探ってみよう。

3. フケが出るのは乾燥しているから?その対策とは

「子供のフケが気になる」というお父さんやお母さんもいるのでは?子供のフケには頭皮の乾燥によるものと、頭皮の皮脂の過剰な分泌によるものがある。一般的に細かなフケは乾燥性で、大きめのフケは脂性であることが多い。

とはいえ脂性のフケだから、洗浄力の強いシャンプーを使えばいいというわけではない。洗浄力の高すぎるシャンプーで洗って頭皮が乾燥することで、余計に皮脂の分泌が促進されることがあるためだ。

子供の頭皮は刺激に弱いため、脂性の場合でも洗浄力の高いシャンプーでゴシゴシ洗うことは禁物だ。肌に優しい子供用シャンプーを選び、汚れはしっかり落としつつ、優しく丁寧に洗うように心がけよう。

乾燥性のフケが気になる場合は、シャンプーの成分に目を向けてみよう。子供用のシャンプーとはいってもその成分はさまざまだ。防腐剤など刺激になるような成分が入っている子供用シャンプーはなるべく避け刺激の少ないものを選ぶことで、フケが改善されることがある。

子供のフケは子供によって原因が異なり、その原因によって対処方法も異なるため、ひどい場合や改善しない場合は、自己判断せず皮膚科で相談することがおすすめだ。

結論

子供のシャンプーは、何かと悩みが尽きないものだ。しかし工夫次第でシャンプーの時間が楽しい時間に変わることもあるので、お父さんやお母さんも子供と一緒に楽しみつつ、いろいろな方法を試してみてはいかがだろうか。なお子供の頭皮のトラブルがなかなか解決しない場合は、皮膚科などに相談してみるといいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ