このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
出産祝いのご祝儀袋の書き方を紹介!意味を知れば難しくない!

出産祝いのご祝儀袋の書き方を紹介!意味を知れば難しくない!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月10日

もらってうれしい出産祝いのなかでも三本の指に入る人気なのが、現金や商品券だ。「お祝い品にしては味気ない」という感想がある一方で、好みやセンスに左右されず、子どものために使える点が評価されている。現金や商品券を贈る際、必要になるのがご祝儀袋だ。正しい書き方や包み方を把握し、気持ちよく出産祝いを受け取ってもらおう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ご祝儀袋・のし袋の(表面、裏面)の書き方

華やかなご祝儀袋の、外側の袋を上包みと呼び、上包みの表面に書く文字を「表書き」という。表書きは上段と下段にわけ、上段には贈る目的に合った言葉を、下段には贈り主の名前を書く。ボールペンや鉛筆などを使わず、濃い墨で書くのがマナーだ。筆記具は筆ペンでもよい。

出産祝いの場合、上段には「御出産御祝」や「祝 ご出産」、「御祝」と書くのが一般的だ。避けたいのは「御出産祝」。4文字の塊は「死文字」と言われ、祝いごとには避けられている。「寿」は結婚祝いで使うため、出産祝いにはふさわしくない。

ご祝儀袋に備わっている短冊を使うのもよい。表書きの上段部分がすでにプリントされているものは、そのまま利用しよう。くだけた書体や言葉もあるが、誤りというわけではない。相手と自分の間柄や、親密度を考慮し、使い分けよう。

表書きの下段の書き方

水引を境とし、下段には贈り主(自分)の名前を書く。連名の場合、3名までは全員の名前を書こう。3名以上の場合、下段中心に「代表者の名前」を書き、その左側に「外一同」と書き添える。この場合、贈り主全員の名前を別紙に書き、お金と一緒に包んでおけば、受け取り手があとから管理しやすい。

2. 中包み(中袋・内袋)の書き方(表面・裏面)

ご祝儀袋には、白い紙を折ってお札を包めるようにした「中包み」が存在する。封筒型のものであれば「中袋」や「内袋」と呼ばれることもある。ここにお祝い金を入れ、上包みで包んで渡すのがマナーだ。

中包みや中袋は、表面に「金」という文字と、金額を旧字体で記載する。1万円であれば「金 壱萬円」、3万円であれば「参萬円」といった具合だ。円=圓と記載してもよい。

裏面には自分の郵便番号や住所、氏名を記載する。中包みの記載も筆ペンがマナーだが、難しく感じられる場合は濃いサインペンでもよしとされる考え方もある。

3. 出産祝いでのご祝儀袋・のし袋の水引き

注意したいのが水引の形と本数だ。よろこばしいお祝いごと(慶事)向けの水引は紅白の水引を選ぶ。

出産祝いの水引は、「蝶結び」の形が最適だ。リボン結びともいわれる蝶結びは、ほどけても結びなおせることから、「何度あってもうれしいお祝いごと」に使われる。一方、間違えがちな「結び切り」は、水引をほどけにくいように固結びにし、端を上向きにしている形だ。こちらは「1度でよい」とされるお祝いごとに選ばれる。

水引の本数は奇数がよい。出産祝いの場合、一般的には5本が最適だ。お祝い金が多い場合は7本が選ばれる。

水引がついておらず、柄が印刷されているご祝儀袋は、近しい関係や友人へ贈る際に向いている。簡素化された意味合いがあるため、仕事関係の方には不向きだ。

4. 出産祝いでのご祝儀袋・のし袋の裏面の折り重ね方

ご祝儀袋の裏側は、上側の折り返しに、下側の折り返しをかぶせるのが正しい。出産祝いを始めとした慶事で「上を向く」という意味があるためだ。反対に上側を重ねてしまうと、葬儀などで渡す不祝儀の意味を持ってしまうため注意しよう。

内包みへ入れるお金は、お札の肖像画が上に向くように入れよう。中包みと上包みの向きは、表裏、上下をそろえて入れてほしい。

5. 出産祝いの金額相場

出産祝い金の相場は、贈る相手によって変わるのが実情だ。一般的には、3千円から1万円の間で贈られることが多い。

関係の深くない知人や会社の同僚であれば、3千円から5千円程度、会社の上司であれば、5千円から1万円程度が相場と言われている。

反対に、親せきや親せき同様に仲のよい友人には1万円ほど包むのも一般的だ。立場や関係性、そしてこちらのお祝いの気持ちを考慮し、これ以上包む場合も多い。

お金は、結婚祝いと同様に新品のお札で用意するのがマナーである。古いお札は、不祝儀の際に「準備していた」と思われないよう用意するため、出産祝いにしてしまうと「常識がない」と思われかねない。

結論

ご祝儀袋は、従来の紅白で整えられたもの以外に、ガーゼタオルやスタイで作られたもの、女の子向けのヘアゴムが付いたもの、キャラクターデザインなど多種多様だ。包む金額だけでなくデザインも、相手との関係性を考えて選んでみてほしい。ご祝儀袋の正しい書き方も活かし、相手が心から喜べる出産祝いを用意しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >