このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
友達への出産祝いの相場やマナーを紹介!トレンドは【現金】?

友達への出産祝いの相場やマナーを紹介!トレンドは【現金】?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月15日

友達に子どもが生まれたとの一報が入った際、うれしい反面、出産祝いに悩む方も少なくない。実は、出産祝いには【現金】が喜ばれる。Webマーケット「テトテ」を運営するGMOペパボオーシー株式会社の調査(※1)や、カタログギフトの企画製作、販売をおこなうリンベル株式会社(※2)などを通じ、このような事実が浮き彫りになった。一方で「現金はお返しに悩む」という意見もあり、どんな金額でもうれしいわけではないようだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 友達への出産祝い、相場の金額は?

友達に本当に喜ばれる出産祝いを贈るために、まずはここで相場の金額を考えてみよう。結論から述べると、友達に贈る出産祝いの金額は【5千円】が妥当だといわれている。親しい友達には1万円程度包むのも普通だ。付き合いが深くないパパ友、ママ友には3千円程度を包む方も見られる。

前述のリンベル株式会社の調査(※2)によると、友達へ贈った出産祝いの金額は、5千円と答えた方が36.1%と最多であった。次いで多かったのが3千円で、全体の27.3%を占めた。一方、こちらもカタログギフトの会社である株式会社ハーモニックは、友達宛の出産祝いの相場を3千円から1万円と定義する(※3)。

これらの調査から、一般的に友達へ贈る出産祝いは、1万円以上だと多すぎ、3千円以下だと軽すぎだと感じる方が多いとわかる。

現金のみのお祝いだと友達に「味気ない」と思わせる可能性がネックだ。そのため、産後に役立てられる実用品やお菓子などを現金に添えて贈る方も多く見られる。

もしこれまでに、自分が相手から出産祝いをもらった経験があるのなら、その金額に合わせて包むと角が立ちにくい。

2. ご祝儀袋・のし袋の表面の書き方

次に、現金を包む際のご祝儀袋・のし袋の書き方を確認しよう。ご祝儀袋やのし袋の表面に書く文字「表書き」は、上段へお祝いごとに合わせた文言を、下段へ贈り主の名前を記載する。

出産祝いの場合、上段には、「御祝」や「御出産御祝」と記載しよう。「御出産祝」と4文字のかたまりで記載するのは、「四=死」を連想させてしまうためマナー違反と見なす方もいる。

下段には自分の氏名を記載しよう。夫婦連名にする場合は、夫の氏名を中央に書き、妻の名を夫の名の左側に書き入れる。夫婦別姓の場合は両者の氏名を書くようにしよう。4人以上の連名になる際は、代表者の氏名を下段中央に書き、左側に「外一同」と書き添える。このとき、全員の氏名を書いた別紙を現金と同封するのをお忘れなく。

ご祝儀袋・のし袋はどう選ぶ?

ご祝儀袋やのし袋にもマナーがある。注目すべき点は水引だ。友達の出産祝いは「何度あってもうれしいお祝いごと」であることから、何度でも結びなおせる「蝶結び」の水引を選ぶとよい。

ちなみに、ご祝儀袋の種類はさまざまあるが、出産祝いでは、右上に飾りがついているものを選ぶのが正解である。この飾りを「のし」と呼び、慶事では、のしがついた「のし袋」を使用する。

3. 出産祝いを渡すベストなタイミング

さて、友達から「生まれた」との連絡をもらった際、どのタイミングで出産祝いを渡すのがベストなのだろうか?

従来の伝統によると、出産祝いは、赤ちゃんの命名式である「お七夜」から、赤ちゃんの健康を祈る「お宮参り」の間に贈るものだ。つまり、生後7日後から生後1ヶ月ごろに渡すのがベストだと考えてよい。

ただし、例外もある。たとえば、生後7日後以降も母子がまだ退院していない場合だ。産後はお母さんの体調回復を最優先しなければならないため、友達の家庭が落ち着いてきたころ、具体的には退院後2週間後を目安に出産祝いを渡そう。

結婚式の日取りを考えるときのように、大安や友引などの六曜を意識して渡すのもよいとされている。縁起が良い「大安」や「先勝」、「友引」の日に渡すと、こちらの気持ちがより一層友達に伝わるかもしれない。

結論

仲の良い友達であれば、出産祝いが「嫌だ」と思われることはほぼないだろう。その一方で、もらったものが趣味に合わない、重複してしまったため使えないといった困りごとはよく聞く悩みだ。といっても「現金は贈りにくい」と感じるのであれば、商品券やチャージ式ギフトカードを贈るという手段もある。友達がよく使うお店やショッピングサイトのギフトカードも、現金同様に喜ばれるためおすすめだ。今しかできない出産祝いだからこそ、より喜ばれる贈り物を考えてみよう。

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ