このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
保育園で英語を学べる?実態や金額相場をまとめて紹介!

保育園で英語を学べる?実態や金額相場をまとめて紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月13日

ベネッセ教育総合研究所が2007年に実施した調査(※1)によると、クラス全員を対象とした英語活動がある私立幼稚園は、2007年度に47%であったのが、2012年度には58%まで増加した。2020年度から始まった新学習指導要領において、小学5年生から英語が教科化することになった現在、私立幼稚園のみならず、保育園でも英語教育が重視されつつあることは想像に難くない。保育園で学べる英語教育の実態とは?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 保育園からはじめる英語教育のメリット

3歳未満の幼児も受け入れる保育園では、幼稚園よりも低年齢のころから英語教育に触れられる場合がある。ここで、保育園にて低年齢から始める英語教育のメリットを確認してみよう。

メリットの1つは英語へ抵抗感がない時期から、楽しみつつ教育に入れる点だ。物心つく前から英語に触れることで、英語への抵抗感が形成されにくいといわれる。

2点目のメリットは、英語耳や英語脳の形成に効果的だという説があること。英語耳とは、英語の発音を聞き分ける能力のこと。英語脳とは、英語を日本語に変換せず、英語そのもので理解する能力のことを指す。生後6ヶ月の赤ちゃんには、すでに発音を聞き分ける能力があるという説や、言語習得は12~13歳ごろを境に難しくなるという臨界期仮説も後押しし、保育園での早期英語教育に期待が高まっている。

ネイティブの方と触れ合える英語教育であれば、子どもが日本人との違いを意識する前に、外国の方と触れ合えることから、人種や文化の多様性を自然と受け入れることにもつながる。日本語にはないユーモアや表現力に親しめる点も魅力的だ。

2. 保育園で英語は学べる?

「そもそも、保育園で英語を学べるの?」と疑問に思う方もいるかもしれない。実際は英語を学べる保育園もあれば、学べない保育園もあるのが実情だ。また、英語を学べる園のなかでも、レッスンの開催が月に1度の園もあれば、日常生活を英語中心におこなう特殊な園もある。

認可、認可外を問わず一般的な保育園は、月に1回から数回英語レッスンを開催する所が多い。たとえば株式会社ベネッセビースタジオの英語レッスン委託事業や、セイハ英語学院のレッスンプログラム、株式会社ECCの英語カリキュラムを導入している保育園もある。

プリスクール(英語保育園)とは

一方、注目されているのが、認可外保育園に属する英語保育園だ。これは英語で保育を行う保育施設のことで、プリスクールとも呼ばれている。

一般的な保育園でおこなわれる英語カリキュラムとの大きな違いは、英語を学ぶのではなく、英語で生活することだ。幼児期に必要な基本学習や運動、集団行動などをおこないつつ、英語に親しんでいく。園によっては、イースターやハロウィンなどの西洋文化を取り入れた行事もあり、英語だけでなく、英語圏の文化に触れることも可能だ。

3. 保育園からはじめられる英語教室、英語教材は?相場の金額は?

プリスクールではない保育園の英語教育では、追加料金がかかる場合とかからない場合がある。園によっては年間6万円、月額5千円のレッスン代がかかる園もあるそうだ。また、教材の有無も保育園のレッスンによって異なる。英語レッスンがある保育園を選ぶ際は、事前に料金や教材について確認しておこう。

一方で、英語や欧米文化を手厚く学べるプリスクールは、各園が定める保育料という形で費用が発生する。目安となる月額利用料金は8万円だ。加えて、入園料や教材費、給食費、延長保育料、施設利用料などの諸費用がかかる場合が多く、月額15万円前後かかるプリスクールも存在する。ただし、幼保無償化により3歳児からは月額3万7千円の補助が出る保育園も多い。

費用がかかる分、海外の教材を輸入するなどして、子どもの教育に役立つカリキュラムにこだわるプリスクールも多く見られる。

結論

英語で生活をおこなうプリスクールは、英語教育の質が高い一方で、費用が壁になる家庭もあるだろう。保育園を対象とした一般的な英語レッスンは、どの程度実践的なのかは不明だが、手頃に英語に親しむのにちょうどよいという考え方もある。英語の早期教育は、数々のメリットが語られる一方で、日本語習得の遅延、英語嫌いになる可能性などのデメリットも示唆されているのが実情だ。ご家庭の方針や英語教育に求めるもの、そして子どもの性格なども考慮し、英語教育に親しめる保育園を探してみてはいかがだろうか?

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ