このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子どもの名前は画数で決めるべき?姓名判断の歴史と考え方とは。

子どもの名前は画数で決めるべき?姓名判断の歴史と考え方とは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月22日

子どもの名前は一生ものであるため、名付けには慎重になりなかなか決められないという方も多いはずだ。日本の名付けでは、画数に配慮した姓名判断の方法が広く知られているが、どのように考えていくべきであるか悩む場合もあるだろう。そこで今回は、子どもの名付けについて詳しく解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子どもの名前を画数で考える

子どもの名前を考える方法としては、名前の響きやイメージ、子どもへの思い、画数で考える方法、家族の伝統などが広く知られている。
その中でもこちらでは、子どもの名前を画数で考える方法を紹介しよう。

姓名判断の参考にする流派を決める

実は、姓名判断と一言にいってもさまざまな流派があり、それぞれ判断方法も異なることが知られている。
そのため、子どもの名前を画数で考えることを希望するときには、具体的にどの流派の考え方を参考にするのか夫婦で話し合っておくことも大切だ。

名前の選び方を考えておく

子どもの名前を決めるときに、はじめから画数で決めるという方は少ないだろう。
実際に名前の画数の組み合わせは限りがないほど多量にある。
そのため、効率よく子どもの名前を決めるためにも、名前の響きやイメージ、子どもへの思いなどを予め夫婦で話し合って具体的にしておくことをおすすめしたい。

2. なぜ画数を気にする文化があるの?

もしかすると「なぜ画数に配慮した名付け方なのか?」と疑問をもたれる方もいるはずだ。
そこでこちらでは、子どもの名付けの際に画数を気にする文化の由来と意図について解説しよう。

姓名判断の歴史

子どもの名前を付けるときに画数を考慮して姓名判断を行なう文化は、実は日本では庶民も姓を名乗ることが可能になった明治以降にはじまったといわれている。
そのため、子どもに画数を考慮した名前を付ける文化は比較的浅いといえる。
現状では、この画数を考慮する姓名判断にはいつくもの流派が存在し、それぞれの流派によって画数の数え方や判断方法が異なっているのも特徴である。

姓名判断の由来

日本で親しまれる子どもの名前の画数を考慮する姓名判断は、古代中国の五行説や陰陽説 に由来するものといわれている。
具体的には、姓名の文字の画数から陰陽と五行のバランスを考慮して吉凶を判断するという方法が基本である。

3. 赤ちゃんへの名付けへの思いと姓名判断

子どもに特別な思いを込めて名付けたいという方もいるだろう。その場合でも画数を考慮した名前を選ぶことができる。一般的には、子どもの名前から両親の思いを理解することのできる漢字や響きが選ばれている。子どもへの思いを夫婦でよく話し合い、姓名判断の中でその思いに該当する名前を候補に挙げていく方法も親しまれている。子どもに特別な思いを込めて名付けたいときに悩んだ場合では、子どもが大きくなって本人に名前の由来を説明したときに「分かりやすいものを選ぶ」ということも意識するとよいだろう。

4. 便利な無料姓名判断サイト・アプリ

こちらでは、子どもの名付けの際に画数の判断や文字の選び方で悩んだときに役立つ無料姓名判断サイト・アプリを紹介しよう。
子どもの名付けを「何からはじめればよいか分からない」という方は、姓名判断が可能なサイトやアプリを活用して、徐々に候補を絞っていくのもよいだろう。

赤ちゃん名づけ.info

こちらはのサイトの特徴は、漢字の旧字体方式についても知ることができることに加えて「苗字・名前・読み方」を入力して送信すると五角形のグラフで総合評価が表示されるため、バランスを一目で知ることができる点になる。
また、候補を考えることも難しい場合には、苗字を入力して送信するだけで運勢の解説付きで候補の名前が表示されるため、子どもの名づけについてはじめて考える人に特におすすめしたい。

赤ちゃん名づけ

こちらは、累計100万ダウンロード突破している子どもの名付けについての情報を検索できる人気の高いアプリである。
特徴は、苗字を送信するだけで文画のよい子どもの名前候補を知ることができ、画数や漢字の意味も調べることができる点が挙げられる。

良運命名 良運命名WEB

こちらは、無料で会員登録を行うと1年間何度でも無料で検索することができ、100万人以上の利用者を誇るサイトである。
苗字に合うものだけでなく、好きな漢字やイメージなど7つの機能を活用して検索できる点が大きな特徴である。

結論

今回は、子どもの名付けについて解説したがいかがだっただろうか。
名前は子どもにとって両親からの初めての贈り物であり、一生かけて使う大切なものである。
そのため、悩むときにはこちらでご紹介した内容を参考に両親の思いのこもった素敵な名前を選んでいただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >