このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子ども乗せ電動自転車の失敗しがちな選び方とは。対策を徹底解説!

子ども乗せ電動自転車の失敗しがちな選び方とは。対策を徹底解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 8日

子どもの成長とともに、子どもを乗せられる電動自転車の購入を考える方もいるだろう。しかし、実際にいろいろな自転車の情報収集をしてみると「何をどう選べばよい?」「失敗しないためのポイントは?」などと疑問をもつ場合もあるはずだ。今回は子ども乗せ電動自転車の失敗しがちなポイントと、失敗しないための対策を詳しく解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タイヤの大きさの選びの失敗

子ども乗せ電動自転車のタイヤの大きさは、製造会社ごとによって異なるが、主にタイヤの大きさが小さい順に20インチ、22インチ、24インチ、26インチの4種類が販売されている。
一般的に大人が使用する自転車では26インチが主流であるため、電動自転車のタイヤの大きさは一般的な1人乗りの自転車よりも重心が低くなるよう、小さ目のタイヤも採用されていることがわかる。
しかし「1人でもお洒落に使用できるように」とデザイン性などの理由から、26インチのタイヤのサイズを購入し、失敗てしまう方も多いため注意していただきたい。

失敗する理由

26インチのタイヤを選んで失敗してしまう理由としては、サドルの高さが体格に適した大きさではないことがあげられる。
具体的には、自転車を停止した際に使用者の両足を地面に着けることができないため、子どもを乗せて重量が増した自転車を安定させることができず、転倒しまう場合やその危険性が高まるという失敗である。
また、タイヤが大きいということは子どもが乗車する位置も高くなる。
そのため、使用者の身長が低い場合では、子どもを自転車に乗り降りさせることが難しくなり、使い勝手が悪くなるという失敗もある。
更に子どもの身体を自転車やシートにぶつけてしまい、けがをさせてしまったり、電動自転車を転倒させてしまう危険性も高くなるのだ。

対策

こちらでは、子ども乗せ電動自転車のタイヤサイズの選び方を失敗しないための対策を、いくつかご紹介しよう。

試乗する

子ども乗せ電動自転車を使用する人が、実際に購入予定のモデルを試乗して、体格に適したタイヤの大きさであるか確認しよう。
具体的には、子ども乗せ電動自転車を停止した状態で両足を地面に着けることができ、自転車を安定させることができるかどうかを確認してほしい。

サドルの調整幅を確認する

子ども乗せ電動自転車を共用する場合には、体格に応じたサイズ選びに失敗しないためにも、サドルの高さはどの程度調整可能であるかを確認する。
子ども乗せ電動自転車を身長差のある家族で共有する場合には、サドルの高さを使用者ごとの体格に応じて変更可能か確認しておくとよいだろう。

2. 運転が難しい

子ども乗せ電動自転車は、子どもを乗せる位置が異なったり、シートが備え付けられたものであるのか、後付けでできるものであるなどさまざまなモデルがある。
これらを選ぶときに失敗しがちなのが、操作状況の確認不足で自転車の運転が難しくなることがあげられる。

失敗する理由

前述の通り、子ども乗せ電動自転車にはさまざまなモデルがある。
デザイン性に優れたものもたくさんあるが、実際に運転してみると使用者の身体と子どもを乗せるシートが近すぎるため、膝がシートに当たってしまうという失敗事例もある。
このような状況では、ペダルもこぎにくくなり安全に運転することが難しくなってしまうのだ。
また、子どもを前方に乗せるシートを後付けする場合では、重心がハンドルの前方になるため、運転をすることが非常に難しくなってしまうという失敗もある。

対策

こちらでは、運転が難しくなる失敗をしないための対策をいくつかご紹介しよう。

試乗する

子ども乗せ電動自転車は前乗せ、後ろ乗せなど様々なモデルがあるため、希望するモデルを試乗し、使用者の身体の動きが制限されないか確認することが大切だ。

計画性をもって選ぶ

将来的に何人の子どもを電動自転車に乗せる予定であるのかを想定し、適したモデルを選ぶことをおすすめしたい。
シートを後付するタイプでは、重心が一部に偏ってしまう可能性もあるため、できる限り子どもを乗せるシートが備えつけられたタイプや、シートを後付しても子ども分の重心を考慮して設計されたものを選ぶとよいだろう。

3. 乗り降りしずらい

子ども乗せ電動自転車で意外に失敗が多いのが、使用者が「乗り降りしずらい」「使い勝手が悪い」という失敗である。

対策

こちらでは、使用者が子ども乗せ電動自転車を乗り降りしずらいという失敗をしないための対策をいくつかご紹介しよう。

低床設計のフレームを選ぶ

使用者の体格に応じたタイヤ選びとともに「低床設計のフレームを選ぶ」ことで失敗を防ぐことができる。

試乗する

使用者の体格はそれぞれ異なるため、実際に試乗することでフレームをまたぐときのスムーズさや、ひっかかりの有無について確認することができる。

結論

今回は、子ども乗せ電動自転車の失敗しない選び方を詳しく解説したが、いかがだっただろうか。
実際に、子ども乗せ電動自転車は高価であるがゆえ、選び方に失敗してもすぐに再度購入することは難しい場合も多いはずだ。
そのため、こちらでご紹介した内容を参考に、快適に使用できる子ども乗せ電動自転車を選んでいただきたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ